バレンシアで人気の
太陽が降り注ぐ日本食チェーン3号店

スペイン第3の都市バレンシア。地中海を臨むゆったりとした雰囲気が流れる街並みには、美味しそうな海の幸が自慢の飲食店が目につきます。

世界的に人気の日本食ですが、この都市にも人気のチェーン店が存在します。

それが、寿司を中心とした日本食を提供する「Kento」。その3号店が洒落ていると話題になっています。

店内は、古くから日本建築に用いられる竹や木々を連想させるグリーンとブラウンの配色。飲食スペースの一部は壁一面が窓になっていて、バレンシアの太陽に照らされた明るい雰囲気の空間です。

Top image: © 2019 Masquespacio
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメリカで流行る前から、寿司ブリトーを販売していたブラジルの日本食チェーン店「Koni」。
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
バルセロナから地中海に沿って約350km南に、バレンシアという街がある。ヨーロッパを自転車で旅していたとき、この街に立ち寄った。目的は、バレンシア郊外のブ...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
SNSでは、頻繁にミームが作られています。スウェーデンのマクドナルドはそれを利用して、ユーモラスな発表をしました。
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
10月11日、台湾発のドリンクブランド「Milksha(ミルクシャ)」が日本初上陸。東京・青山に日本第1号店をオープンする。
2016年1月6日よりTOKYO MXで放送されている5分アニメ『SUSHI POLICE』のアイデアは、実際に起きた騒動が元になっているそう。WEBサイ...
ここでは、自宅やパーティーなどで外国人を招いた際に気をつけるべき「食」についてご紹介。宗教などによって「何が食べられて、何が食べられないのか」。とくにこれ...
バレンシアに住んでいるカップルは、メインの仕事をしながらも、趣味で建築物とアートを融合させるプロジェクトを進めている。楽しむことを目的にしていたが大手企業...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
イスラエルを旅したら、一度は食べてみたいフュージョンSushiのご紹介!