バッテリーもモーターもなし。自動で「靴ひも」をフィットさせるスニーカー

自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま足を突っ込むと、靴に負担がかかって早くダメになってしまうことも。

紐ひもの登場は、紀元前3500年ごろと言われています。誕生から5500年。各メーカーが取り組んでいますが、今こそ進化のときなのかも?

足を入れれば
自動でフィット

988a962564bf48161d48b2fc3b8a4f53b9b8b930F9bcb6e2d59ae30df4dbaa33451a948b2511eaec

Kickstarterでクラウドファンディング中のスニーカー「POWERLACE SHOES」は、自動で靴ひもを締めてくれる機能を搭載したもの。スッと足を入れると、キュッと足にフィットしてくれるそうです。最後のアジャストもワンタッチでOK。

ちなみに、脱ぐときも簡単。かかとのレバーを踏むことでひもが緩みます。

Ba0f58e075a3dd098c2242892fbc72809f818043

バッテリーも
モーターもナシ

D5cc4ae3b2375b4c13a6d317109bdd4f84178e1a

ポイントは、バッテリーもモーターも搭載していないこと。靴を履くときにかかとを踏む動作を利用して、電動アシストなしで靴紐を締めることを可能にしているんです。必要なのはあなたの体重だけ。

確かに、普段使いの靴をいちいち充電したり雨の日を気にしたりするのは面倒ですよね。せっかくひもを結ぶ煩わしさから解放されても、別の問題が出てきては意味がありません。

F1fdf1592fc77af8717e50659d07afccc3d36dfe

ソールにもこだわってて、シティユースだけでなく、スポーツやトレッキングにも使えるよう、頑丈で滑りにくいパターンを採用しているとのこと。

色は黒をベースに、アクセントカラーは6色展開。デザインはあまりシャープとは言えませんが、機能的に考え抜かれた末のデザインと思えば、これはこれでアリかも。

さっと履いて、さっと脱ぐ。
日本でこそ使えそう

「POWERLACE SHOES」は、現在Kickstarterで支援を募集中。最終的な定価は179カナダドル(約15,000円)になる予定ですが、129カナダドル(約11,000円〜)で手に入るプランがまだ残っているようです(2016年11月27日現在)。日本への発送も可能。靴を脱いで上がるお座敷文化が残っている日本こそ、こういったプロダクトが活躍しそうな気もしますね。

Licensed material used with permission by Powerlace
一見すると、靴ひも結びが面倒だ!という人のためだけに作られたもののようにも見えますが、いろいろな用途があって楽しいのがこの「Zubits」。仕組みはとても...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
ビジネスやランニング、トラベルなどの多くのシーンに対応できるように開発されたのが「Shooz」。靴を2つのパーツに分けることで、自分だけのカスタマイズがで...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
夏の終わりから秋にかけて、天気が変わりやすい日が多くなります。急な夕立に見舞われて靴がぐしょぐしょになったり、フェスなどで雨に降られてお気に入りのスニーカ...
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
靴は人間を支える大切なパーツ。靴にはお金を一番掛けた方がいいと俺は信じている。紳士靴を学ぶなら香港がベストだ。
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
「Zorpads」は、シートタイプの消臭グッズで、NASAが保証した技術が採用されています。たった1枚で、60足分の靴の臭いを消してくれるポテンシャルがあ...
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
先週はうんざりするほど雨続き。週末と月曜日は台風で、お気に入りの靴が泥だらけになってしまった人も少なくないはず。掃除用の歯ブラシを使って、自宅で綺麗にでき...
デザインを気に入って買ったのに靴ずれができてしまった。ぴったり!と思って1日履いたらマメができてしまった…。そんなトラブルや痛みなどなく、好きな靴を履けた...
いい靴に出会うと、20年だってつき合うことができるといいます。一緒に年を重ねるごとにどんどん自分の足に馴染んでくる。こうなるともう、完全にパートナーみたい...
マリ共和国特産のゴマを、はちみつとバターで加熱して冷やし固めたシンプルなお菓子の紹介です。
代々木公園での「Aozora靴磨き教室」や自由大学での講義「20年履ける靴に育てる」など、靴磨きに馴染みのない人たちに、そのハウツーを広めている明石優さん...
言うまでもなく、靴は身の回りに溢れているもの。でも、そんな靴の存在が強く印象に残っている「夢」は、あることを暗示しているのだそう。ここでは、シチュエーショ...
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
「靴磨きを毎日の歯磨きくらい当たり前のことにしたい。ちゃんと手入れすれば、20年は履けますよ」。先日公開したインタビュー記事の中で、このように述べている靴...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
足の裏が“第二の心臓”と言われるのは、心臓から送り出された血液がカラダを巡り、また心臓へと戻るための循環ポンプの役割を担っているから。カラダの各機関に直結...