カップルが付き合い続ける/別れる理由トップ10【研究結果】

人と人は、なぜ好意を抱いて付き合い、そして、なぜ別れるのか?

日頃、当たり前のように目にするこの現象を、科学的に調査した論文が発表された。

研究目標は、“恋愛関係を終わらせるかどうか”を決める際の、主観的な経験を明らかにすることだ。

調査参加者400人に対して、別れる(または交際を続ける)理由を自由形式に提示したところ、50項目の共通点がみられた。

その内訳は、恋愛関係を維持したい理由として27個別れたい理由として23個。それぞれのトップ10はこちら。

『関係を維持する理由トップ10』

『関係を終わらせる理由トップ10』

1. 感情的な親密さ

2. 感情移入

3. 家族としての義務感

4. パートナーの性格

5. 楽しさ

6. 情緒的安定

7. 物理的な親密さ(身体的)

8. 経済的利益

9. 相性

10. パートナーに対する心配

1. パートナーの性格

2. 信頼を裏切る行為

3. パートナーの家出

4. 外的要因

5. 物理的距離

6. 衝突(対立)

7. 性格の不一致

8. 感情的距離

9. 感情の汲み取り不足

10. 経済的利益の不足

 

さらに、一方では関係を維持する決め手が、他方では別れたくなる理由になるように、白黒つけられない両義的な感情は、カップルの間で一般的であることがわかった。

そんななかで、進退をハッキリと分けられる2つの指標があることも発覚した。

1つ目の指標は、カップルが別れるかどうかの確実な指標(deal-breaker/関係終わらせ屋)が「浮気」であるということ。

2つ目の指標は、ポジティブな感情を育むカップルの間では「情報共有」が頻繁にされていたということだ。

たとえば、いいニュースを共有したり、パートナーにもっと理解してもらううえで役立つ話をするなど、ポジティブな情報開示が効果的とのこと。

好きな気持ちも、改善してほしいことも、口にしなければ伝わらない……。ホワイトデーのプレゼントに、普段は照れくさいメッセージを、ひとこと添えてみるのはいかが?

Top image: © iStock.com/teksomolika
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事