他のSNSも後を追うか?インスタの「いじめ撃退作戦」

特定の誰かをターゲットにして、SNS上でバカにしたり非難したりする“ネットいじめ”は、世界各国が抱えている社会問題の1つ。

10月9日、Instagramがこうした問題を解消するためにAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。投稿されている写真とキャプションの内容から、AIがいじめの有無を判断し、スタッフに報告するそう。ユーザーからのレポートだけでなく、運営側もネガティブな投稿を取り除くように働きかけるみたい。

若い世代にユーザーの多いInstagramがいじめをなくそうとしていることに意味があるのかもしれませんね。FacebookやSnapchat、Twitterなどの他のSNSは、どのような動きを見せるのでしょうか。

Top image: © iStock.com/ClarkandCompany

60秒以内で読める記事だけ。
World Topics」で世界の“今”を知ろう!

60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
イギリスでは今年9月の新年度に学校へ戻る子どもたちは約1,000万人にものぼる。驚くべきことは、その半数以上がいじめられる可能性があるということ。この状況...
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
カナダの小学生Xander Rose君は、同級生から服を剥ぎ取られるなど、酷いいじめを受けていました。お母さんが学校に連絡してなんとか解決策を探ろうとする...
生まれつき全身にホクロがあるEvita Delmundo(20)さんは、見た目が原因でいじめを受けていました。これまでずっと自分に自信がなかったということ...
アメリカに住む12歳のエヴァは、妹がいじめにあってると知ったとき、ステキな招待状をいじめっ子に用意しました。その内容を、この姉妹のベビーシッターがTwit...
小学校へ通学せず、自宅学習という方法を選んだ、10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くん。学校でいじめにあっても負けることなく、その小さいカラダからは想像で...
「巨人がきたら、かけがえのないものが、跡形もなくなるの」大人になれば、悩みごとも困ったことも、すこしは誰かに上手く伝えられるものかもしれない。
「肌が黒い」という理由だけでいじめを受けたという、LAに住むKheris Rogersちゃん。最初は泣いて落ち込んでいた彼女ですが、なんと自分のブランドを...
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
多くのメディアに取り上げられ、一躍脚光を浴びた白斑のモデル、ウィニー・ハーロウ。彼女にインスパイアされたというKay Blackさんは、白斑の人形を作った...
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
おもしろいインスタのアカウントを見つけました。
大切なのは「上手に使うこと」。なんて、もう聞き飽きてしまった人も多いでしょう。けれど、SNSの闇に飲まれてしまう危険性は誰もが抱えていること。スタンフォー...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
Dima Yarovinskyさんは、“SNSの利用規約”を一般的に使われている契約書のようにして、「I AGREE」というアートを作りました。
『DOIY』が売り出したこのアイテムは、Instagramビジネスを始めたい、ビギナーの人にはとくに使えるアイテムのように思う。このBOXはインスタで、「...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
Mambotattooerさんのインスタに載っている作品は、ポップなものばかり。
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。