手を繋ぐ。それだけで、生理痛は軽減されるらしい。(研究結果)

わたし、生理痛がすごく重いほうで、薬が切れてしまうともうロクに生活できないほどの腹痛に襲われてしまうのです。

過去に付き合っていた彼が、毎月すごく心配してくれて「痛みをとってあげることはできないんだけど……」って言いながらも、腰をさすってくれたり、ご飯を作ったりしてくれていました。

確かにお医者さんでもないし、薬を飲んで安静にしている以外に、腰とお腹の鈍痛を救えることってないけれど。好きな人がそばにいてくれて、心配してくれるだけで安心したし、心なしか体も元気になっているように思えたんです。

 

手をにぎる
それだけで、痛みは緩和されていた?

4904550326599680

嘘みたいな本当のハナシ。
“恋人”って、すごい存在だなぁと思ってしまいました。

今月もお腹が痛くて寝込んでいたとき、どうにか薬以外に、この痛みを軽減させる方法はないの?と調べてみたんです。

そして見つけたのが、2月に『PNAS』で公開されたこの研究結果

23〜32歳のカップルを対象に、女性が痛みを感じるとき、男性に手を繋ぐよう指示し、脳の動き方や神経に、どんな影響をもたらしているのかを調査したそうです。

その結果、恋人である男性は、女性の手を握るだけで「自律神経系に、鎮痛効果にもたらす可能性がある」と、認められました。

恋人が手を繋いでくれるだけで、本当に感じる痛みは軽減されていた…!?

たしかに思いかえせば、お産の痛みに耐える奥さんの手を、旦那さんがギュッと握っているシーンをよく見ますよね。痛みを少しでも軽減させてあげたいって思いは、本当にそれを可能にさせていたのかもしれません。

 

冷や汗をかきながら寝込む私の手を、「大丈夫?」って言いながら握ってくれた元彼の残像が見えました。

残念ながら現在、私の両手はいつでもあいたままなので、毛布をかぶって目をつむるのみですが。
男性の皆さん、ぜひ彼女が痛みに耐えているときは、手を握ってあげてくださいね。

Reference: PNAS
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...
「小林製薬」の調査によると、女性の約65%が生理痛・下腹部痛に悩んでいるのだとか。イライラや眠気などが一緒に起きる人もいて、生理中は気分が暗くなる女性も多...
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...
前回に引き続き、生理に関する記事を紹介。生理周期に影響する8つのことが書かれている。8つの中には、かなり意外に思うものもある。研究結果などを引用しながらわ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ああ…今月もアイツが来た。ほんとうに嫌いだ、特に冬のアイツは。寒くてただでさえお腹が痛くなりやすいし、今の時期インフルエンザだって流行している。風邪もひき...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
Bodyform社は、一般的な生理用品のCMで使われる青い液体の代わりに、よりリアルな赤い液体を使用した。これは彼らのキャンペーン「#BLOODNORMA...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家 「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...
女性の「満腹感と性的興奮」の因果関係が、最新の研究結果から明らかになってきました。ライターChristine Schoenwald氏は、「YourTang...
女性が人生のなかで「生理期間」として過ごす平均的な日数。2,400日は、実に6年半もの時間に相当する。そんなに長いのならば、この期間をもっと大切にするべき...
アメリカの新しい研究で、「自分より容姿が悪い」と思っている夫を持つ妻のほうが、自分より外見的魅力の高い夫を持つ妻より、幸福度が高いことが分かりました。イケ...
体は男性、心は女性であるClemmerさんは、世間の「生理は女性のものだ」という考えによって、辛い思いを味わってきました。身近なところから少しずつ変えてい...
思春期の頃に狭く深い友だち付き合いをしていた人は、大人になってから、自尊心が高く、鬱のレベルが低かったそう。この結果には「社交スキル」が影響しているようです。