メキシコ料理を家めし風にアレンジ。簡単「チリコンカン」は、ふたつのスパイスが決め手!

気持ちのいい初夏の気候が続いていますね!そこで食べたくなってくるのがエスニック料理。タイやベトナム料理はだけじゃなく、南米メキシコ料理だって家めしならカンタン。豆料理「チリコンカン」を、手軽に作る方法をやってみましょう。
味つけが難しそうですが、最低限でも「クミン(クミンシードならなお良い)」「チリパウダー」のふたつの瓶詰めスパイスがあれば大丈夫です。

<材料>キドニービーンズ(水煮缶)・ベーコン(ブロック)・ニンニク・トマト(中サイズ)・玉ねぎ・オリーブ油・クミン・チリパウダー・塩・お好みで:野菜なんでも

用意する食材は、まずキドニービーンズ。水煮缶で大丈夫。豆が中心の料理なので、なるべくたっぷり用意しましょう。時間の取れる人は、乾物の金時豆を買ってきて前の日から水に漬けておき、ふくらんだところで1時間ぐらいぐつぐつ煮て…と、やるとさらに旨いです。面倒だけどね。
そしてベーコン。できればブロックのベーコンを買ってきて、ぶ厚く切った方が美味しくしあがります。それにニンニク、たまねぎ、トマト、その他お好きな野菜なんでも。あ、トマトはホールトマト缶でも大丈夫。

<作り方>
①まずニンニクを潰すなり刻むなりてきとうにして鍋に入れ、オリーブ油をたっぷりめに入れます。大さじ1〜2。ここにクミンとチリパウダーも入れちゃう。小さじ1杯ずつぐらい。弱火で香りが出てくるまで炒めたら、ベーコンぶつ切りとたまねぎのみじん切りを投入。さらに炒めます。
②だいたい油がまわったかなと思ったら、ここに豆の水煮と、トマトのぶつ切りを投入。トマトは湯通しして皮むきしておくと食感がいいのですが、まあ無理してやらなくてもいいかな。ホールトマト缶だったら手で潰しながら鍋に入れましょう。飛び散るから気をつけてね。
③ひたひたになるまで水を足し、あとは10分ぐらいぐつぐつ煮て、塩で味を付けて完成。

どう?超カンタンでしょ。トマトは湯通しして皮むきしておくと食感がいいのですが、ホールトマト缶を使用する場合は、手で潰しながら鍋に入れましょう。飛び散るから気をつけてね。できればブロックのベーコンを買ってきて、ぶ厚く切った方が断然美味しい!なるべく水分が少なくなるぐらいまで煮詰めた方が、それらしくて美味しいと思います。水分多いと単なるトマトスープになっちゃうので。
スーパーで売ってるトルティーヤをオーブントースターで温めてそえると、さらに「らしい」感じに。なければパンと一緒にめしあがれ。

 

西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
新鮮なトマトを使って、ひと手間かけてでも試してもらいたいのが「焼きトマト」。これをトマト缶の代わりに用いれば、料理がプロ並みにレベルアップするんです。
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
タコス、トルティーヤ、ブリトーなど。人気メキシコ料理の影に隠れ、なかなか口にする機会がありませんが、これもメキシコ人のソウルフード。肉や魚、チーズ、野菜を...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
SNSを駆使して日本人の口に合うスパイスカレーを紹介している「Internet of Spice」。
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
何かと話題に上がることが多い、アメリカとメキシコの国境。ここで紹介したいのは、メキシコ側の国境付近で生まれ育ち、アメリカに移住したYonathanとJor...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...
トマトの酸味はごはんともよく合います。ただし、チキンライス(ケチャップ)にしろ、トマトカレーにしろ、ごはんのおかずとなり得るには「じっくり煮込まれている」...
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
タコス、ナチョス、ブリトーは日本でもよく食べられているメキシコ風料理。ここで“風”と付けるのには訳があります。これらは「テックスメックス(Tex-Mex)...
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
アメリカとメキシコの国境にビアバーをオープンする計画を発表したのは、スコットランドのマイクロブルワリー「BrewDog」。MAKE BEER, NOT W...
トマトジュースといえば、サラサラやドロドロなど口当たりの違いこそあれ、色は赤が当たり前。ところが、「ある場所」でのみ楽しめる、透き通った金色のトマトジュー...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...