SNSで確実に「いいね」がもらえる方法に、怒りがこみ上げてくる。

InstagramやFacebookで公開した写真に、いいねがたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。

けれど、SAIHが紹介する「いいね数を増やすために行動する女の子」のアニメーションをみて、ちょっと考えたくなってしまいました。客観的に見ると女の子の行動は、“やりすぎ感”があるんだけど、どうも他人事とは思えない人もいるのではないでしょうか?

SNSで、
「承認欲求」を満たすために

「人生とは冒険なり」

「本物のヒーローにマントはいらない」

「とても貴重な毎日」

SNSのあちこちで輝かしい姿が。しかも、みんな「いいね」がたくさんついている。

なのに私の写真は、たったこれだけ。

どうやったら、「いいね」が増えるのか考えた結果が……。

「いいね」を求め、アフリカへ

周りはみんな寝ているけれど、とりあえずパシャッ。

「アフリカ到着!」

道で少年を発見。

まずは、カメラをかまえて。

チョコレートを掲げてから、自分と少年の笑顔をパシャッ。この写真のコメントに「勇敢な天使たち」とつけたら、なかなかいい写真になった。

現地の子どもたちにお菓子を渡して。

はい、ポーズ!

さらに、写真を撮り続ける。

「運動より大切なものとは?知識なり!」

「私は、自分にできることをしているだけ」

でも、これが真実。

「いいね数」を増やす、
確実な方法とは?

困難があれば「いいね」は2倍になる。それと、ハッシュタグは必ず忘れないこと。

#Nostereotypes (思い込みはダメ)

本当になりたい自分

SNSで輝かしく見える写真を公開する人々に影響されて、アフリカへ旅立った女の子。結果、「うわっつら」だけの写真でたくさんのいいねを集めることができました。

動画の内容はかなり極端なもの。だけど、身近な問題な気がするのは私だけでしょうか?どんなに美しい姿の写真で、どんなに評価されていても“真実の姿”はわかりませんから。自分は何を信じて、どんな姿を目指すのか。この動画をキッカケに、じっくりと考えてみるのもいいかもしれませんね。

最後に、1分27秒ほどの動画を、改めてどうぞ。

Licensed material used with permission by SAIH
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...