いい仕事をするために、今すぐ「暇」をつくりましょう。

職場ではいかにこの仕事を早く終わらせるかを考え、文書やデータを分析することに集中する。ちょっとした休憩時間にはスマホを開き、家に帰るとテレビを見て気づいたら寝落ちしている。

こんな生活に心当たりはありませんか?

こんなルーティーンじゃ、
脳が全く休まらない!

787b291c7320893e7c3fdcb8742a0ed939112f5b

クリエイティブを生業としている人たちにとって、それは「危険な習慣」だと警鐘を鳴らしたのは、スタンフォード大学のEmma Seppala氏。健康と幸福感を科学的に分析し、それに関連する書籍を出版するなどして活躍している心理学者です。

氏の論文によると、このような毎日を送ることで、脳は常に何かしらの情報に接触し続けてしまう。休む時間がなくなってしまうのです。その結果なにが起こるかというと、「クリエイティビティの消滅」。

たしかに、これは最も避けたい状態。アイディアが出なくなってしまった時の苦悩たるや……。

クリエイティブには、
「ぼんやり」が命。

E39fe95b7704693b9067fc826c9214fe1592ef60

最も創造力が高まる瞬間、それは「なにも考えずに、心に空白があるとき」だと彼女は言います。完全にリラックスしていて、特別何かを考えるでもない。

とにかく、電子機器からも離れて“ぼんやり”することが重要。これがいちばん難しいかもしれないですね。

例えば、夕日が沈んでいくのを眺めているとき。アリが、一生懸命エサを巣に運び入れる姿を見つめるのでもいい。そんな時にふと、アイディアが降ってくることが多いというのは、研究によっても明らかになっています。

一般的には、液晶画面を50分眺めたら、10分の休憩が必要だと言われているそうです。長い時間コンピュータやOA機器に触れすぎると、「テクノストレス」に陥ってしまう危険性も。自分が思っている以上に、パソコンや携帯との付き合い方は気をつけなければいけないのです。

今日から試してみてほしい
“8分間”のティータイム

69843f68d4662ab5e8f5cb6511219cf0a8d4b07a

とはいえ日本は、世界屈指の“忙しい国”。すぐに電子機器との時間を減らすのも難しいでしょう。可能であれば、毎日散歩をするのがオススメ。散歩の習慣がある人とない人では、創造力に大きく差が出ると言われています

散歩が難しければ、『ART OF TEA』の創業者、スティーブ・シュワルツ氏が勧める<8分間のティータイム>を実践してみるのはどうでしょう?

電子機器を完全に断ち切り、お湯が沸く音に耳をすませ、茶葉を選んで、香りを楽しむ。できるだけ五感を使って、ゆっくり一杯に向き合うのです。この数分だけでもデジタルデトックスするだけで、脳も心も、休まる時間になるでしょう。

オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
ストレスを軽減するための6つの方法を紹介。どれも、科学的に証明されているものばかりなので、実践する価値アリです。ガムを噛む、眉と眉の間をマッサージするなど...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
今までの読解力と文章力の研究では、初等教育に身につけることの重要性が多かったが、成人になっても日々読んでいるコンテンツによって、文章力の差が出るということ...
焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。あれ、自宅でも再現可能です。
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...
体調が悪い…と自分で感じたとき、あなたは真っ先に何を考えますか?「無理せず会社を休んじゃおう」でしょうか。それとも「体にムチ打ってでも出社しなければ」かも...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
仕事なんてもうできない…と嫌になってはかわいいネコちゃんの動画をクリックして時間を忘れているそこのあなた。なにも同僚や上司に隠れて閲覧する必要なんてないの...
デコルテが見えるワンピースを着て撮った証明写真を履歴書に添付すると、面接へ進む確率が高くなる、という驚きの研究結果がフランス・ソルボンヌ大学の心理学者、S...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
毎日いかなければいけない職場。職場環境が悪くて、転職という二文字が頭のなかをよぎっても、簡単に仕事を変える決断はできないものです。 『Inc.』のMarc...
「Elite Daily」でライターのPaul Hudson氏が、このサインがでたら、今すぐ仕事を辞めるべきといった記事を書いています。ここで紹介するのは...
一般論で「人生の働き盛り」とは、仕事もできて体力もある30代。では、ビジネスにおいてこの“盛り”を過ぎると……あとは坂を転がるようにポテンシャルが低下して...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...