「アボカドの種」で染色!?米メキシコ料理チェーンでアパレル始動

米メキシコ料理チェーン「Chipotle Mexican Grill」が、8月3日にユニセックスのアパレルラインをローンチ。アボカドをアップサイクルした限定コレクションも販売している。

これはChipotleが2018年から手掛ける「For Real」キャンペーンの一貫で、ブリトーがプリントされた、オーガニックコットンを使用したTシャツや、アルミホイルをイメージしたスマホケースなどユニークなアイテムが並ぶ。

限定コレクションでは、ワカモレに必須のアボカドを年間3億個も消費していることから、大量に廃棄されるアボカドの種を利用。煮出して抽出した染料で、Tシャツやトートバッグをピンクベージュに染めた。

このアパレルグッズの売り上げはすべて持続可能なアパレルや農業に力を入れる団体の支援に使われる予定。

コットンという農作物を通じてつながるフードとアパレル!アボカドシリーズはほぼ売り切れだが、今後も新作が出てきそうな予感。こちらからチェック!

Top image: © iStock.com/Melpomenem
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
ロンドン発のアボカドレストラン「Avobar」。アボカドを想起させるグリーンを基調にした店内では、アボカドづくしのメニューが用意されています。まだ見ぬアボ...
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
8月31日、米「Amazon」が「アメリカ連邦航空局(FAA)」からドローン配送サービスに対する認可を与えられた。これにより、かねてより構想を発表していた...
手軽で人気のファーストフード。ぱぱっと食べられるのが魅力ですが、栄養バランスも気になりますよね。「FAST Food AID」はファーストフードを食べた際...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
2018年の4月1日、バーガーキングはエイプリルフールのネタとしてチョコレート味のワッパーを開発したと発表。2020年の9月1日、台湾・台南に10年ぶりに...
派手さのないメキシコ料理。けれど心地よい野趣があります。
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
野暮ったくも素朴なメキシコの絶品とんこつスープ。
米ヒューストンにあるジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港がアップグレードされました。投じた費用は、約200億円!例えばターミナルEでは、新たに4...
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
「長田工業所」が自社の工場を開放して作った、溶接や金属加工で遊べて学べる溶接のテーマパーク「アイアンプラネット」が、2、3号店をそれぞれ栃木と神奈川にオー...
「ロエベ(LOEWE)」から初となる「ホームセンツコレクション」が登場。アロマキャンドル、ルームスプレー、ディフューザーなどがラインナップされているのだが...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
ブロックチェーンのキーワードは分散化だ。じゃあ何がどう便利になるの? とくにイメージしやすい具体例は、電力だ。
最高の発明とは、往々にして「なんで思いつかなかったんだろう?」と思うものばかり。このサルサこそが、まさにそれにあたるもの。
廃棄予定の野菜や食材を染料として活用するプロジェクト「FOOD TEXTILE」とアパレルブランド「Lily Brown」のコラボ商品が12月中旬から順次...