火山灰に埋もれていた世界最古のファストフード店!?

およそ2000年前、ヴェスピオス火山の噴火で灰に埋もれてしまった南イタリア・ポンペイのとある遺跡が、今年にも一般公開される。

その遺跡は2019年に一部が掘り起こされ、約2年かけて全体像が明らかになってきたのだが、そのなかにはなんと、当時のファーストフード店の遺跡も含まれているのだとか!

© MiBACT/YouTube

発掘されたカウンターの壁画にはアヒルニワトリが描かれており、ここで食べることのできた食事の内容を示すとされている。

実際、遺跡からは、山羊カタツムリなどと一緒にアヒルの骨も見つかっており、また、ワインを入れていたとされる容器には、味を加えるため砕かれたの痕跡が残っていたそうだ。

「テルモポリウム(温かい食物を提供する場所)」と呼ばれる古代のファストフード店は、考古学者たちによると、ポンペイだけでほかにも80店舗ほどあったという。

この時代から今日までファストフード店が存在し、しかもそこで同じようなものを口にしているとは、きっと古代ローマ人もびっくりだ。

Top image: © Courtesy of Parco Archeologico di Pompei
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事