つらい「生理痛」を和らげてくれる5つのこと

寒い季節になると「生理痛」が重くなってしまうという人も少なくないはず。

そんなときは、どうやら「身体を温めてあげる」ということが肝心なようで、さまざまな温活系アイテムが登場しています。

ほかにも、食事改善や運動、ストレッチをするなど、どの方法が身体に合うかは人によって違うはず。

アイテムだけでなく「生理痛軽減」に関する話をいろいろ集めてみましたので、参考にして自分に合う方法を見つけてみてくださいね。

「脳」に働きかけて痛みを
感じなくさせるアイテム

「脳」に働きかけて痛みを 感じなくさせるアイテム「Livia」
©Livia

生理痛を和らげるために開発されたデバイス「Livia」は、痛みを感じる下腹部にジェルステッカーを貼り、スイッチを入れれば、お腹の痛みにサヨナラできちゃうという画期的なプロダクト。

なんでも、痛みが脳へ伝わるのを抑制し、痛みとして認識させない「ゲートコントロールセオリー」という鎮痛メカニズムをもとに作られているらしく、本体から出る電気信号が神経を忙しくさせ、神経伝達のゲートをクローズさせるんだとか。

その結果、脳が「お腹が痛い」と感じなくなるのだそう。

現在は、コチラから購入できます。

 

詳しく読む>>>

恋人の「手を握る」だけで……

恋人の手を握るだけで、生理痛は緩和される?(研究結果より)

“恋人”って、すごい存在だなぁと思ってしまいました。

2018年2月に『PNAS』で公開されたある研究結果によれば、こうです。

23〜32歳のカップルを対象に、女性が痛みを感じるとき、男性に手をつなぐよう指示し、脳の動き方や神経にどんな影響をもたらしているのかを調査。

その結果、恋人である男性は、女性の手を握るだけで「自律神経系に鎮痛効果にもたらす可能性がある」と認められたんだとか。

 

詳しく読む>>>

生理痛を緩和する
「寝相」って?

生理痛を緩和する「寝相」って?
©LittleThings

以前、アメリカのウェブメディア「LittleThings」でちょっと話題になっていた、ライターPhil Mutz氏の記事なんですが、なんでも腰痛から胃もたれ、鼻炎まで、睡眠時の姿勢ひとつで解決できる!とかで……。

記事内の5番目に紹介されているのが「つらい生理痛」のときにおすすめの寝相です。

効果は実際に試して判断してくださいね。

 

詳しく読む>>>

生理痛を和らげる
「エッセンシャルオイル」

©2019 LOLA

タンポンやナプキンなどの生理用品をはじめ、セックスローションやコンドームなど、女性のためのケア用品を開発、販売する米メーカー「LOLA」が出しているのは、生理痛を和らげてくれる「エッセンシャルオイル」。

残念ながらまだ日本未上陸とのことですが、中には17種類のエッセンシャルオイルが配合されており、カプサイシン(唐辛子エキス)は筋肉の緊張を和らげ、カモミールとゼラニウムは血行を促進、ラベンダーと柑橘類は気分を高める働きをするのだとか。

 

詳しく読む>>>

避妊だけじゃない!医師に聞く
「ピル」の効果とメリット

避妊だけじゃない!医師に聞く 「ピル」の効果とメリット
© iStock.com/anilyanik, iStock.com/Nieves Mares Pagan

ピルを“女性の生活を向上する手段”として活用する人が増えてきています。

「私の病院では、ピルは避妊薬という紹介はしていません。なんならピルは避妊薬ではない。生理を飛ばしたり、PMS(月経前症候群)や生理痛を軽減したり、肌荒れを改善したりと“女性生活向上薬”といっています」

そう話すのは『女性のためのピルの本』の著者であり「西国分寺レディースクリニック」の院長・医学博士の佐藤力氏。

重い生理痛に悩んでいる人は、ピルの新常識とその効果、メリット&デメリットまでピルに関するあらゆる疑問をぶつけたこちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

 

詳しく読む>>>

Top image: © iStock.com/Carlo107

関連する記事

女性のためのケア用品を開発、販売する米メーカー「LOLA」の「エッセンシャルオイルブレンド」は生理痛を和らげる効果が期待できるとか。
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...
生理の夢の意味とは?夢占いの専門家がシチュエーション、人物、場所別に「生理の夢」を解説します。
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
月経カップや生理用ショーツに限らず、もっとユニークなアイテムを見つけました。
経済的に生理用品が買えない「生理の貧困」問題に対する世界各国の取り組みをまとめて紹介。スコットランドでは世界で初めて誰でも無償で生理用品が購入できる法案が...
ああ…今月もアイツが来た。ほんとうに嫌いだ、特に冬のアイツは。寒くてただでさえお腹が痛くなりやすいし、今の時期インフルエンザだって流行している。風邪もひき...
「小林製薬」の調査によると、女性の約65%が生理痛・下腹部痛に悩んでいるのだとか。イライラや眠気などが一緒に起きる人もいて、生理中は気分が暗くなる女性も多...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
嘘みたいな本当のハナシ。“恋人”って、すごい存在だなぁと思ってしまいました。
現場から長時間離れることが職業上できない女性が抱える生理の問題。そんな悩みを解決する生理用品ポケット「Carrie」が素晴らしい。
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
「生理」を取り巻く価値観をアップデートする——「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。
第3の生理用品と注目の「月経カップ(生理カップ)」のメリット・デメリット、正しい使い方、スムーズな入れ方、メンテナンス方法まで気になる疑問を専門家に徹底取材。
生理周期に合わせて使えるフェイシャルマスクが、フェムテック専門オンラインショップ「fermata」にて販売中。LA発のナチュラル生理ケアブランド「Rael...
親子で“はじめての生理”の準備ができる「はじめての生理ボックス」が、ショーツメーカー「チーカス」よりデビュー。4月23日まで、クラウドファンディングサイト...
前回に引き続き、生理に関する記事を紹介。生理周期に影響する8つのことが書かれている。8つの中には、かなり意外に思うものもある。研究結果などを引用しながらわ...
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。

おすすめ記事

浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
普段何気なく着ているつもりのブラも、時代やマインドが反映されていることが分かるおもしろい結果に。
窓ガラスにはシンデレラの物語が美しいステンドグラスで描かれていたり、魔法の鏡からはシンデレラの映画が流れていたり、おとぎの世界に浸ることができる仕掛けがた...
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
童話で読んだお菓子の家のように、すべてがワードローブでできた「洋服の家」がコンセプト。500点以上のファッションアイテムが着替え放題、一部を除いて気に入...