まさか、これひとつで「生理痛」にオサラバできるなんて!?

女性であれば、月に一度必ずくる生理。

時々、頭がボーっとしてしまったり、オフィスにベッドがあったら横になりたいと思うほどの痛みに襲われることもある。

そんな時は、すぐに痛み止めでも飲んで楽になりたいのだけれど、切らしていたり家に置いてきてしまっていたりすると、とってもテンションがさがるのだ…。

今日は、朝から久しぶりに重い生理痛に苦しみ、なかばカラダを引きづりながら出社した。ちょっとオフィスを抜けて、薬局に行ける元気もなかったので、とりあえず深呼吸をしたくてトイレへ行くことに。

誰もいない洗面台のまえで、ひとり鏡のなかの自分に目を向ける。なんだかあまり血の気がない顔を見ながら、思わずため息をついた。

(もう、帰りたいな)

腕時計を見ると、時間はまだ10:00。仕事はまだまだこれからだ…。

そんな時、違う部署で仲がいいマリコがトイレに入ってきた。

「あれ?なんか元気ないね。どうかした?」

普段から、すれ違うたびに声をかけてくれるマリコは「大丈夫?」と顔をのぞいてきた。いつもなら、「お疲れさま〜」と言って彼女に笑顔を向けられるのだけれど、今日はジンジン痛むお腹をおさえながら、頑張って口角をあげて「大丈夫」とだけ返した。

「もしかして生理?」

痛すぎて、片手でお腹をさすっていた私の手元を見て、マリコは聞いてきた。

「うん」

「そっか。痛み止めもってる?」

「いや、今日は忘れてきちゃって…」

私が首を横にふると、「ちょっとまってて」と言ってマリコはトイレを出ていった。

数分後、ポーチをもって戻ってきた。

「はい」と言って手渡してくれたのは、痛み止めだ。

「ありがとう」

さっきまで、もう帰りたいと嘆いていた心が一転、マリコの優しさに安心して胸をなでおろした。

同期のマリコは、入社時から私のことをよく知っている。生理になると、時々ヒドイ腹痛に悩まされる、なんてことも。思えば、社員研修の時も私はマリコに痛み止めをもらったことがある。

「生理痛っていえば、ネットで見つけて気になってるのがあるんだけど」

私がうかない顔をしていると、マリコはスマホで「Livia」という名のアイテムを見せてくれた。

Photo by Livia

「これ、なに?」

「えっと、これに接続できるステッカーをお腹に張って本体のボタンを押すと、振動して生理痛がラクになるみたい」

「それだけ?」

「うん、詳しくはこの動画にまとめられてるっぽいね。ちょうど1分30秒あたりがわかりやすいかも」

WEBサイトによると、薬品を一切使ってないから副作用もないし、振動だけで痛みを軽減もしくは失くすことができるみたい」

「え〜ホント!?振動だけで?」

「うん。ゲートコントロール理論っていうのを取り入れてるって書いてある。あと、『医師の説明』としてこんな言葉もあるね」

Liviaは神経を刺激し、痛みの伝達を困難にします。この方法は、複数の臨床試験で有効だと証明されています ─ Bari Kaplan氏

「試してみないとわからないけど、こんなのもあるんだね。教えてくれてありがとう。ちょっと気持ちがラクになった」

マリコは、ウンと頷いて、「またね」と言って去っていった。

気を許せる仲間のささいな優しさに救われて、今日も一日なんとか頑張れそう。そんな気がする。

Licensed material used with permission by Livia
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
「小林製薬」の調査によると、女性の約65%が生理痛・下腹部痛に悩んでいるのだとか。イライラや眠気などが一緒に起きる人もいて、生理中は気分が暗くなる女性も多...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
ああ…今月もアイツが来た。ほんとうに嫌いだ、特に冬のアイツは。寒くてただでさえお腹が痛くなりやすいし、今の時期インフルエンザだって流行している。風邪もひき...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
前回に引き続き、生理に関する記事を紹介。生理周期に影響する8つのことが書かれている。8つの中には、かなり意外に思うものもある。研究結果などを引用しながらわ...
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...
嘘みたいな本当のハナシ。“恋人”って、すごい存在だなぁと思ってしまいました。
「生理」を取り巻く価値観をアップデートする——「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。
体は男性、心は女性であるClemmerさんは、世間の「生理は女性のものだ」という考えによって、辛い思いを味わってきました。身近なところから少しずつ変えてい...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家 「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる...
Bodyform社は、一般的な生理用品のCMで使われる青い液体の代わりに、よりリアルな赤い液体を使用した。これは彼らのキャンペーン「#BLOODNORMA...