ドムドムハンバーガーが「他のチェーン店と違う」3つの理由

「マクドナルド」よりも「ロッテリア」よりも早く、日本で初めて誕生したハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」。

時代の流れに翻弄され、大量閉店の憂き目にあいながら、不沈艦として50年目を迎えた背景には、他店に勝る「ドムドムならでは」の際立つ個性があった。

ユニークネス①
愛すべきオリジナルバーガー

©2019 NEW STANDARD

ドムドムといえば、他店にはない「独創的なハンバーガー」をはじめ、オリジナルメニューが数多く存在する。

多くのファンの声で復活した「お好み焼きバーガー」、揚げ餃子をバンズではさんだ「ギョーザバーガー」、バンズの代わりにカマンベールを使った「丸ごとカマンベールバーガー」など、つねに想像の先をいく常識破りなバーガーがファンの心をとらえてきた。

もはやエンタメの領域。記録より記憶に残るバーガーは、ダイエー運営時代より受け継がれてきたドムドムのアイデンティティそのもの。藤﨑忍社長は言う。

「イベントを開催すれば、毎度きてくださる方がいます。新作バーガーをいち早くSNSにアップしてくださるファンの方も。我々にしかできない個性を求めてくれていることを実感させられます」。

だが、単に“風変わり”というだけで人気をつかんできたわけではない。個性的な商品とともにドムドムならではの強みが、また別のところにある。

ユニークネス②
他店と異なる商圏エリアで勝負

親会社の経営不振にともない2000年以降、右肩下がりに店舗を減らしてもなお、今日まで存続してこれたのはなぜか?

2つめのユニークネスは「商圏」にあり。商圏とはすなわち商売の主要範囲のこと。好立地を主戦場とする他チェーンとは大きく異なる、ドムドムならではのエリアマーケティングに特徴があると藤﨑社長は説く。

「ダイエー時代から駅前の路面店ではなく、フードコートを中心に展開してきました。ほとんどの店舗が商業施設やスーパーと併設しているため、普段からそこを利用するお客様をターゲットにしてきたんです」。

わざわざ行かなくても、買い物の休憩場所として立ち寄れる場所にあるハンバーガーショップ。好立地でなくても勝負できたのは、こうした固定客に支えられてきたことが大きい。

けれど、それではいくら待ち望んでも都市部のアクセスの良いドムドムは、今後も現れないのではないか?

乗降客数や、人の往来といった商圏から出店計画を立てていくのがチェーン店のセオリー。だが、ドムドムの場合はそれだけが出店の判断材料とはならない。藤﨑社長の真意に思わず膝を打った。

「ドムドムを普段づかいしてくださるお客様、ドムドムを好きでいてくださる人たちがいる。そういった方々の“使いやすさ”や“好き”を、波及させていくことを今は最優先にしたいんです」。

足元を固めるまでは、あくまで独自路線。肝が座っていて清々しい。

ユニークネス③
私設「応援団」に「食べ支え」
熱狂的なファンの存在

©2019 NEW STANDARD

私設応援団「ドムドム連合協会(通称:ドム連)」が不定期で発行する応援マガジン「DOMain」。

生活圏内にない人からすれば、名前さえ聞いたことがない弱小チェーン。なのに、熱狂的で根強いファンが多いのもドムドム。3つめのユニークネスは「ファンの存在」だ。

全盛期を知るオールドファンばかりではない。非公式ながらドムドムを勝手に応援する私設ファンクラブの存在、新商品が登場するたびSNSで広報活動をするユーザー、さらには“食べ支え”と称して、食べることで後押しするファンたちもいる。

立地は関係ない。たとえ近隣に店舗がなくても、ドムドムに行くことを週末のアクティビティとして楽しめてしまうのだから。そこに、ポップアップイベントやアパレルブランドとのコラボといった、新たなタッチポイントを通じてドムドムと出会った世代が加わる。

「それこそが誇りであり財産です。ドムドムのブランドを好きになってもらったこと、その積み重ねで50年やってこれたわけですから。どんなことを求めてくださっているか。そこを突き詰めて考えていくことが私の経営理念の根底にあります」。

いまTwitterを埋めるのは、閉店を悲しむ声やノスタルジアばかりではない。熱狂的なファンとドムドムを新鮮に感じる“にわかファン”による新たな融合。ドムドムを愛するファンもまた、逆襲ののろしを上げている。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
今年、創業50周年を迎える日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」。数より個性で勝負するドムドムの戦略と野望を、藤﨑忍社長が語る。
東京に3店舗を展開する「ドムドムハンバーガー」。都心からもっとも近い「イオン赤羽北本通店」には、毎日のように通うお年寄りたちと、他県からもやってくる熱狂的...
今年、創業50周年を迎えた「ドムドムハンバーガー」。2020年、さらなる飛躍を狙うドムドムの次なる一手とは?
かつて全国に400店舗を展開した「ドムドムハンバーガー」の、知られざるあんなこと、こんなこと。
自宅で1日3分で出来る「太もも痩せトレーニング」をご紹介!先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなどで紹介し、人気を集める...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!
「ドムドムハンバーガー」初心者も、往年のファンも、2020年これだけは外せない!「絶対食べておくべき」マストメニューのご紹介。
2020年2月16日、ドムドムハンバーガー × BPMによるたった一日だけのコラボイベント「ドムドムが池尻大橋にやってきた!」を実施。当日の様子がこちら。
他店にはマネできないドムドムの独創的なバーガー。日の目を見ることなく“ボツ”となってしまった商品化NGバーガーに焦点をあてる。
「Everytable」は誰でも簡単にヘルシーな食べ物を食べられるようにするのが目標。そこで、彼らは平均年収によって価格を決める制度を導入しました。
「オーマイグラス」は、プロのスタイリストが250種類のメガネを持って利用者の自宅へ出張する「移動式プライベートメガネサロン」を実施。もちろん、検眼機や度数...
ドムドムバーガーの大ヒット商品、期間限定「丸ごと!!カニバーガー」。食べられるのは今のうち!
ドムドムファンならもちろん、答えられて当然。全問正解できたアナタは生粋の「ドム通」です。それでは、答え合わせ。大量のたまねぎと20種類以上のスパイスを使っ...
カリフォルニアで2店舗を展開する「Eatsa」は、人の代わりにテクノロジーを導入して、注文と受け取りをすべて自動化したファストフード店です。
大手ファストフードチェーン店「ジャック・イン・ザ・ボックス」のキャラクター変更には、世間を揺るがした大事件が関係してた!
スペイン・バレンシアにある人気の日本食チェーン「Kento」。店内は竹や木々を連想させるグリーンとブラウンの配色。飲食スペースの一部は壁一面が窓になってい...
「タクシーの相乗り」について国土交通省が3/31に制度の概要を発表。早ければ2020年の夏にも解禁される考えだという。
バニラのフレーバー付きだからニオイを全く気にしなくていい!ヴァギナのかたちとアンダーヘアについてもまた然り。生理中にしたくなってもOKです。
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
半世紀以上アムステルダムで愛され続けているファストフードチェーン「FEBO」のコロッケ(クロケット)。自販機がズラリと並ぶ店舗で販売されていて、購入は小銭...
日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。
地上から離れ、空に近いところで食べるハンバーガー。これがウマい!って気づいたんです。そんなロケーションと共に大阪のホテルで食べる「とんでもなく特大」なハン...
「ハンバーガー」のイメージが変わる!地上から離れた高い場所で食べるとその印象も味わいもガラリと変化。どれも1000円じゃ食べられないけど、お値段以上の価値...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。