新作下着のファッションショー、会場はロンドンで最も人通りの多い交差点。

ちょっと古い話になりますが、今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街でゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebella」によるもの。プロのモデルを起用したわけではなく、企業トップや会社員、学生やアーティストといった、立場も肌の色も体型も様々な女性たち。

思えば、2017年は改めてジェンダーについて考える機会が多い一年だったのではないでしょうか。

オックスフォード・サーカスを占拠した
ありのままの美しさ

5e363e131cee9e1b9caa47d6e4b52747120d81a6

オックスフォード・サーカスを早朝に占拠したのはランジェリーに身を包んだ女性たち19人。職業も経歴もさまざまな女性たちを起用して、今回のショーでBluebellaが見せたかったのは「ありのままの美」。

それぞれの個性を大切にしたモデルたちがとても美しく、輝いているように、アナタだって美しい。そのメッセージングこそが裏テーマでした。

ショーの様子がInstagramにアップされるや、彼女たちの行動に勇気付けられた女性たちからものすごい反響が。みんなどこかで自分の体に自信が持てなかったり、過去に嫌な思いをしたりして苦しんでいるのかもしれませんね。

18dc56d4f7c1f5838acfe7ec83ab44f35dc461ad8840851c2a98519b6cf600f82a9ef41a519e7740

ところで、なぜ会場にオックスフォード・サーカスが選ばれたのか。理由は、「この交差点がランウェイに見えなくもないから」だとか。ロンドンの中心地であり、もっとも人通りが多い場所で、世界中に向けたメッセージを発信するというのも目的の一つだったのでしょう。

とはいえここは交差点。彼女たちのウォーキングも、青信号になっている26秒間だけ。 

モデルたちの感想

C2223e71486b21320fd9a455af9c0f78abe82382

「ずっと前からBluebellaが大好き。女性にパワーを与えてくれるし、このショーのモデルたちは全員勇ましくて、個性的でした。オーディエンスの反応が素晴らしかった」

── Chilli-Rae McCormackさん(18歳)メイクアップアーティスト

485b1e92c978ae718ca73d38d3d5d45cd04214ab

「私にとってはテストみたいなものでした。ロンドンの中心でランジェリー姿になれる自信があるかどうかっていうね。過去に嫌な思いをしたことがあったから、今回はその経験を乗り越えたっていうことを証明できるいい機会になりました」

── Rachel Atherley-Kingさん(23歳)理学療法の学生

Licensed material used with permission by Bluebella
今年7月、渋谷・100BANCHのオープニングパーティーで出会った「ふんどし部」。迫りくる筋肉隆々のふんどし男に怯えながらも、彼らが何を目指しているのか気...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
エシカルファッションブランドのHARAから女性ならではの悩みを軽減する竹からできたブラジャー。ホック、ワイヤー、厚いパットを省き無駄のないランジェリーに仕...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
ロンドンでは、2月21日から、シャチのフォルムをした乗り物を体験できるアクティビティーが始まるそうです。水上では最大時速100kmで、水中では60km/h...
 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」1枚のサイ...
フォトグラファーIwona Pinkowiczさんのプロジェクト「Chasing Dreams」は、ロンドンの街角で知り合った人々の夢を伝えるもの。そこに...
娼婦ばかりを惨殺し、19世紀の英国を震え上がらせた連続殺人鬼Jack the Ripper。日本では切り裂きジャックと呼ばれ、その名を聞いたことがある人は...
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...
「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
電話ボックス…、ではありません。ここはポップアップのサラダ屋さんなんです。ロンドン中心部にある、大英博物館から約100メートルほどに位置する公園、ブルーム...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...