雨じゃなくても履きたい「GORE-TEX」仕様の「スタンスミス」

ADIDASの名作「Stan Smith(スタンスミス)」より、アウトドアシーンでお馴染みのGORE-TEX素材を使用したニューモデルが10月5日、世界同時リリースとなった。

とは言っても、コアなファンならご存知の通り、じつのところ2016年秋にGORE-TEX仕様の「スタンスミス」はリリース済み。

今回のニューモデルは、GORE-TEXのお家芸である防水性や透湿性はそのままに、機能性に加えて“快適性”をコンセプトにした新素材「GORE-TEX INFINIUM™」を採用したもの。

©Adidas

超薄型インスレーションを施した新素材はアッパーに。

真冬の屋外でも断熱素材がつま先を冷えから防ぎ、室内では靴のなかに熱がこもらない。寒い環境でのみ保温性を発揮する快適設計というのが最大のウリ。

ヒールのサイドには「GORE-TEX INFINIUM™」のタグとともに、ロゴをエンボスで配置。逆にシュータンのプリントと、ヒールタブのトレフォイルマークを廃したことで、定番のシンプルなデザインがさらにすっきりした印象に。

雨の日でなくても履きたい……そんなニーズに応えるタウンユースな一足が本領を発揮するのは、まさにこれからのシーズンだ。価格1万7600円(税込)

©Adidas
Top image: © Adidas
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
夏の終わりから秋にかけて、天気が変わりやすい日が多くなります。急な夕立に見舞われて靴がぐしょぐしょになったり、フェスなどで雨に降られてお気に入りのスニーカ...
〈nonnative(ノンネイティブ)〉と〈Timberland(ティンバーランド)〉のコラボレーションから生まれた「SUPER 6 INCH GORE-...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
チェコのアウトドアブランド「Tilak(ティラック)」。その代名詞とも言える「ATTACK JACKET」の紹介です。
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
ビジネスやランニング、トラベルなどの多くのシーンに対応できるように開発されたのが「Shooz」。靴を2つのパーツに分けることで、自分だけのカスタマイズがで...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
CONVERSE(コンバース)とCHINATOWN MARKET(チャイナタウンマーケット)のコラボスニーカーが発売され、即完売となった。紫外線を浴びると...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
春のはじめに降る雨って、「うれしい」ものなんです。
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
「Zorpads」は、シートタイプの消臭グッズで、NASAが保証した技術が採用されています。たった1枚で、60足分の靴の臭いを消してくれるポテンシャルがあ...
ベースモデルは、ド定番の「ROYAL AMERICA」ですが、いろいろと仕様が異なっています。しかも、それが全部カッコイイ方向に転んでます。
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。