「アボカドの種」で染色!?米メキシコ料理チェーンでアパレル始動

米メキシコ料理チェーン「Chipotle Mexican Grill」が、8月3日にユニセックスのアパレルラインをローンチ。アボカドをアップサイクルした限定コレクションも販売している。

これはChipotleが2018年から手掛ける「For Real」キャンペーンの一貫で、ブリトーがプリントされた、オーガニックコットンを使用したTシャツや、アルミホイルをイメージしたスマホケースなどユニークなアイテムが並ぶ。

限定コレクションでは、ワカモレに必須のアボカドを年間3億個も消費していることから、大量に廃棄されるアボカドの種を利用。煮出して抽出した染料で、Tシャツやトートバッグをピンクベージュに染めた。

このアパレルグッズの売り上げはすべて持続可能なアパレルや農業に力を入れる団体の支援に使われる予定。

コットンという農作物を通じてつながるフードとアパレル!アボカドシリーズはほぼ売り切れだが、今後も新作が出てきそうな予感。こちらからチェック!

Top image: © iStock.com/Melpomenem
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事