ビール1杯飲むだけでも創造性が上がるらしい(研究結果)

アーネスト・ヘミングウェイ、F・スコット・フィッツジェラルド、さらには太宰治。彼らの共通点は、アルコール依存症だったとされている点。創造性のある小説家に、切っても切り離せないお酒。なぜ、クリエイティブな偉人たちに、アルコールが付いて回っていたのでしょう?

オーストリア・グラーツ大学の心理学の研究チームが、学術誌『Conciousness and Cognition』に発表した研究結果から、アルコールとクリエイティビティの関係性をご紹介。

最終結論、
お酒は創造力にいい悪い?

「アルコールは創造性を促進させるのか?」という問いの元、研究のため集められたのは70人の成人男女の被験者。2つのグループに別れ、1チームには約5%アルコールのビールを、そしてもう1つにはノンアルコールビールを飲んでもらいました。

アルコールを飲んでもらう量は、血中アルコール濃度が約0.03%ほどの状態。小さなワイングラス一杯程度、または男性の場合はビールをパイント(約500ml)より少なめの量、女性はパイントの半分程度を飲むとその状態になります。

そしてRAT(Remote Associates Test)というクリエイティビティ診断テストを行ったところ、適量のアルコール摂取したグループの方がRATの結果、創造的認知が上がったことが判明。ただし、ビールでアルコールの過剰摂取をした時には、テストの結果が落ち込むという逆転現象も。

この研究、70人という分母では一概には言えないのですが、アルコール摂取がネガティブに捉えられてたのが、今回の研究ではポジティブな結果となりました。

お酒とのほどよい向き合い方

お酒を飲んで成功した話より、なぜか多い失敗談。この研究結果が、失敗を減らす一助になるかもしれませんが、ハイになって飲み過ぎてしまう境界線さえ、もうちょっと詳しく解明できれば、あらゆる場面に応用が効きそうですけどね。

考えてみれば、多くのアーティストや小説家など、クリエイティブな人たちがアルコールを手放さない理由も、何となく理解できるんじゃないでしょうか。小説家のみならず、ミュージシャンやアーティストにもアルコール依存症の人がいます。より良いアイディアを生み出すため、オリジナリティを高めるためにもアルコールに頼る、というのはある種必然なのかも。

飲む加減をコントロールできなかったりで、残念な結果になったりしますが、中には立ち直った人もいます。結局のところ、アルコールとの付き合い方が問われるのでしょう。

新しい作品のインスピレーションが欲しいのなら、ビール一杯引っ掛けるのもいかがか?でもほどほどに。

関連する記事

世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...