「世界一美味しい」宮崎のハンバーガーハウス。

最初に断っておくと、自分はフード専門ライターではないので、ハンバーガーに限らず世界一を決めるような舌は持ち合わせてない。

けれど、いちバーガーマニアの意見として。

『The BEACH BURGER HOUSE』で食べたハンバーガーは、これまで自分が食べた中で一番美味しいと思った。ビールを飲みながら3つも食べた。世界一だと思った。

『The BEACH BURGER HOUSE』は、この7月15日に宮崎県のサンビーチ一ツ葉沿いにオープンしたばかりのお店だ。僕はオープン初日に伺った。

行ったことがある人はわかると思うが、このビーチは宮崎県随一のリゾートである「フェニックス・シーガイア・リゾート」にほど近い、みやざき臨海公園内にある。観光客も多く訪れる場所だが、広大な敷地のため周囲は独特のヌケ感があって、どこかアメリカ西海岸の雰囲気を思わせる。

そんな風景に溶け込むように『The BEACH BURGER HOUSE』はある。

白を基調にした店内は、海からの潮風が通り抜ける開放的な空間だ。ウッドデッキにはソファ席までが完備されている。ふと、お洒落なお店は東京にいくらでもあるけれど、この広々としたレイアウトや空気感だけは作ろうにも作れないだろうなあと思った。

なによりも驚いたのはお客さんだ。

若い人たちから家族連れまで、場所柄いろんな人がきているのは当然として、なんというかみんな“こなれている”感じ。国内の観光地にありがちな、悪い意味でのローカル感はここにまったくない。

ビーチの目の前というロケーション、その風景に馴染んだ建物と空間、そこに集まっている人たち。陳腐な表現かもしれないけど、『The BEACH BURGER HOUSE』はめちゃくちゃイケてる。

日本の一地方、宮崎の観光地にある『The BEACH BURGER HOUSE』が、なぜこれほどまでにイケてるのかは、HPを見ればわかる。以下引用。

「The BEACH BURGER HOUSE」の統括・監修を担うのは、 フェニックス・シーガイア・リゾートの総合アドバイザーである 企画プロデュース会社「オレンジ・アンド・パートナーズ」と、 AOSHIMA BEACH PARKのディレクションで知られる「CANVAS代表・宮原秀雄」 そしてショッププロデュースは、 東京・原宿の人気バーガーショップ「THE GREAT BURGER」と 大阪・心斎橋の人気バーガーショップ「CRITTERS BURGER」が担当。 店舗デザインは、全国で様々なビーチハウスを手がける「カリフォルニア工務店」が担当します。

まるでオールスターのような陣営だ。とくにCANVASの宮原秀雄氏とは別の取材を通じて、面識がある。彼は以前からこんなことをよく言っていた。

「僕が作りたいのは、人が集まる風景なんだ」

まさに『The BEACH BURGER HOUSE』はそういう場所だ。ビーチにポツンと建つこのバーガーハウスが吸引力となって、人が集まってきている。

話をハンバーガーに戻そう。

ハンバーガーをプロデュースしているのは、バーガーマニアなら知らぬ者はいない東の雄『THE GREAT BURGER』と西の雄『CRITTERS BURGER』だ。冒頭にも書いた通り、そのこだわりや味について、自分なんかが評するのはおこがましい。それよりもこんなエピソードでその美味しさが伝わればいいと思う。

「今まで食べたハンバーガーのなかで一番美味しかった」と僕が『THE GREAT BURGER』代表の車田篤氏に伝えたところ、彼からこんな返答がかえってきた。

「ハンバーガーが美味しいのは僕らにとっては当たり前。東京でも最高のハンバーガーを提供している。このお店が特別なのは、ロケーションや空間があるから。味だけの話じゃないんだよね」

そうそう。美味しいっていうのは、味だけの話じゃないんだ。宮崎の素晴らしいビーチがあって、こだわりの空間があって、腕によりをかけたハンバーガーがあるから最高なんだよなあ。

そういう意味で、やっぱり僕は『The BEACH BURGER HOUSE』のハンバーガーは世界一だと思う。

Photo by 隈元公之
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
シーガイアが、新しく生まれ変わったそうです。これまでも日本の屈指のリゾート、宮崎を堪能する場所として愛されてきた「フェニックス・シーガイア・リゾート」です...
いまや日本のビーチカルチャーのアイコン的存在であるAOSHIMA BEACH PARK、年一回の発行ながらその高いクオリティでコアなファンを獲得している雑...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
「ヒュー!日向」のキャッチコピーでおなじみの宮崎県日向市のPRムービーが、2018年も出た。TABI LABOはこの圧倒的にポジティブなオーラを放つPR動...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
「鵜戸さん」という愛称で呼ばれることも多い鵜戸神宮は、日向灘に面した鵜戸崎岬の先端にあります。きれいな太平洋の海を眺めながら、洞窟の中にある朱色の御本殿を...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...