年末は、おうちで簡単「そば」作り!

ステイホーム推奨の今年の年末。

ここはひとつ、「そば」など手作りしてみては。

しかし、「そば打ちは興味があるけど難しいのでは?」と思っている人も少なくないはずだ。

それならば、そば処⼭形の⼤蔵村で、地元そば粉「最上早⽣(もがみわせ)」を使って「⼗割そば」にこだわったそばを提供しているという「⼤蔵⼭蕎⻨ねぎぼうず」が発売した、「手作りそばキット」がおすすめだ。

その理由は、そば作りの上で難しい部分とされる「⽔回し」、「くくり」、「練り」といった工程をプロが⾏い、真空包装し「ねり⽟」状態で届けてくれるため

届いた材料を使って、あとはのばして切って、茹でるだけ。

そばねり玉は、「十割」「二八」から選べて、打ち粉、そばつゆ、打ち方手順がセットになっている。

年越しそばとして今年の締めくくりに作るもよし、2021年の新たな趣味として始めるもよし。この商品を機に本格手打ちそばデビューというのも、なかなか乙だ。

©2020 大蔵山蕎麦ねぎぼうず

大蔵山蕎麦ねぎぼうず

【公式サイト】https://nagomigroup.com/

Top image: © 2020 大蔵山蕎麦ねぎぼうず
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
総額100万マイル!専用アプリに自宅を登録すれば、ステイホームしているだけでマイルが貯まる「タイ国際航空」のキャンペーンが話題。
「JR東日本スタートアップ」と、調理ロボットサービスを開発する「コネクテッドロボティクス」は、エキナカ飲食店のロボット化と、駅そばロボットの開発、展開に向...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
タイフェスやアイルランドフェスなど国際イベントが多く開かれているイメージの代々木公園。しかし「和」のフェスもありますよ!6月16日より「大江戸和宴 〜大江...
11月1日、「東急グルメフロント」は東急線沿線で展開している駅そば店「しぶそば」で利用できるサブスクリプションサービスを始めた。
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
料理は毎日のこと。ならば、少しでもトキメキのあるツールに囲まれて過ごしましょう! 台所に立つのがもっと楽しくなる、アイデア道具9選!
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...