マックからバレンシアガへ「アンサー投稿」

SNSでは、頻繁にミームがつくられています。スウェーデンのマクドナルドはそれを利用して、ユーモラスな発表をしました。

きっかけとなったのは、2018年夏にBalenciaga(バレンシアガ)が発表したSquare Toe Leather Mulesというシューズ。四角い形をしていた上に赤の配色もあったため、SNSでは「マクドナルドのポテトの箱みたいだ」と盛り上がりをみせた話題の一足。

そして、今年2月6日にスウェーデンのマクドナルドのInstagramアカウントは、ポテトの箱をモチーフとしてつくったシューズを投稿。キャプションには、10万3042件の「いいね!」がついたら実際にこのシューズをリリースすると記載。

目標には遠く及ばない結果となっていますが(スベった!?)、コメントには欲しいという声もちらほら。

欧米企業のソーシャルアカウントって、こういうユーモラスな投稿をするのがイイですよね。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
スペイン・バレンシアにある人気の日本食チェーン「Kento」。店内は竹や木々を連想させるグリーンとブラウンの配色。飲食スペースの一部は壁一面が窓になってい...
ベルギーの「バーガーキング」がSNSに投稿した写真が話題を呼んでいる。写っているのは、店外に設置した広告により大手ハンバーガーチェーンの「マクドナルド」と...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
消費者の求めるものを素早く大量に生産することで知られるマクドナルドが、スウェーデンでは自然保護活動に力を入れているらしいんです。その知見を広げるために必要...
 ロンドンの中心部を通るフリートストリートにあるマクドナルドで、世界初となる「お持ち帰り専用」店舗が誕生した。
オーストリアのマクドナルドの店舗は、アメリカ大使館の相談窓口としてサービスの提供を開始。アメリカ国民に限って、緊急事態の場合に支援を受けられます。
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
12月4日、「フォード」と「マクドナルド」が共同でプロジェクトを進めると発表。その内容は、マクドナルドが提供しているコーヒーの製造過程で出た“コーヒーかす...
12月4日から12日まで、彼らは1セントで「ワッパー」を販売しています。ただし、ちょっと変わった条件があります。お客さんは、マクドナルドの店舗でバーガーキ...
世の中のあらゆるものをランキングで発表する国内最大級のランキングサイト「gooランキング」が「正直一番おいしいMcdonald’s(マクドナルド)のメニュ...
マクドナルドは、イギリス国内にある全店舗で「廃プラスチック」に対する新しい取り組みを発表。9月から、マックフルーリーのふたの提供停止とサラダの容器を「紙製...
イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
死滅の危機に瀕している野生のミツバチを救う施策として、スウェーデンの「McDonald's」が看板広告の裏側に巣箱を設置するプロジェクトを開始した。
世界的なファッションコンペでファイナリストに選ばれた女性デザイナー日原氏が考案する「重力を超えるシューズ」とは......?その才能と発想に世界が注目!
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...