Instagramの利用規約、きちんと読んだら恐ろしいことに

“SNSの利用規約”を一般的に使われている契約書のようにして、「I AGREE」というアートを作ったDima Yarovinskyさん。

その際に彼は文字数もカウントして、読み終えるまでにどれくらいの時間がかかるのかも割り出したそう。

平均にして「約1時間」かかる

©Dima Yarovinsky

Dimaさんがアートを作るうえで調べたのは、WhatsAppとGoogle、Tinder、Twitter、Facebook、Snapchat、Instagramの7つ。

これらの利用規約には、平均にすると11,972単語が使われていたとのこと。英語で書かれているから日本語とは多少の誤差が生まれるかもしれないが、1分間に約200単語を読めるとしたら、これは約1時間かけてやっと読み終わる文章量らしい。

ちなみに、一番長かったのはInstagramの利用規約で、なんと1時間26分もかかる計算だ。長い。長すぎる。

©Dima Yarovinsky

Dimaさんは自身の作品を通して、「僕たちが大きな企業に対して、いかに小さくて無力な存在であるか」を示したかったと教えてくれた。

知らない間に不利益を受けるのはイヤだから気をつけようと思うけど、企業側にももう少し分かりやすい説明をしてほしい。利用規約をしっかりと読まないユーザーに責任があると言われそうだが……。

Top Photo by Dima Yarovinsky
Licensed material used with permission by Dima Yarovinsky, Visualizing Knowledge 2018
アメリカの旅行保険会社「Squaremouth」は隠れて、「Pays to Read」というキャンペーンを実施。最後までちゃんと利用規約を読んだ人に1万ド...
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
アメリカのジョシュ・ホーリー上院議員が「SNS中毒」を防止する法案を連邦議会に提出した。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
荒川リンジーがInstagramを使う理由とは?フィルム写真が趣味で、日常を切り取った写真の上にいま感じていることを書いてInstagramに投稿したとこ...
Instagramは11月9日、アメリカでも「いいね数」を非表示にすると発表した。今週からテスト導入が開始される予定だ。さらに、今後使用時間に制限を設ける...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
さまざまな社会問題を、ポップで奇抜な「デザイン」と顔から離脱した口元に書かれている「シンプルな主張」によってオーディエンスに訴えかけるアート作品が話題。
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
12月4日、「Instagram」が新規アカウントを作成する際に「生年月日」の登録を義務付けると発表した。
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
10月20日、「ゼネラル・モーターズ」が「HUMMER」ブランドの電動自動車「HUMMER EV」を発表した。
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
彫刻アートを通して社会問題についてうったえてきた、オーストリアの彫刻家、Erwin Wurm。彼の新しいアート・プロジェクトがブルックリンで開催されている。
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
シンガポール在住メリッサさんのInstagramアカウントでは、各国のグルメと観光スポットを掛け合わせた写真が投稿されています。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。