「ほぼ日」から「生理」が憂鬱じゃなくなるランジェリーが登場

はだかでいるよりも気持ちいい──。

身体や気分がすっきりしない生理の日に、身に纏うとうれしくなるようなランジェリーがお目見え。

手掛けたのは「ほぼ日」がこのほどローンチした新ブランド「つきのみせ。」。下着デザイナーの惠谷太香子氏と、カジュアルウェアブランド「STAMP AND DIARY」とのコラボレーションにより誕生したという。

©ほぼ日

たとえば、ノンワイヤーブラジャーは締めつけ感なく胸のカタチがきれいに見えるようなデザイン、サニタリーショーツはナプキンをしっかりホールドしつつ動きやすいデザインに。

それぞれ、ストレスフリーカラダを補正してくれるスグレモノだそう。

©ほぼ日

同ブランドでは生理にまつわるさまざまなアイデアを提案しており、ほかにもリラックスウェアインナーウェアなどがラインナップ。

©ほぼ日
©ほぼ日

詳しくは、こちらのオンラインショップから。

すでに売り切れのアイテムが出てきているので、ぜひ早めにチェックしてみて。

Top image: © ほぼ日
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
生理の夢の意味とは?夢占いの専門家がシチュエーション、人物、場所別に「生理の夢」を解説します。
経済的に生理用品が買えない「生理の貧困」問題に対する世界各国の取り組みをまとめて紹介。スコットランドでは世界で初めて誰でも無償で生理用品が購入できる法案が...
寒い季節は、身体が冷える影響で「生理痛」が重くなってしまう人が増加。そこで「生理痛軽減」に関するアイテムや工夫をいろいろ集めてみました。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
全然そうは見えないけど、これ、サニタリー仕様なんです。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
究極の納豆ごはんを追い求め、全国にあるおいしい納豆の発掘をする納豆ご飯専門店「令和納豆」が、オンラインショップを開設。全国から取り寄せた国産納豆の人気商品...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...