平均年収で価格を決めるファストフード店

ロサンゼルスには、地域ごとの平均年収によって店舗別に価格を設定しているファストフードチェーンが存在します。

6店舗の展開をする「Everytable」は、栄養価の高い食べ物を提供することで知られていますが、同じ商品がお店によって最大3ドル(約330円)も違います。

値段が違う理由は、より多くの人にヘルシーな食べ物を口にしてほしいと創設者Sam Polkさんが考えているから。彼が以前に読んだ、とある研究結果に「平均年収が低いロサンゼルス南部の人は寿命が10年短い」と掲載されてたのが発端だそうです。

また、ロサンゼルスにはオーガニック野菜などを購入できる人が少ないため、ヘルシーな食料品があまり売られていない「Food Desert(食の砂漠)」と呼ばれるエリアもあるほど。

こうした“地域による食のアンバランス”を変えたいとする「Everytable」。どうしてもコストのかかる栄養価の高い食べ物を提供するために、地域ごとの平均年収によって値段を変えることにしました。

年収を理由にするなんて日本であれば多くの批判が出そうですが、今でも営業を続けられているのは、「施し」の文化が当たり前なアメリカだからなのでしょうか。

Top image: © iStock.com/igorrita, iStock.com/-Panya-, 2019 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

カリフォルニアで2店舗を展開する「Eatsa」は、人の代わりにテクノロジーを導入して、注文と受け取りをすべて自動化したファストフード店です。
半世紀以上アムステルダムで愛され続けているファストフードチェーン「FEBO」のコロッケ(クロケット)。自販機がズラリと並ぶ店舗で販売されていて、購入は小銭...
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
「東京ディズニーリゾート」内の商業施設「イクスピアリ」に今春オープンする「CHUBBY AIRLINES(チャビーエアラインズ)」は“かわいいは高カロリー...
いつでもどこでもパパッと振りかけられるタブレットケース型の青花椒「金の太陽花椒」。
オーストラリアのファストフード店「Oliver's Real Food」のサイドメニューは、蒸したサヤインゲンや枝豆、トウモロコシなど健康的なものばかり。...
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。