商品化されなかったドムドム「ボツバーガー」を刮目せよ!

大胆不敵で奇想天外。他では絶対マネのできないバーガーこそ「ドムドムハンバーガー」の身上。だが、商品として登場する変わり種のバーガーたちは、氷山の一角に過ぎなかった。

日の目を見ることなく消えていった衝撃の“ボツバーガー”を、メニュー開発者の浅田裕介氏自らが解説。ここでしか見れない衝撃の問題作。ドムドムのチャレンジングスピリットの源泉だ!

悪ふざけが過ぎた、と自ら反省
「ネギトロバーガー」

©2019 NEW STANDARD
浅田裕介氏(以下、浅田)

居酒屋での食事中に「バーガーではさんだら美味しそう」と、ふと思いつき、ほとんどノリで考案しました。試食もせずに役員会で提供したんですが、ネギトロのニュルッとした食感に、僕も含めその場にいた全員が吐き出しちゃいました。

【商品構成】
醤油ベースのソースにワサビもトッピング。あったかいバンズと冷たいネギトロの不思議な組み合わせ。

【ボツ理由】
・悪ふざけがすぎる
・中のぬるっとした感じがたまらなくマズイ

味は至高も、ボツ理由に納得(笑)
「納豆バーガー」

©2019 NEW STANDARD
浅田

かれこれ5〜6回は試作を繰り返していますが、なかなか社長が首を縦に振ってくれません。もう、ここまできたら意地です(笑)味は保証します。めちゃくちゃ美味しいですよ。

【商品構成】
照り焼きソースをからめたビーフパティと納豆の組み合わせ。刻んだネギの香りもいい。マヨネーズとの相性も抜群。

【ボツ理由】
・好き嫌いの別れるメニュー
・挑戦的すぎる
・味は最高。奇跡。至高!
・テイクアウトしたとき袋を開けると爆裂に臭い

げそフライの弱点を露呈
「イカげそクラーケンバーガー」

©2019 NEW STANDARD
浅田

試作当時は、げぞの唐揚げが大きくて、海の魔物「クラーケン」っぽさがもっと出ていました。ただ、いかんせん食べにくい。「これどうやって食べたらいい?」まあ、そうなりますよね。

【商品構成】
イカげその唐揚げを大胆にサンドした、衝撃満点のビジュアルバーガー。特製醤油ソースとマヨネーズでいただく。

【ボツ理由】
・見た目がグロテスク
・これはいかがなものか
・イカげそが噛みきれず一口ですべて出てきてしまう

ニンニク愛深きゆえに…ボツ
「がりがりガーリックチキンバーガー」

©2019 NEW STANDARD
浅田

これも思い入れのある一品です。世のニンニク好きへ捧ぐ「DOMDOM presents for GARLIC LOVER」をコンセプトに考案した、ニンニク三昧のバーガーです。味は最高なんですけどね。

【商品構成】
鶏もも肉唐揚げにニンニクチップ、フライドガーリック、ガーリックチーズソース、さらに丸揚げのニンニク7個をトッピング。

【ボツ理由】
・やりすぎである

バーガーにした意味を問われ…
「のり弁バーガー」

浅田

「のり弁」を完全再現しました。弁当として食べて美味しいんだから、バーガーにしてもいけるだろうなと思ったんですけどね。

【商品構成】
白身魚のフライとタルタルを、さらに丸く固形して油で揚げたごはん、おかか、のりを加えてバンズではさむ。

【ボツ理由】
・バーガーショップに来る客層が買うかが疑問
・美味しいがバーガーにした意味がわからない

バンズより、やっぱり白米
「うな玉バーガー」

浅田

原価無視でつくったんですが、反響はイマイチでした。「土用の丑の日」限定でも出したかったんですけどね。

【商品構成】
人気商品の「手作り厚焼き玉子バーガー」にうなぎの蒲焼をはさむ。タレがからんだ卵焼きも絶妙。

【ボツ理由】
・結局、ゴハンでいいじゃん
・さすがに価格が合わない

バンズにはさめないモノなし
メニュー開発者の飽くなき探究心

この他にも「トムヤムクン」「チーズダッカルビ」「じゃこ天」「サバの中華チリソース」「ラザニア」「油揚げ」「ししゃも」など、ボツバーガーを挙げればキリがない。

食べ歩きでインプットした「バーガーにしたらおもしろい、おいしいアイデア」をストックし、とにかくどんなモノでもバンズにはさんでみないと始まらない。誰もがあっと驚く組み合わせを探りながら、真面目にふざける浅田氏だ。

©2019 NEW STANDARD

写真はボツとなったバーガーの資料。ほんのごく一部だ。「想定価格」や「構成」「ポイント」のほか、「ボツ理由」が細かに記されデーターベース化されている。試食会においての率直な感想やフィードバックに目を通せば、辛辣で核心を突く意見のなかにも、応援あり、ツッコミもあり、ものづくりに対する愛が伝わってくる。

ここに紹介したボツバーガーと商品化されたメニュー。どちらも紙一重と思えてしまうのは、自分もまたドムドム世代の一人だからだろうか。

Top image: © 2019 NEW STANDARD

関連する記事

今年、創業50周年を迎える日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」。数より個性で勝負するドムドムの戦略と野望を、藤﨑忍社長が語る。
日本最古のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」。50年のあいだ、古参チェーンを支え続けているのは、他店にはないユニークネス。
日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」とアパレルブランド「BEAMS」との異業種コラボが実現。
今年、創業50周年を迎えた「ドムドムハンバーガー」。2020年、さらなる飛躍を狙うドムドムの次なる一手とは?
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
2020年2月16日、ドムドムハンバーガー × BPMによるたった一日だけのコラボイベント「ドムドムが池尻大橋にやってきた!」を実施。当日の様子がこちら。
東京に3店舗を展開する「ドムドムハンバーガー」。都心からもっとも近い「イオン赤羽北本通店」には、毎日のように通うお年寄りたちと、他県からもやってくる熱狂的...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...