いいねの意思表示を
お金にできるSNS
「Poplle」がパワーアップ!

自分の投稿についたり、誰かの投稿につけた「いいね!」をお金やモノ、サービスに変えることができるSNS「Poplle(ポップル)」。

アプリがリリースされてから5ヵ月ほどで、ダウンロード数は14万を超え、いまも成長中だ。順調にユーザー数が増える中、最近新たなサービスを連続リリース。

先日は、セブンイレブンで使える無料商品引換券と「いいね!」を交換が可能に。今月の18日からは、自分が獲得した「いいね!」を他のユーザーにプレゼントできる新機能「いいね!ギフト」が追加された。

ただ消化されていくだけだった「いいね!」が、目に見えるカタチに変換され、誰かを喜ばせる基盤となる……今後さらなる広がりとユーザー動向がどうなっていくか楽しみなSNSだ。

Top image: © 2019 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Instagramは11月9日、アメリカでも「いいね数」を非表示にすると発表した。今週からテスト導入が開始される予定だ。さらに、今後使用時間に制限を設ける...
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
東京・墨田区の老舗縫製メーカー「和興」が「和紙の服」を国内初リリース。吸湿性と保湿性を兼ね備え、抗菌と消臭の機能も搭載。環境負荷が少ない循環型の素材として...
9月初旬、米「Facebook」は他人の投稿で見られる「いいね」の件数表示の廃止を検討していると明らかにした。
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
アメリカのジョシュ・ホーリー上院議員が「SNS中毒」を防止する法案を連邦議会に提出した。
大切なのは「上手に使うこと」。なんて、もう聞き飽きてしまった人も多いでしょう。けれど、SNSの闇に飲まれてしまう危険性は誰もが抱えていること。スタンフォー...
世界中で愛され続ける「Barbie(バービー)」に、「白斑」のバービーやロングヘアのケンが登場。多様性や個性を反映させたスタイルが美しい!
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
「SNS」の愛称で知られるストックホルム発のスニーカーショップ「Sneakersnstuff(スニーカーズエンスタッフ) 」が12月14日に日本初上陸。世...
アメリカのビール醸造会社「MillerCoors(ミラークアーズ)」のブランド「Miller Lite(ミラー・ライト)」が動画を公開し、「数千人のフォロ...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
今月11日にリリースされた「entr!(エントリ)」は、今の時代に即したオーディションアプリ。「プロダクションに所属しなければならない」 という固定概念を...
来月3月12日〜14日の3日間、「渋谷ストリーム」で開催される「LIFE TUNING DAYS YOGA & WELLNESS」にて、無料でメディテーシ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「SKY」と名づけられたこのライト、パネルを組み合わせたりアプリを利用したりすることで(SiriやAlexa、Google アシスタントでもOK!)、図柄...
SNSにアップする過激な画像や文章が話題となり、10代を中心に絶大な支持を受ける「BLACK BRAIN Clothing」(BBC)のディレクター・iL...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
「株式会社ユキヤマ」が運営するスキー場情報アプリ「yukiyama」がフルリニューアルを。デジタルマップはもちろん、ゲレンデ状況やコースの確認、GPS機能...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...