他のSNSも後を追うか?Instagramの「いじめ撃退作戦」

特定の誰かをターゲットにして、SNS上でバカにしたり非難したりする“ネットいじめ”は、世界各国が抱えている社会問題の1つ。

10月9日、Instagramがこうした問題を解消するためにAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。投稿されている写真とキャプションの内容から、AIがいじめの有無を判断し、スタッフに報告するそう。ユーザーからのレポートだけでなく、運営側もネガティブな投稿を取り除くように働きかけるみたい。

若い世代にユーザーの多いInstagramがいじめをなくそうとしていることに意味があるのかもしれませんね。FacebookやSnapchat、Twitterなどの他のSNSは、どのような動きを見せるのでしょうか。

Top image: © iStock.com/ClarkandCompany
他の記事を見る
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
タルトばっかりを投稿しているInstagramアカウント「@lokokitchen」を見つけました。
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
おもしろいInstagramのアカウントを見つけました。
シンガポール在住メリッサさんのInstagramアカウントでは、各国のグルメと観光スポットを掛け合わせた写真が投稿されています。
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
イギリスでは今年9月の新年度に学校へ戻る子どもたちは約1,000万人にものぼる。驚くべきことは、その半数以上がいじめられる可能性があるということ。この状況...
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
カナダの小学生Xander Rose君は、同級生から服を剥ぎ取られるなど、酷いいじめを受けていました。お母さんが学校に連絡してなんとか解決策を探ろうとする...
生まれつき全身にホクロがあるEvita Delmundo(20)さんは、見た目が原因でいじめを受けていました。これまでずっと自分に自信がなかったということ...
「オンリー・ミー」なInstagramアカウントを紹介します
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
アメリカに住む12歳のエヴァは、妹がいじめにあってると知ったとき、ステキな招待状をいじめっ子に用意しました。その内容を、この姉妹のベビーシッターがTwit...