新作下着のファッションショー、会場はロンドンで最も人通りの多い交差点。

ちょっと古い話になりますが、今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街でゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebella」によるもの。プロのモデルを起用したわけではなく、企業トップや会社員、学生やアーティストといった、立場も肌の色も体型も様々な女性たち。

思えば、2017年は改めてジェンダーについて考える機会が多い一年だったのではないでしょうか。

オックスフォード・サーカスを占拠した
ありのままの美しさ

オックスフォード・サーカスを早朝に占拠したのはランジェリーに身を包んだ女性たち19人。職業も経歴もさまざまな女性たちを起用して、今回のショーでBluebellaが見せたかったのは「ありのままの美」。

それぞれの個性を大切にしたモデルたちがとても美しく、輝いているように、アナタだって美しい。そのメッセージングこそが裏テーマでした。

ショーの様子がInstagramにアップされるや、彼女たちの行動に勇気付けられた女性たちからものすごい反響が。みんなどこかで自分の体に自信が持てなかったり、過去に嫌な思いをしたりして苦しんでいるのかもしれませんね。

ところで、なぜ会場にオックスフォード・サーカスが選ばれたのか。理由は、「この交差点がランウェイに見えなくもないから」だとか。ロンドンの中心地であり、もっとも人通りが多い場所で、世界中に向けたメッセージを発信するというのも目的の一つだったのでしょう。

とはいえここは交差点。彼女たちのウォーキングも、青信号になっている26秒間だけ。 

モデルたちの感想

「ずっと前からBluebellaが大好き。女性にパワーを与えてくれるし、このショーのモデルたちは全員勇ましくて、個性的でした。オーディエンスの反応が素晴らしかった」

── Chilli-Rae McCormackさん(18歳)メイクアップアーティスト

「私にとってはテストみたいなものでした。ロンドンの中心でランジェリー姿になれる自信があるかどうかっていうね。過去に嫌な思いをしたことがあったから、今回はその経験を乗り越えたっていうことを証明できるいい機会になりました」

── Rachel Atherley-Kingさん(23歳)理学療法の学生

Licensed material used with permission by Bluebella
他の記事を見る
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
今年7月、渋谷・100BANCHのオープニングパーティーで出会った「ふんどし部」。迫りくる筋肉隆々のふんどし男に怯えながらも、彼らが何を目指しているのか気...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。