365日、「地球」と向き合い続けるロンドンの職人たち。

いつか一軒家を買ったときは、絶対に“彼ら”の地球儀を置きたいと思っている。

取り扱いのある文具屋さんに行けば、入手するのが特別難しいわけではない。けれど世に出回っているほとんどは、工場で大量生産されたモノ。

Bellerby & Co Globemakers』の地球儀は、型取りから全て手作業でつくられている。手の温もりを買い手のもとまで届けられるのは、本当に珍しいことなのだ。ここで働く人たちが、「唯一の職人」と呼ばれるくらいに。

4e1b3e86daa138e4b900c03e909696bffb558fdf1f1671ea5c5a7144b07a62dd133da56ef4e21923364557b677881fcb58b6613173a4c0a5b8dc080eE01f8c18a61f8f18daf588fd2b990125701e3ad2Ce1e56cf77709c614b5c662e0aaedb54852ae202D16ff734fba8e977d83681427853cbcf0b298e3c
Photo by Jade Fenster

0.1mmの誤差も許さない、
完璧な「地球」をつくる。

1f96e3d390e6dd0548a20ee8f119aaa66b89bcba
Photo by Bellerby Globemakers(YouTube)

はじまりは約10年前。創設者であるPeter Bellerby氏が、父の80歳の誕生日に地球儀を贈ろうと探し回ったときに、意外とあか抜けたモノが見つからないことに気がついた。

「無いなら自分でつくろうと思って取りかかったけれど、結果としてわかったことは、スペルや位置が、間違った状態で世に出回っている地図が多いということ。そもそも、ほとんどの地球儀は完璧な球体ではなかったのだ」。

そうして完璧な球体、経線、スピンさせる時の最適な角度……こだわり続けた結果、出来あがったのはなんと2年後だったと言う。

その後、彼はひとりで工房を立ち上げ、いまでは15人の職人たちを抱えるまでになった。『Bellerby & Co Globemakers』の地球儀は、プレミア品として扱われるようになり、ハリウッド映画でも使われている。

地球儀を回すたび、
ストーリーが生まれる。

C238e65dcdfd8f748136a8a3f6ed930c2c5d908f
Photo by Jade Fenster

ギリシャ神話や星座、ときにはイギリス王室が主催する競馬「ロイアルアスコット」のイベント用など、彼らはオーダーしたものを地球儀に描いてくれる。

太平洋にラブレターを書いたり、支柱に名前やメッセージを彫ることも。

8c7ca73617f04388fda4234f917df49d89609b452b26f53f781e4329736600ed117f9511577b3e44A3885821252f86d61f3fdfd364135ca1e0fe755e
Photos byJade Fenster

ひとつとして同じ表情をしていない地球儀には、それぞれのストーリーがある。真心を込め、描かれた絵や文章を読みながら回せば、子どもにとっては、絵本のような存在になる。世界中に散りばめられた思い出を話す、パートナーとのアルバムにもなる。

手に取る人とデザインによって、役割はきっと変わっていく。そんな地球儀をつくれるのは、彼らだけだろう。

Licensed material used with permission by Jade Fenster / Bellerby & Co Globemakers
地球儀をつくる職人、と聞いてもあまりピンとこないかもしれません。でも、ロンドンの老舗地球儀メーカー「Bellerby & Co」は、一つひとつをハンドメイ...
カーペンターとサーファー。2つの顔を持つPeterのビルドアップスタイルは、オールハンドメイド。その出来栄えは、自宅のガレージでつくるレベルをはるかに超え...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
“人間の巣”をつくり続ける職人、Jayson Fann。好きだけでは食べていけない。というセリフをよく聞くけれど、大人が本気で“遊び”を極めたら、仕事に変...
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
ロンドンでは、2月21日から、シャチのフォルムをした乗り物を体験できるアクティビティーが始まるそうです。水上では最大時速100kmで、水中では60km/h...
フォトグラファーIwona Pinkowiczさんのプロジェクト「Chasing Dreams」は、ロンドンの街角で知り合った人々の夢を伝えるもの。そこに...
まな板の上に置かれた姿は、まるで本当のスイカのよう。間違えて食べてしまいそうな、キュートなハンドメイドソープを紹介しましょう。「Soaptopia(ソープ...
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...
バッグの中が美術館になったり、瓶のフタがプールになったり。ロンドンのアーティスト・Slinkachuさんは「もしも小さな人がこの世界に存在したら」を想像し...
奇妙な形に刈り込まれた植木の数々。
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
今回は、これぞ匠の技!という動画をご紹介。酷く錆びた出刃包丁が、職人の手によって、みるみるうちにキレイになっていきます。日本が世界に誇る、包丁研ぎの技術。...
〈BOBBY DAZZLER(ボビー・ダズラー)〉は、ロンドン生まれ。古着などを使ったハンドメイドの人形です。手作りなので、当然すべて1点ものになります。...