私が「Instagram」を使う理由

Lindsay Arakawa(荒川リンジー)
ハワイ出身の荒川リンジーです。以前はNYCに住んでRefinery29でSNSストラテジストとして働いてました。現在は東京に住み、SNSストラテジストとして働き、またアーティストとして創作活動をしています。犬が大好き。最近覚えた日本語は『ほんやくこんにゃく』。Instagram:@blindsaay

初めてInstagramのアカウントを作ったのは2010年のこと。

写真アルバムとして使っていたFacebookに飽き始めていた私と友達は、加工して投稿するInstagramへ移行した。

アメリカでInstagramはどんどん人気になり、オシャレな食事、旅行、日常のことやライフスタイルにまつわる写真をあげるための”場所”になった。

日常の中でいわゆる “インスタ映え”、キラキラした瞬間をより意識するようになった一方、インスタの中の私たちの生活は洗練されすぎていて、ちょっぴり不自然だなとも感じていた。

2015年のはじめに、Instagramの捉え方が変化し始めた。

相変わらず”映え”な写真ばかりで不自然であることに変わりはないけど、私の同僚や私がフォローしていた人たちは、Instagramというプラットフォームに違う目的を見出していた。

個人が抱えている不安、容姿へのポジティブな考えやメンタルヘルスの大切さといった、親近感や共感が生まれる、非常にパーソナルなトピックスや体験談の投稿が増えた。

お洒落なアボカドトーストの写真から、より意味や深さを感じるストーリーを持つものへ。Instagramは私たちにとって互いに励ましあったり、支え合うコミュニティのような場所に変わっていき、@subliming.jpg@werenotreallystrangers のようなアカウントが注目され始めた。

ある日、私はパリ旅行の古い写真の上に、私が感じたことを書き留めた。

すると、「エモい」「私がいま欲しかった言葉」などと投稿にコメントが来るようになった。私は思った。

「私が感じていること、そしてそこから出てくる言葉が、私の、そして誰かの支えになっている」

以下は私が実際に投稿した内容の中でも特に気に入っているもの。

みんなが共感できるものがあるかも!

“Don’t let your fears of hypothetical outcomes allow you to abandon your dreams.”

未来を恐れてたら、夢なんて叶わないぞ!

© Lindsay Arakawa

Your purpose in life is to find your purpose and to give your whole heart and soul to it.

(人生の目的は、自分の目的を見つけること。
それには人生のすべてをかけることだ。)

© Lindsay Arakawa

“The challenge is to live freely, as though we will live forever, and yet gratefully, as though life could end at any time.” (Source: Headspace)

自由に生きよう、終わりのない人生を。

突然人生が終わりをつげても悔いのないように1日1日を大切に生きよう。)

© Lindsay Arakawa

“If nothing else, some people teach you how not to be.”(Source:@mantramagazine)

(他人のふり見て、我が振り直せ。)

© Lindsay Arakawa

“Trying something new is always a little scary.”

(挑戦には、恐怖がつきものだ。)

© Lindsay Arakawa

他人の投稿を眺めているときも、投稿をしているときも、Instagramは私の心の「小さな避難所」のように感じている。

私は、視覚と言葉を通して、Instagramを私の感情の出口として使うことで心がラクになった。クリエイティブな手法で日々の感情を処理することができるだけでなく、それが誰かの心の支えになったことも。

だから私は、今でもInstagramを使っている。

Top image: © Lindsay Arakawa

関連する記事

身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
シンガポール在住メリッサさんのInstagramアカウントでは、各国のグルメと観光スポットを掛け合わせた写真が投稿されています。
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
おもしろいInstagramのアカウントを見つけました。
タルトばっかりを投稿しているInstagramアカウント「@lokokitchen」を見つけました。
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。
SNSをニュースソースとして扱う人々が増えるなか、「ロイタージャーナリズム研究所」の「Digital News Report 2020」では、2021年、...
「Instagram」のアップデートにより、プロフィールやストーリーズから料理の注文が可能に。利用者も飲食店の情報をシェアすることで、その店のサポートでき...
新型コロナウイルスの蔓延に伴い、「ルーヴル美術館」は、美術館で公開されている作品およびフランス北部の保存施設に所蔵されているすべての作品にあたる約48万2...
Dima Yarovinskyさんは、“SNSの利用規約”を一般的に使われている契約書のようにして、「I AGREE」というアートを作りました。
飲食店即時予約サービス「TABLE REQUEST(テーブルリクエスト)」がInstagram上で即時予約できる新たなサービスの提供を10月12日より開始した。
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
「Facebook」が同社のアプリ「Instagram」の軽量版アプリとなる「Instagram Lite」を一部の国へ向けて配信することを発表した。
「オンリー・ミー」なInstagramアカウントを紹介します
「Unnecessary Inventions」というInstagramアカウントの紹介。名前の通り、不必要な発明品……あっても使わないだろうモノがフィー...
心理学と機械学習の計算社会学での研究により、Instagramの投稿写真からうつ病の傾向が判明した。166人の研究対象(うつ病患者とそうでない人)との投稿...
ウクライナの広告会社「TABASCO」は、「ウクライナ保健省」と「赤十字」とタッグを組み、慣れない在宅ワークで肩や首がガチガチの人に向けたInstagra...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
トランスポーター(移動手段)としての車には、もう多くの人の興味が失われているとおもう。誰もが車をもてる時代をへて、今はカーシェアリングなんてあたりまえ。U...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。