ハンバーガーなのに「カリッ!パリパリ!」って、どーなんよ?

ハンバーガーを食べるコツは猛獣になった気分で食べることやで!ももかです。

いわゆる“映え”なお店やメニューはめっちゃあるけど、いざ行ってみると味や価格に関しては「……」なとこも多い。そこで、ももかが実際に足を運んで「これめっちゃおいしい!」と思ったメニューを紹介していきます。

ハンバーガーを実食
©2019 NEW STANDARD

今回は池袋にある「Viva la Burger」。

こちらのお店は“リッチバーガー”の専門店。もうそそられるよな。それとハンバーガーに帽子をかぶせたような可愛いビジュアルが人気。ってことで、さっそく行ってきたで。

場所は池袋駅西口から徒歩10分くらいのところ。アメリカンテイストのお店を見つけたらそこが正解。

Viva la Burger(ヴィヴァラバーガー)の外観
©2019 NEW STANDARD

この日はランチタイムのラストオーダーぎりぎりに入店したので、すぐに席につけました。店内は広々としていてテーブル席、ソファー席、奥にカウンター席があります。

Viva la Burger(ヴィヴァラバーガー)の店内
©2019 NEW STANDARD

さ、注文です。

一番右の"BOUSHI"が今回の目当て。しかしよく見ると、違うバーガーでもトッピングでこの"BOUSHI"をつけることができるみたい!

ということで、ワカモレバーガー+トッピングBOUSHIチーズ(1250円税抜)Aセット、もう1つはレッドホットチリバーガー+トッピングBOUSHIチーズ(1400円税抜)Bセットを注文。

ウキウキワクワクやで。

Viva la Burger(ヴィヴァラバーガー)のメニュー
©2019 NEW STANDARD

バーガーが来る前に「トイレチェックタイム」です。

ここのトイレ、入った時に違和感を感じてん。あれ?なんかBGMが綺麗に聞こえるな。個室入ったからかな?上を見たらYAMAHAのスピーカーが!トイレにこんなスピーカーを設置するのはリッチがすぎるで!

かわいいトイレ
©2019 NEW STANDARD

そんなこんなでバーガーが到着♡まずはレッドホットチリバーガーから!

Viva la Burger(ヴィヴァラバーガー)のハンバーガー
©2019 NEW STANDARD

一口目から超感動したで。

カリッとしたタイプのバンズに、BOUSHIチーズのパリパリ感、そして中のジューシーなパテを同時に食べた時の食感がなんとも新しい……。だって普通のハンバーガーにカリッとかパリパリとかってあんまりないやん?

レッドホットチリとは言いつつも、辛いものが苦手な私でも全然食べれちゃうくらい美味しい!トマトの酸味が効いてるわ〜♡ビジュアルも100点満点。下のレタスもスカートみたいでめっちゃかわいい(笑)。

そして、ワカモレバーガー!

Viva la Burger(ヴィヴァラバーガー)のBOUSHIハンバーガー
©2019 NEW STANDARD

ワカモレが大好きなうちからしたら、最高の組み合わせや。

こちらも食感がまず最高で、ジューシーで上品な味のパテとワカモレがめっちゃ合う。っていうかここのパテ、普通のパテとなんか違うねん!

あまりにしっかりしてて食べ応えがあるから、店長さんに正体を聞いてみたら、“切った塊肉を挽肉で繋げて焼いたもの”らしい。なるほど!だから肉の食感をそのまま生かしたおいしいさが生まれるねんな。そんな手があったとは!

ここのハンバーガーはジャンキーさがなく、味が上品やからぺろっと食べれる。かつ、食感がしっかりしてるから満足感も高い。つまりは最高やで。

夜にしか食べられない、変わり種のリッチバーガーもあるらしいから次は夜に来たいな。クラフトビールも飲めるらしいで!

以上、ももかでした!

記念写真
©2019 NEW STANDARD

Viva la Burger

 

【住所】東京都豊島区池袋2丁目50−51

【最寄駅】池袋西口 or C6

【営業時間】Lunch  11:30~17:00(LO 16:00)
      Dinner 17:30〜22:00(LO 21:00)※火曜定休日

【公式Instagram】https://www.instagram.com/viva_la_burger/

Top image: © 2019 NEW STANDARD
ももかの記事はまだまだあるで〜
パリで人気のフードトラックと言えば、「Le Camion Qui Fume」。肉厚でヘビー級だけれど随所にこだわりが見られ、美味なアメリカンスタイルのバー...
『The BEACH BURGER HOUSE』で食べたハンバーガーは、これまで自分が食べた中で一番美味しいと思った。ビールを飲みながら3つも食べた。世界...
今回は歌舞伎町にある「アインソフリプル」。ヴィーガンハンバーガーが食べられるこちらのお店。なのにハンバーガーのお肉が本物みたい!と口コミで人気やねん。気になる!
12月20日をもっての閉店を発表し、衝撃を与えたパリのセレクトショップ「colette」。9月には「sacai」が1ヶ月限定で出店したことも記憶に新しいで...
「スペースX」は宇宙船での“国際宇宙ステーションへのドッキング”をWebブラウザで体験することができるシミュレーターを公開。実際のインタフェースを元にして...
完全栄養の主食を開発・販売する企業が人気ハンバーガー店とのコラボにより開発したハンバーガー「BASE BURGER」が2019年12月4日(水)〜新年1月...
この出来事を自分なりに解釈するならば、日本の大学を卒業したサッカー選手がいきなり海外へと渡り、経験を積んでからJリーグへ帰ってくるようなもの。これが今、ハ...
カスタマイズは100万通り以上! パティ・バンズ・トッピング・サイズが選べるLA生まれのハンバーガーTHE COUNTER〒107-0052 東京都港区赤...
パリ11区にオープンしたホテル「Oh la la!(ウーララ)」。「HOTEL」と書かれたファサードの店内は、カウンター席とボックス席からなるBARが.....
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
本記事では、キスの仕方を「フレンチ」「ディープ」「ユニーク」の3種類に分けてまとめています。また、キスの仕方によっては、相手の気分が下がるキス、逆に気分が...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「リモートワークが捗るアイテム」を3つ紹介。スマホ用刑務所...
岐阜県大垣市の伝統工芸品である枡を作り続けて70年の「大橋量器」が販売を始めたのが、ヒノキの香りでストレスを緩和させる新感覚マスク「hinoki MASU...
「ハンバーガー」のイメージが変わる!地上から離れた高い場所で食べるとその印象も味わいもガラリと変化。どれも1000円じゃ食べられないけど、お値段以上の価値...
米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
今回はパリ発のオーガニックスーパーマーケット「Bio c’ Bon」。日常的に使える商品をオーガニックで揃えているこちらのお店。みたことのないヘルシーな商...
パリ五輪を前にシャンゼリゼ通り活性化させるという計画案が注目されています。理由は、その一環として凱旋門を囲うラウンドアバウトに夏はビーチ、冬はスケートリン...
The Great Burgerのオーナー「車田篤」。ハンバーガーショップの他に5店舗の直営店を手がけ、国内の7店舗とアメリカの1店舗をプロデュース。経営...