お酒を一緒に楽しむカップルは長続きする(研究結果)

愛想づかしも金からおきる──、なんてことわざもあるように人の縁に金銭問題が少なからず影響を及ぼすことは言うに及ばず。では、「お酒」はどうでしょう?こと恋愛関係においては?

結論から言えば、心理学的にはYES。恋人(もしくは夫婦)との関係を深めていくには、お酒の力が有効。という答えが出たようです。

理解、我慢、気づかいよりも
一緒にグラスを傾けること?

2e1991e06ee38b3c92bdfc6e96cb81e0c8dd15c6

これは、ミシガン大学の心理学者Kira S. Birditt教授らが『The Journals of Gerontology SeriesB: Psychological Series(老年学に関する雑誌シリーズB:心理学シリーズ)』に発表した調査研究の示すところ。

この研究は、既婚者カップル2,767組(うち2/3が1度目の結婚)に実施したアンケート調査をベースにしたもの。結婚年数が平均33年以上のいわゆる熟年カップルです。アンケートでは、一週間に何回お酒を飲む機会があるか、また飲むときの分量を調査し、そこから飲酒の際に相手が「しゃくに障る」、「批判的になる」、「注文が多い」などと感じるかどうかをヒアリングしていきました。

その答えがこちら。

「2人で一緒にお酒をたしなむカップルは、恋人との関係を長期的に見た場合、相手に対してマイナスな印象を挙げないことの方が多い。とくに女性側(妻)の思考に違いが見られた」ということでした。

50歳以上のカップルでは、2人がお酒を飲むまたは2人とも飲まない場合、より良い結婚生活が送れていることが心理学から分析できたといいます。ところが、どちらか一方が飲み、片方は全く飲まないカップルは、結構生活に不満を抱いているケースが多いことが明らかに。

お酒の量は関係なし
共有する時間の質が大事

この結果を受けて、男性向け情報メディア「AskMen」は、彼女が飲む日は付き合い、飲まない日は自分も控えることを提案。一方「Mashable」は、Birditt教授のコメントを元に一緒に過ごす時間の方に目を向けた見解を示しています。その教授の言葉がこちら。

「この研究で分かったことは飲むお酒の量ではなく、お酒を飲むか飲まないかという点が大切だということ。自由な時間を共に過ごすカップルは、結婚生活の質も同時に高くなるということに由来しているのでしょう」

つまりは、お酒は夫婦(もしくはカップル)の間で潤滑油的な役割を果たす、コミュニケーションツールとして有効。けれど、2人が共に飲まなければ、逆に関係はギクシャクしたものになってしまう。背反する2つの側面、やっぱり、お酒も恋愛も付き合い方が重要なのかも。

大酒飲みカップルは
離婚率も低い!?

C7a0259b631dde6700cb7da935640f34bbffd354

さて、お酒と夫婦仲の因果関係について、こんな調査結果もあります。アルコール依存症に関する研究を行うNY大学バッファロー校で2015年に実施された、634組のカップルを9年間にわたって追跡調査した結果。

それによると、夫婦どちら一方のみが大酒飲みの場合、約50%近い離婚率があったのに対し、夫婦ともに一度の飲酒でグラス6杯以上(泥酔近くまで)飲むカップルの離婚率はおよそ30%。これは夫婦ともにあまり飲まない、ないしまったく飲まないカップルと比較しても同じくらい離婚率が低いことが判明しました。

大酒飲みカップルほど互いへの不満が少ない、というのが研究を指揮したKenneth Leonard教授の見解。「けれどお酒で体を壊しては本末転倒」、とあくまで結果から導き出された数値であることを付け加えていました。

ニューヨーク州立大学バッファロー校で行われた研究で、酒やタバコなどの嗜好が似ているカップルほど、お互いに満足し、長続きする、という結果が発表された。研究を...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
男と女という生き物には、根本的に「違い」があります。きっとお互いにわかり合えないことも多く、心が離れてしまうこともあるでしょう。どうしたら良好な関係を築き...
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのウェブサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
アメリカの新しい研究で、「自分より容姿が悪い」と思っている夫を持つ妻のほうが、自分より外見的魅力の高い夫を持つ妻より、幸福度が高いことが分かりました。イケ...
ワシントン大学の心理学名誉教授ジョン・ゴットマンは、夫婦が離婚するかどうかを8割以上の高い確率で予測できると主張している人物。彼が紹介した「悪い夫婦喧嘩の...
今から20年以上前に、特別な愛情関係における男女2人は、どのカップル(夫婦)も同様に、3つのステージを辿っている。ということを見つけ出したのが、専門家であ...
米・パデュー大学が発表している2つの研究を「I Heart Intelligence」が紹介しています。カップルの関係がうまくいかない理由ってなんだろう?...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
お酒はときに人生の歯車をおかしくさせますが、楽しむ程度であれば、大好きな恋人ともっと仲良くなれる最高のスパイスになります。「Elite Daily」の女性...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
大好きな恋人と良好な関係を維持する秘訣とは?この問いを20年にわたって研究しているJohn Gottman氏の主張によると、派手な愛情表現は必要ありません...
あんまり考えすぎても婚期を逃すし、かと言って焦って失敗したくない。さて、いつまでに結婚しようかーー。ユタ大学の社会学者Nick Wolfingersが20...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
なかなか恋愛がうまくいかないなぁ……と悩んでいる男性に向けて「ちょっとした心理学をつかえば、それはすぐに解決する!」と豪語するビジネス心理研究家、神岡真司...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
多くの人にとって、「恋愛」は生活の中で重要な位置づけにあるはず。上手くいけば、人生は輝きに満ち溢れますが、そうでない場合は、何も手につかなくなってしまうこ...
結婚する前から「もし離婚したらどうしようか?」なんて話をするのは、とても不吉。そんなことを口にしようものなら「なんでそんなこと言うの!?」と怒られてしまい...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
ライターのリンダ・バルス氏が、眠り方でカップルの仲が分かってしまう!と、「 WorldLifestyle」で紹介しています。幸せなカップルの寝相をマネする...
普段はこんなじゃないのに、お酒が入った瞬間に人格が一変。よく笑い、よく泣き、怒りっぽくなったり、悪口を言いだしたり…。なかには「お酒を飲むと性格変わるんだ...
人となりやキャリア、ステータス。恋とはそのような特徴に左右されるものだと思っていたのなら、「I Heart Intelligence」でMilen Ray...