雨じゃなくても履きたい「GORE-TEX」仕様の「スタンスミス」

ADIDASの名作「Stan Smith(スタンスミス)」より、アウトドアシーンでお馴染みのGORE-TEX素材を使用したニューモデルが10月5日、世界同時リリースとなった。

とは言っても、コアなファンならご存知の通り、じつのところ2016年秋にGORE-TEX仕様の「スタンスミス」はリリース済み。

今回のニューモデルは、GORE-TEXのお家芸である防水性や透湿性はそのままに、機能性に加えて“快適性”をコンセプトにした新素材「GORE-TEX INFINIUM™」を採用したもの。

©Adidas

超薄型インスレーションを施した新素材はアッパーに。

真冬の屋外でも断熱素材がつま先を冷えから防ぎ、室内では靴のなかに熱がこもらない。寒い環境でのみ保温性を発揮する快適設計というのが最大のウリ。

ヒールのサイドには「GORE-TEX INFINIUM™」のタグとともに、ロゴをエンボスで配置。逆にシュータンのプリントと、ヒールタブのトレフォイルマークを廃したことで、定番のシンプルなデザインがさらにすっきりした印象に。

雨の日でなくても履きたい……そんなニーズに応えるタウンユースな一足が本領を発揮するのは、まさにこれからのシーズンだ。価格1万7600円(税込)

©Adidas
Top image: © Adidas
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
夏の終わりから秋にかけて、天気が変わりやすい日が多くなります。急な夕立に見舞われて靴がぐしょぐしょになったり、フェスなどで雨に降られてお気に入りのスニーカ...
〈nonnative(ノンネイティブ)〉と〈Timberland(ティンバーランド)〉のコラボレーションから生まれた「SUPER 6 INCH GORE-...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...