匿名で投稿すると「お坊さん」から回答をもらえるSNSアプリ

どこを見ても「強い言葉」や「強くなるための方法」に溢れ、強くなることを強制されているような世の中で、昔はお寺が担っていたような「ちょっと弱くなっても許される場所」をつくりたい。

そんな想いから「Sion」の開発は始まったという。

Sionは、ユーザーが吐き出した痛みや不安に対して、お坊さんが説法を交えて回答するSNSアプリだ。

既存のSNSにはなかなか書き込みにくい悩みになる前の「モヤモヤ」なども、匿名で書き込むことができる。

そして、ユーザーから投稿された悩みに対して回答できるのは、審査で選ばれ登録されているお坊さんだけ。

ユーザー同士の交流はないので、見知らぬ誰かに誹謗中傷を受けるといった心配もなく、安心して日頃の悩みを吐き出すことができるのだ。

利用方法は簡単。煩悩になぞらえた108文字に思いのたけを綴って投稿するだけ。

鋭意開発中のアプリは、2020年12月上旬リリース予定。なんだか疲れたなあ、と漠然と感じる時、ちょっとした気分転換に使ってみるのも、案外いいかもしれない。

株式会社くうる

【公式ホームページ】https://www.kool.co.jp/

Top image: © iStock.com/Ababsolutum
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

音声SNS「Clubhouse」や次世代SNS「MeWe」など、2021年注目の「新興SNSアプリ」を5つご紹介します。
歩数記録アプリ「スギサポwalk」を通じて、2020年6月末まで無料でさまざまな医療・健康上の疑問や不安を専門医にチャット形式で相談できる。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
「思いっきりメイクやオシャレを楽しめるマスク」を目指して開発された「BDP mask for make up」(税込2,790円/2枚入り)が、3月2日(...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「いいね!」をお金やモノ、サービスに変えることができるSNS「Poplle(ポップル)。6月には、セブンイレブンで使える無料商品引換券と「いいね!」を交換...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
明日3月2日(火)、大阪・北堀江にアースフレンドリーで楽しいブランドを独自にセレクトしたショップ「Fav_Our_Planet(ファヴ・アワ・プラネット)...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。