2020年夏、「AOSHIMA BEACH VILLAGE」がプレオープン!

泳いだり、波に乗ったりするだけが、海の楽しみ方じゃない。

宮崎県の「AOSHIMA BEACH PARK」は、いろいろな人が思い思いにビーチで過ごせるビーチパークという概念を日本に持ち込みました。宮崎市役所や観光協会が一体となった取り組みは、今や全国の地方自治体から熱視線を集める存在です。

2020年夏、そこに隣接するかたちで「AOSHIMA BEACH VILLAGE」がプレオープン。注目度の高さは、もう言うまでもありません。

© AOSHIMA BEACH VILLAGE
©AOSHIMA BEACH VILLAGE

オープンは2回にわけて。

まず、2020年の夏は青島神社側の半分。参道から迎え入れるエントランスプラザの先には、レストラン&バー、B.B.Qエリア、プール、さらにコワーキングスペースがひろがる予定。

残り半分のオープンはさらに1年後の2021年夏。ここには、サウナ&スパやヴィラが設けられます。

つまりは、こういうこと。

ここには、観光客もいれば地元の人もいる。地元の人と一口に言っても、遊びにくる人もいれば、ここで働く人だっている。

海で泳ぐ人もいれば、プールサイドでのんびりとくつろぐ人もいる。レストランにごはんを食べにくる人も、仕事をしにくる人もいる。

色々な人が集まることで創られるこのコミュニティスペースでは、旅と暮らし、遊びと仕事がボーダレスなものになるというわけです。

青島ビーチに“村”をつくる。

一大プロジェクトの裏側には、発起人である濱渦伸次氏のこんな想いがあります。

青島の入り口で、数十年“空白”だったこの場所に、僕たちは新しい村をつくることにしました。青島ビーチヴィレッジは、この地で新しい価値を、長年掛けながらつくり出していく壮大なプロジェクトです。

僕は、2007年に宮崎で小さなベンチャー、アラタナを立ち上げました。10年が経った今、100人を超える仲間がいます。でもまだまだ、やりたいことがある。そんな時に巡ってきたチャンスがこの青島プロジェクトです。僕にとっては、宮崎で2度目の創業であり、チャレンジ。

宮崎を変えたい!とかそんな大それた事ではなく、みんなが「宮崎、なんかいいよね」って思ってもらえる場所をつくりたいと思っています。そんな僕の夢に付き合ってくれた、プロデューサーのヒデさんはじめスペシャルなチームに心から感謝しています。

「ヒデさん」とは、青島プロジェクトの総合プロデュース&統括ディレクションを務める宮原秀雄氏のこと。

そもそも「AOSHIMA BEACH PARK」とはどのような場所なのか?なぜ宮原氏は、ボーダレスな場所を作ろうとしているのか?

この問いの答えは、こちらのインタビュー記事に詳しいです。なにより、自身がボーダレスなライフスタイルを体現している彼の頭の中を覗き見すれば、もっと青島のビーチに興味が湧くはず。

ちなみに、今年の「AOSHIMA BEACH PARK」は本日オープン。ハンバーガー店やメキシコ料理店など5つの飲食店が並びます。

 

AOSHIMA BEACH VILLAGE
【WEB】https://aoshimabeachvillage.com

AOSHIMA BEACH PARK
【WEB】http://www.aoshimabeachpark.com

 

※2020年6月29日追記/「AOSHIMA BEACH VILLAGE」は2021年春にプレオープンとなりました。詳しくはホームページなどをご確認ください。

Top image: © AOSHIMA BEACH VILLAGE

関連する記事

旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
『The BEACH BURGER HOUSE』で食べたハンバーガーは、これまで自分が食べた中で一番美味しいと思った。ビールを飲みながら3つも食べた。世界...
サーフ界のレジェンド、ケリー・スレーターの4年ぶりの来日が決定。1990年のデビュー以来、11度もワールドタイトルを獲得しているパフォーマンスを九州・宮崎...
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
いまや日本のビーチカルチャーのアイコン的存在であるAOSHIMA BEACH PARK、年一回の発行ながらその高いクオリティでコアなファンを獲得している雑...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
この記事では、あなたの職場の上司や友達、恋人の隠れた腹黒さをチェックする心理テストを『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から3問厳選してご紹...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
「ヒュー!日向」のキャッチコピーでおなじみの宮崎県日向市のPRムービーが、2018年も出た。TABI LABOはこの圧倒的にポジティブなオーラを放つPR動...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「INDIGO RIP」です。
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「TENT」です。
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
遠い、だから美味い。芋焼酎の銘柄で知られている「霧島」の地に、宮崎を訪れた友人を必ず連れて行く手打ちそばのお店がある。宮崎と鹿児島の県境、霧島で営業するそ...
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
シーガイアが、新しく生まれ変わったそうです。これまでも日本の屈指のリゾート、宮崎を堪能する場所として愛されてきた「フェニックス・シーガイア・リゾート」です...
「鵜戸さん」という愛称で呼ばれることも多い鵜戸神宮は、日向灘に面した鵜戸崎岬の先端にあります。きれいな太平洋の海を眺めながら、洞窟の中にある朱色の御本殿を...
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...
海と山と大地のエキスを包み込んだ、中国・青島の「水餃子」について。
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
宮崎の日南市にある「猪八重渓谷(いのはえけいこく)」は、森林セラピーの基地としても有名。森林セラピーは、森の中を歩いたり、レクリエーションしたり、ヨガや呼...