見習い募集!「手作りの地球儀」をつくりませんか?(ロンドン)

地球儀をつくる職人、と聞いてもあまりピンとこないかもしれません。でも、ロンドンの老舗地球儀メーカー「Bellerby & Co」は、一つひとつをハンドメイドで作っているそう。「素敵だ…」と思った人に朗報です。Bellerby & Coは現在、見習い職人を募集中です。

マジメに求人を紹介すると、とても細かい作業なので、手先が器用で根気のある人を求めていて、採用後には半年〜1年の研修があるとのこと。

なかなか息の長い話になりますが、何年も修行をして熟練の職人になると、BBCやハリウッドのセットで使われている、大きな地球儀がつくれるようになる(!)そうですよ。

一つひとつを
手作りで。

861bc6ae56ba9ea881d33ed74da8bc904d5ab0f2

Photo by Ana Santl

なんともロマンを感じるのが、すべて手作りの地球儀であるということ。そんな会社は、世界でもここだけではないでしょうか。伝統的な手法を用いつつ、昔の地球儀のレプリカだけでなく、オリジナルのデザインも展開。

地道にコツコツと工程を進めていくので「作業自体を好きになれる人」じゃないとなかなか続かないそう。

513cf88437998b90abae883bb572d6121d8e887e

Photo by Andy Lockley

必要なのは
根気と忍耐と愛

F145fc4e38274492dfe5f1d13513a271f365fd36

Photo by Gares Pon

応募資格は「自分の手で何かをつくったことがある人」。前職やバックグラウンドは関係ありません。もちろん、WEBデザインやCAD、フォトショップができる人は有利になりますが、この仕事に一番必要なのは根気と忍耐力、そして、この仕事に対する「愛」です。

自分で何かをつくるのは好きだけど、職務経験がないという人は、ポートフォリオと履歴書を送って、「なぜこの仕事がしたいか」や「自分が今までしてきたこと」をアピールしてみましょう。

Ba11eece6051abfb926aa08c8f91a400321d93f2

Photo by Bellerby Co Globemakers TeamShot

彼らは小さなチームで仕事をしているため、もちろんコミュニケーション能力も問われます!オープンな話し合いでいかに新しいアイデアを出せるか、が重要。

とてもアーティスティックな仕事ですが、地理の知識はなくても大丈夫。在籍している専門家がしっかり監修してくれます。

いっそ、ロンドンへ。

そのサイズも、さまざま。小さなものは直径22.9cmから、大きいものはなんと直径129cmまで。シリーズごとにデザインが違っていて、今は5シリーズを展開中。

2a558f3480205627c461f6d62c3189d3e7265f0d

Photo by Bellerby Globemakers

E10b6adf73d576d23518fa47e76979ef92bd86dd

Photo by Bellerby Globemakers

69d8d263f250e8119419d4c33a88152c8a6b9c31

Photo by Bellerby Co Globemakers

4f61a9af67c6caa3165a47934f5b1fe268a8dead

Photo by Bellerby and Co Globemakers

1年という見習い期間は短いんじゃないかと思うほどの、職人技。ロンドン在住であることが条件ですが、息の長い仕事を求めて、いっそ移住してしまうのもありかも?

Top Photo by Gareth Pon
Licensed material used with permission by Bellerby & Co Globemakers, (Twitter), (Instagram), (Facebook)
『Bellerby & Co Globemakers』の地球儀は、型取りから全て手作業でつくられている。手の温もりを離れずに買い手のもとまで届けられるのは...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
〈BOBBY DAZZLER(ボビー・ダズラー)〉は、ロンドン生まれ。古着などを使ったハンドメイドの人形です。手作りなので、当然すべて1点ものになります。...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
アラブ首長国連邦のラアス・アル・ハイマという都市にあります。
一見何の変哲もない、普通に家具や家電がレイアウトされた部屋です。だけど、利用者は宿泊目的でこの部屋を借りるわけじゃない。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
普通のバターではありません。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
ポーランド、ワルシャワ在住のアーティストMarta Turowska氏がつくる可愛らしい陶器が人気を呼んでいます。すべてハンドメイドの1点ものギフトにもぴ...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。