【研究結果】ペンギンの「生まれ故郷」が判明

現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──?

これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。

「カリフォルニア大学バークレー校」の科学者らによる新しい研究によると、これまで定説とされてきた南極大陸で生まれたのではなく、約2200万年前の中新世(地質時代)にオーストラリアニュージーランドで最初に進化をし、その後に南極海を渡ったという。

研究は世界中の大学機関や博物館に協力を得て、18種類のペンギンの血液と組織サンプルを分析。ゲノム情報から数千年に及ぶペンギンの進化の歴史を追跡した。

なるほど。南極にいるペンギンが北極にはいない理由も、たしかに辻褄が合う。

では、南極へと渡ったペンギンの祖先は、どのようにしてアフリカ南部南アメリカまで生息地を広げていったのか? 

じつは、ここに温暖化と酷似する気候変化が起因していた。

研究者らの見解では、1200万年前、南極と南ア大陸の間のドレーク海峡を塞いでいた氷が融解。そこからペンギンたちが開放され、温暖な沿岸地域へと移動していったんだそう。

極寒の海から温暖な海まで、今日広くペンギンが分布する背景には、彼らの環境への秀でた遺伝子適応性がある。それでも、歯止めの効かない今日の海水温の上昇には、さしものペンギンたちの高い適応力をもってしても、順応するまでの時間が足りなすぎるという見方が大半のようだ。

Top image: © iStock.com/vladsilver
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
先日、ニューヨーク市マンハッタンにある「グランド・セントラル駅」に“世界でもっとも高価なインスタレーション”が設置。一見、ただの紙切れが渦巻いているように...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
昨今、牛や鶏などの動物性プロテインに代わる、より地球に優しいプロテインとして注目を浴びている、植物性プロテイン。豆腐などに含まれるそれは、じつは数々の研究...
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
ニュージーランド南東のオアマルの港では世界一小さなペンギン、ブルーペンギンたちのコロニーが観光の呼び物となっています。しかし、年々ブルーペンギンの数は減少...
米「CIA」がUFOに関する機密情報を公開した。このたび公開された700を超える文書は、機密ファイルがまとめられているサイト「The Black Vaul...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
気温が高い地域ってわりとノンビリとしたイメージがあるので、これは意外です。
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
12月9日、学術誌『ネイチャー』に、地球上の人工物の総重量が生物の総重量を上回ったかもしれないという論文が掲載された。
「YSL Beauty(イヴ・サンローラン・ボーテ)」が今月発表したのは、1本でどんな色の口紅でも作り出すことのできるスマートデバイス「Rouge Sur...
イスラエル発、元軍人が開発したソロテント「RhinoWolf2.0」。
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
イェール大学とオックスフォード大学の研究結果によれば「運動はメンタルヘルスに効果的」だと判明。また「運動はお金よりも人を幸せにする効果がある」との事実も。
「ハーバード大学」のダニエル・ギルバートによると、人は同じ人物でいることはなく、関心、目標、価値観は変わるという。にもかかわらず、ほとんどの人が少ししか変...
「ペンギン系女子」という言葉を聞いたことはありますか?簡単に言えば、空を飛べない自分を素直に受け入れ、その短所を補うための努力する。言い換えれば、自然体で...
「すみだ水族館」は、夏のショープログラム「ペンギン花火」を8月30日までの土日祝日に実施。日本最大級の屋内開放型ペンギンプールの底面全体に、花火をイメージ...