安さの秘密は「すべて自動化」にあるファストフード店

カリフォルニアで2店舗を展開する「Eatsa」は、人間よりも“テクノロジーを雇った”、ファストフード店です。

このお店、店舗に設置されたタブレット、または、自分のスマートフォンからすべてのオーダーが可能。自分の趣味嗜好に合わせて、使われる食材をカスタマイズすることもできます。

料理が完成したあとは、見た目がカプセルホテルのようなロッカーに料理人が裏から入れていきます。表の扉には自分の名前が表示される仕組みなので、受け取りを間違える心配もありません。

名前を表示することで、UberEatsなどの配達員による引き取りミスも軽減。

人件費を限りなく少なくしたことで、「Eatsa」のサラダボウルの価格は約760円(6.95ドル)。物価の高いサンフランシスコでは、同じようなサラダが10ドルくらいですから、テクノロジーで安さを生んだファストフード店だと言えるでしょう。

また、無駄なコミュニケーションがないので、提供の早さも特長のひとつ。これも、新たなテクノロジーがファストフードに革新をもたらしたという証かもしれません。

Top image: © Eatsa
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
「Everytable」は誰でも簡単にヘルシーな食べ物を食べられるようにするのが目標。そこで、彼らは平均年収によって価格を決める制度を導入しました。
半世紀以上アムステルダムで愛され続けているファストフードチェーン「FEBO」のコロッケ(クロケット)。自販機がズラリと並ぶ店舗で販売されていて、購入は小銭...
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
「東京ディズニーリゾート」内の商業施設「イクスピアリ」に今春オープンする「CHUBBY AIRLINES(チャビーエアラインズ)」は“かわいいは高カロリー...
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...