SNSで確実に「いいね」がもらえる方法に、怒りがこみ上げてくる。

InstagramやFacebookで公開した写真に、いいねがたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。

けれど、SAIHが紹介する「いいね数を増やすために行動する女の子」のアニメーションをみて、ちょっと考えたくなってしまいました。客観的に見ると女の子の行動は、“やりすぎ感”があるんだけど、どうも他人事とは思えない人もいるのではないでしょうか?

SNSで、
「承認欲求」を満たすために

6422b912ec85d04d3bdc2a31a6e57a04f13da9fc

「人生とは冒険なり」

Cb3ae4fd48c7f811533f6716fb30df6256832058

「本物のヒーローにマントはいらない」

61effc020b8821a7263c6ca1facce1ebf0b32fd7

「とても貴重な毎日」

664f31cb6f5ca0e2647fdd578fa1f50a712c976b

SNSのあちこちで輝かしい姿が。しかも、みんな「いいね」がたくさんついている。

なのに私の写真は、たったこれだけ。

94e9d8d4b609f8c736c4cbb9ebc6cdaf6ae52bef

どうやったら、「いいね」が増えるのか考えた結果が……。

「いいね」を求め、アフリカへ

Dace8d73d4433577c5f4207037e99f46d994d049

周りはみんな寝ているけれど、とりあえずパシャッ。

F572eb7aecfc4ed56670e28848a24a79e04771cd

「アフリカ到着!」

B6ae02f6e8fc322f06d9b8a8487b10cb7f0b01ab

道で少年を発見。

D30cd4601b44b64b054243afd6ea07ff7722e0c7

まずは、カメラをかまえて。

Ce9e09e296cb59de31b012205e8d5c1d29d5eb3d

チョコレートを掲げてから、自分と少年の笑顔をパシャッ。この写真のコメントに「勇敢な天使たち」とつけたら、なかなかいい写真になった。

94561cd0bc88b438cd337874c7c3bcc120d0ef0d

現地の子どもたちにお菓子を渡して。

53ef9752c6a6cfc3a277b2cd8b23f9b53b6850fa

はい、ポーズ!

さらに、写真を撮り続ける。

0b08e5d971bcbc84d07d2c7006272a46693cae49

「運動より大切なものとは?知識なり!」

00035bc1e23cf32eb03c75f8cd36a4384848607b

「私は、自分にできることをしているだけ」

E0e20165190cfe8e400cfa88ead8e9ba3e22486c

でも、これが真実。

「いいね数」を増やす、
確実な方法とは?

2d9d0aa4756813ab62ae87187821e1fa7724ccdd

困難があれば「いいね」は2倍になる。それと、ハッシュタグは必ず忘れないこと。

041b9528b7a93b01f5c8360f73fae92e0215c81e

#Nostereotypes (思い込みはダメ)

本当になりたい自分

SNSで輝かしく見える写真を公開する人々に影響されて、アフリカへ旅立った女の子。結果、「うわっつら」だけの写真でたくさんのいいねを集めることができました。

動画の内容はかなり極端なもの。だけど、身近な問題な気がするのは私だけでしょうか?どんなに美しい姿の写真で、どんなに評価されていても“真実の姿”はわかりませんから。自分は何を信じて、どんな姿を目指すのか。この動画をキッカケに、じっくりと考えてみるのもいいかもしれませんね。

最後に、1分27秒ほどの動画を、改めてどうぞ。

Licensed material used with permission by SAIH
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
大切なのは「上手に使うこと」。なんて、もう聞き飽きてしまった人も多いでしょう。けれど、SNSの闇に飲まれてしまう危険性は誰もが抱えていること。スタンフォー...
ここで紹介するのは、2015年の2月に「Elite Daily」で公開された、Miranda Athanasiouさんの記事。「SNSが普及して、当たり前...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
SNSにアップする過激な画像や文章が話題となり、10代を中心に絶大な支持を受ける「BLACK BRAIN Clothing」(BBC)のディレクター・iL...
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。
“Facebookページにいいね!してくれたら、一杯無料”。そんなコーヒーショップが目の前にあったら…、何の気なしにアクションしちゃうかも。でも、そこから...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
最近、怒ったこと、怒りを覚えたことってどんなことでしょう? 次に書かれた出来事がもし起こったら、どのくらい怒りに燃えるか、0〜10の11段階で点数をつけ...
旅先から絵葉書を送るのって正直面倒。とはいえSNSで写真を送るだけって、どこか味気ない気がします。そんな人にぴったりなのが、SNSと絵葉書のいいとこ取りが...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
Dima Yarovinskyさんは、“SNSの利用規約”を一般的に使われている契約書のようにして、「I AGREE」というアートを作りました。
就活がうまくいかないこと、でも諦めないことをLinkedInに投稿したJasmine Pakさん。この投稿がLinkedInのCEOの目に止まり、多くのシ...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。