20年履き続けるための「正しい靴磨き方法」を、職人に聞きました。

代々木公園での「Aozora靴磨き教室」や自由大学での講義「20年履ける靴に育てる」など、靴磨きに馴染みのない人たちに、そのハウツーを広めている明石優さん。実際にイベントに参加した人からは「ピカピカでカッコイイ」というだけでなく「自分の靴じゃないと思えるほど柔らかくなった」なんて声も。そう、しっかりケアしてあげると、見た目はもちろん履き心地にもポジティブな変化が生まれるのです。

ここでは、そんな職人技を惜しげも無く公開。とはいえ、「靴磨きを歯磨きくらい当たり前のことにしたい」と言い切るだけあって、特別難しい工程はないのでご安心を。

用意するものはコチラ

靴磨きのセット ブラシとワックスとクリーム

ワックス、クリーム、ローション2種(※今回は1種のみ使用)、馬毛ブラシ、豚毛ブラシ、山羊毛ブラシ、布(綿、またはコットンネルを推奨)。いずれも東急ハンズなどの大型量販店で購入できるそうです。

01.
靴内のホコリ取り&靴紐外し

革靴のケア 靴磨き

早速盲点かもしれません。これまで、目に見えるところばかりケアしていませんでしたか?

まずは、布で靴の中を掃除することから。つま先には、意外と多くの「靴下の繊維」や「ペットの毛」などが残っています。放っていると、カビや悪臭の原因にもなりかねません。

その後、靴紐を外して、さあスタート。

02.
ホコリ落とし(ブラッシング)

革靴の磨き方 ほこり落とし ブラッシング

毛足の長い馬毛ブラシを使用して、靴の表面の汚れやホコリを取ります。アッパーとソールの縫い目部分も丁寧に取り除きましょう。

ちなみに、クリームを使って定期的に手入れをしていると、馬毛の油分により、このブラッシングだけで光沢が戻ります

03.
汚れ落とし(ローション)

レザー製品 汚れ落とし ローション

指に布を巻き、ローションを使って、表面と内側の汚れを拭き取ります。革を「スッピン」の状態にするイメージで。

靴磨き 革靴のケア

04.
クリーム

革靴のお手入れ クリームの塗り方

乳化性のクリームを靴全体に塗り込みます。指で直接塗ることで、体温で溶けて革への浸透が深まるのです。シワ部分は念入りに。

革靴のお手入れ 指で塗るレザーの手入れの仕方

05.
ブラッシング

革靴のケア ブラッシング

さらにクリームを革に馴染ませるため、力強くブラッシング。使用するのは、コシのある豚毛ブラシです。

すると、革に染み込む分は染み込んで、余分なクリームは表面に少し残ってしまうため、布で乾拭きして拭き取りましょう。

レザーのお手入れ 革のケア

ここまでが「革に栄養を与える工程」で、定期的にやってほしい内容。月1程度を目安にケアしてあげてください。

以降は、革の表面にワックス(蝋)を乗せ、光沢を出したり、耐久性を高めたりする意味合い。プラスアルファの扱いなので、余力のある人はトライしてみては?

06.
ワックス

革靴のワックス

ポリッシュ前のベースとしてワックスを塗ります。輝かせるつま先とかかとを中心に、ムラにならないようご注意を。

革靴のお手入れ ワックス

07.
ポリッシュ(鏡面磨き)

革靴 ポリッシュで鏡面磨き

布を水で湿らせ、ワックスを適量取ります。シワの部分に塗りすぎるとワックスが割れてしまうので、つま先とかかとを中心に円を描くように磨いていきます。油膜を作りながら輝かせていきましょう。

ここで、大切なポイントを2つ。

ひとつ目は、指への布の巻き方。少しでもシワがあると思うように光ってくれないので、ピンと伸ばしましょう。

革靴の磨き方 布

ふたつ目は、乾燥させたワックスを使うこと。新品の場合は、わざと蓋を開けて仕込みます。トロッとしたものよりも、カピカピで割れているくらいがベター。

レザーのワックス 

08.
仕上げ

山羊毛ブラシ 革靴

水分のみの布で磨いた後、柔らかい山羊毛ブラシを使って優しくブラッシングして仕上げます。

革靴の磨き方

最後に、ちょっとマニアックな
靴磨きの「楽しみ方」を聞きました。

靴磨き 明石優

「靴のタン(甲にあたる部分)には、あえてクリームを塗らないほうがイイかもしれません。元の色からどれだけ変化していっているかが分かるからです。いわゆる『経年変化』を楽しむためのひとつの方法ですね。

靴って『新品が一番綺麗』だと思いがちなんですけど、どんどん良くなっていくんですよ。アンチエイジングではなく、『エイジングを楽しむ』くらいの気持ちで取り組んでみてください」。

関連する記事

今月21日(月)22日(火)の2日間、「REGAL Shoe & Co.」が、酒場と融合した新コンセプトの靴磨き店と共同イベントを開催する。
「靴磨きを毎日の歯磨きくらい当たり前のことにしたい。ちゃんと手入れすれば、20年は履けますよ」。先日公開したインタビュー記事の中で、このように述べている靴...
2008年、東京・南青山のビルの一室にオープンした靴磨き専門店「Brift H(ブリフトアッシュ)」。その創立者の一人が、明石優という人物だ。目の肥えたハ...
いい靴に出会うと、20年だってつき合うことができるといいます。一緒に年を重ねるごとにどんどん自分の足に馴染んでくる。こうなるともう、完全にパートナーみたい...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
ビジネスやランニング、トラベルなどの多くのシーンに対応できるように開発されたのが「Shooz」。靴を2つのパーツに分けることで、自分だけのカスタマイズがで...
家のなかに忘れ物を取りに行くときから、共用トイレでの衛生対策まで、便利な使い道が盛りだくさんな「靴を履いたままスリッパ」をご紹介。
子どもの仕事体験施設「キッザニア東京」で開催される「KIDZANIA AWARD PROGRAM 2020/スニーカーデザインコンテスト」が、10月20日...
今月17日から、羽田空港第1ターミナル5FにAR試着や3Dサイズ計測で靴が買える“世界最小”の靴販売店がオープン。
自宅でできるレザーシューズのお手入れ方法とは?せっかく高価な靴を手に入れても、ケアを怠れば靴の寿命を縮めてしまうことに。 紳士淑女たるもの、日々の正しいお...
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
文房具やランチボックス、フライドポテト(!)も身につけられる実用的すぎる靴たちを紹介。
ネットや通販などで「靴」を買うときに覚えておいてソンなし!「センチ表示」を「USインチ」に変換する方法!
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
「Zorpads」は、シートタイプの消臭グッズで、NASAが保証した技術が採用されています。たった1枚で、60足分の靴の臭いを消してくれるポテンシャルがあ...
機械学習と3Dプリンターを活用した靴のフルオーダーメイドサービス「Shoe-Craft-Terminal」がローンチ。
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
デザインを気に入って買ったのに靴ずれができてしまった。ぴったり!と思って1日履いたらマメができてしまった…。そんなトラブルや痛みなどなく、好きな靴を履けた...
先週はうんざりするほど雨続き。週末と月曜日は台風で、お気に入りの靴が泥だらけになってしまった人も少なくないはず。掃除用の歯ブラシを使って、自宅で綺麗にでき...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「リクルート住まいカンパニー」が昨年12月から今年1月にかけて実施した「SUUMO住みたい街ランキング2021 関東版」の結果をご紹介。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
シティマップ「Urban Prints」は、無駄な情報を一切省き道路だけで表現したシティマップです。主張しすぎないデザインだからこそ、部屋の用途を限定せず...
壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?
一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。アメリカのティーン...
畳の歴史が、いま変わろうとしている。京間や江戸間など地域によって若干のサイズの違いはあった。しかし、そのカタチは一定して長方形だった。ところが、この畳は複...