「生理」をテーマに既成概念をアップデートするプロジェクト

「生理」を取り巻く価値観をアップデートする――「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。

プロジェクト名だけをみると誤解されがちですが、「紙袋いりません」というのはあくまで比喩的な表現。つまりは、生理用品についてもっとオープンに語れる社会になるといいよねってこと。

この取り組みでは、ユニ・チャームとプロジェクトメンバーがコラボ。現状のように、紙袋や二重にすることで中身を隠す包装のあり方も認めつつ、一方で、隠さなくてもよいと思えるような新しい考え方を提案。メンバーの一員で、生理用品についての活動を展開する「illuminate」の代表・ハヤカワ五味さんとユニ・チャームが共同でスタートしました。

まずはプロジェクトの一環として、商品パッケージの多様化に挑戦。かわいい、かっこいい、オシャレ……という風に、わざわざ隠す必要のないデザインを開発中。海外では、そのルックスが人気の商品も増加中ということで、どんな新商品が完成するのか楽しみです。

Top image: © ユニ・チャーム
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
来年2月20日〜24日、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに掲げるアート×テクノロジーのイベント「...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
移動式ヴィンテージショップ「Blanche Market」のオーナー・Yuriちゃんとディレクター・Michelちゃん。ファンに愛される日常を知る「13の...
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
生理用品を軽減税率制度の対象にすることを目的とした署名活動が、オンライン署名サイト「Change.org」で実施中。
荒川リンジーがInstagramを使う理由とは?フィルム写真が趣味で、日常を切り取った写真の上にいま感じていることを書いてInstagramに投稿したとこ...
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
前回に引き続き、生理に関する記事を紹介。生理周期に影響する8つのことが書かれている。8つの中には、かなり意外に思うものもある。研究結果などを引用しながらわ...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
キム・カーダシアンの写真からお尻を研究し、3Dデータ化して作り出したアイテムの紹介。
今回は築地にあるパーソナルジム「BESTA」。月額3万円でパーソナルジムに通いながらセルフエステもできるお得なジムをご紹介!表参道にもオープン予定で流行る...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
ああ…今月もアイツが来た。ほんとうに嫌いだ、特に冬のアイツは。寒くてただでさえお腹が痛くなりやすいし、今の時期インフルエンザだって流行している。風邪もひき...
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
パリのデザインスタジオ、「Studio Dessuant Bone」が手がけるこちらの食器、一見「何かの冗談では?」と思ってしまいますよね。