今すぐ「幸福度」を上げる方法(研究結果)

緊急事態宣言が解除されたものの、世間のムードはまだまだ重たい。

そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。

「研究」とまではいえない調査結果、気分が落ち込んだときの対処法もあわせて掲載するので、ぜひ試してみて!

お金より「エクササイズ」のほうが人を幸せにする

©iStock.com/jacoblund

生活習慣病の予防に効果的なのが「運動」。体を動かすことが健康的な体形の維持に必要不可欠であることはいうまでもない。

では、「運動」が身体面ではなく「精神面」に及ぼす影響はどうなんだろう?「心と身体の健康はリンクしている」とはよく言われるが……。

それを確かめるべく、米国のイェール大学とオックスフォード大学は合同研究を開始。120万人の成人の精神状態と身体的な行動に関するデータを分析した結果、「エクササイズを定期的におこなっている人のメンタルヘルスは、おこなっていない人よりも好調」ということが裏付けられた。

さらに、その研究で明らかになった事実がもうひとつ……。

「家庭菜園」によって幸福感は高まる

©iStock.com/RyanJLane

プリンストン大学の研究者たちが、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく“感情の幸福度”の向上に影響するという研究結果を発表した。

ミネソタ州東部ミネアポリスに住む370人を対象とした調査では、15種類の日常活動のいずれかをおこなっている間に、「Daynamica」という携帯アプリを使用して感情的な幸福度を計測。

その結果、家庭菜園は女性と低所得の参加者が、男性と中高所得の参加者よりも感情的幸福度が高まった唯一の活動であることが判明した。

「水をたくさん飲む人」は幸福度が高い

©iStock.com/solar22, iStock.com/rootstocks

イスラエルの飲料ベンチャー「O.Vine」が、調査企業「OnePoll」と共同でおこなった調査の結果に注目が集まっている。

調査ではアメリカ人2000人を対象に「あなたは1日にどれだけの水を消費するか?」「あなたはどれくらい幸せか?」といったアンケートを実施。その結果、水の消費量が多い人は幸福度も高いという驚きの相関性が判明したという。

水をたくさん飲む人の67%が「非常に幸せ」と回答したのに対し、十分な量の水を飲んでない人のなかで、そう回答したのはわずか21%だったそう。

それだけでなく、1日にグラス10杯分の水を飲む人は、82%が自分を「非常に精力的」であると評価し、67%は「非常に成功している」と感じているという。

ハーバード大学の研究者による
「気分が落ち込んだとき」の対処法

©iStock.com/bunditinay

とくに思い当たる原因はないのに、なぜか気分が重い。何をするにもモチベーションが上がらず、暗い気持ちのまま時間を無駄にしがち……。

そんな気分を断ち切るための「3つのM」を「ハーバード大学」で心理学を研究し、多くの著書をもつショーン・アコール氏が提唱している。

ネガティブなマインドに囚われず、笑顔で過ごすために知っておきたい「3つのM」とは?

人肌恋しい……そんなときは
「木とハグ」をするといいらしい

©Happy Max/Shutterstock.com

一人暮らしで、毎日家でリモートワーク。友だちとZoom飲みは試すけど、やっぱり人肌が恋しい……。

そんな人に向けて、アイスランド森林管理局が推奨しているユニークな取り組みを紹介。その取り組みとは“木とハグすること”だ。

発案者である同局職員のBjarki Sigurðssonのコメントによると、木をハグすることによってリラックス効果を得られ、日常や新しい挑戦への活力が湧いてくるのだとか。木のサイズはどんなものでもOKで、1日5分間ハグするだけでも十分リラックス効果が得られるという。

Top image: © iStock.com/AleksandarNakic

関連する記事

今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
ライフスタイルマガジン「Hanako」が、バナナ「こだわリッチ」とコラボ。パッケージにてバナナに込められた生産者の想いを可視化するほか、シールをめくってQ...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
イスラエルを拠点にする飲料ベンチャー「O.Vine」が調査企業「OnePoll」と共同でおこなったという調査結果を発表。調査では、アメリカ人2000人に水...
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
住んでいる場所とIQの関係についての研究によると、緑が少ないところで育つと平均で約4%もIQが低いことがわかった。
昨今、牛や鶏などの動物性プロテインに代わる、より地球に優しいプロテインとして注目を浴びている、植物性プロテイン。豆腐などに含まれるそれは、じつは数々の研究...
米「バーモント大学」の「ツイートが示す気持ちについての調査」によると、公園にまつわるツイートはクリスマス並みの幸福度の高さがあることが明らかに。
「ハーバード大学」のダニエル・ギルバートによると、人は同じ人物でいることはなく、関心、目標、価値観は変わるという。にもかかわらず、ほとんどの人が少ししか変...
米国の研究によると、人工甘味料を使った食品でも太ることが判明したとのこと。「カロリーゼロ」はただの幻想だった!?
重さのある布団をかぶって寝ることで、不眠症やうつ病をはじめとする精神疾患の症状を改善するとの研究結果が報告された。
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
人は総じてより楽しい感情を持ちたいと考えているけれど、実際の感情が「希望していた感情」であるほど、人生の満足度が高い。それが怒りであるか、喜びであるかは関...
「東京大学大学院総合文化研究科」と「日本能率協会マネジメントセンター」、「NTTデータ経営研究所」による共同研究によって明かされたのは、書き留める"メディ...
アメリカの新しい研究で、「自分より容姿が悪い」と思っている夫を持つ妻のほうが、自分より外見的魅力の高い夫を持つ妻より、幸福度が高いことが分かりました。イケ...
米国「アーカンソー大学」の研究者は、カフェインが問題解決とブレインストーミングの2つの実行能力にどう影響するのかの研究結果を発表。その結果はカフェインは問...
正月太りを解消してくれそうなヒントが、カナダの複数の大学研究員による共同研究に隠されていた。
「資生堂」によると、男性は女性よりも肌のストレス耐性が低いことが研究によって明らかになった。
イェール大学とオックスフォード大学の研究結果によれば「運動はメンタルヘルスに効果的」だと判明。また「運動はお金よりも人を幸せにする効果がある」との事実も。
12月9日、学術誌『ネイチャー』に、地球上の人工物の総重量が生物の総重量を上回ったかもしれないという論文が掲載された。
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...