セレブが「いじめ経験」をシェア。いじめられっ子に心で寄り添う。

イギリスでは9月に新年度が始まる。夏休みを終えた子どもたちが学校へ戻るこの時期に合わせて、NPO団体「AntiBullyingPro」が、いじめられっ子たちを守るためにSNSである小さなムーブメントを起こした。

「1人じゃないよ」
子ども時代の写真をシェア

「小さい頃のわたし。あなたの写真も見せて?」

「見つけた!他には誰が投稿してくれるかな?」

「誰かのせいで、君が君らしくいることを諦めちゃいけない!」

紹介したTwitter投稿は、どれも大人が自らの子ども時代の写真を探してシェアしたもの。どの写真にも#Back2Schoolというハッシュタグが付いていることはお気づきだろうか?

AntiBullyingProによると、イギリスでは新年度に合わせて約1,000万人の子どもたちが学校へ戻り、半数以上がいじめを受ける可能性があるという。子どもたちをどうにかサポートできる方法はないかと考えられて行ったということだ。

セレブも「いじめ体験」を語る

同団体のWEBサイトでは、セレブや有名人が自分達のいじめ体験をシェアしている。例えば二世セレブとして知られるホリー・ブランソンは、やんちゃだった子ども時代を振り返る。

「お転婆だった私は、同級生にいじめられました。でも、家族と先生とすぐ話すことができて止めさせることができた。もし、あなたが味方なんて誰もいないと感じたとしても、相談にのってくれる人は必ずいるはずです」

今や成功者として輝いて見える彼女の言葉は、当事者である子どもたちにきっと、勇気と驚きと共に届くだろう。今が辛かったとしてもその先には未来がある、と。

Licensed material used with permission by AntiBullyingPro
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。
アメリカに住む12歳のエヴァは、妹がいじめにあってると知ったとき、ステキな招待状をいじめっ子に用意しました。その内容を、この姉妹のベビーシッターがTwit...
カナダの小学生Xander Rose君は、同級生から服を剥ぎ取られるなど、酷いいじめを受けていました。お母さんが学校に連絡してなんとか解決策を探ろうとする...
「個性」と「進化」を磨き続ける2つのブランド「ニューバランス×フランク ミュラー」から生まれたスニーカー「CM996」が金と銀、各色996足限定で登場。
「カーシェア」について、レンタカーとの違いやメリット・デメリット、おすすめのカーシェアサービスまで、網羅的に解説。
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
10代(ティーン)たちが経験する悩みや相談、そして楽しい出来事などを募集し、短編アニメーションにするstorybooth。ティーンたちが送った音声録音を元...
小学校へ通学せず、自宅学習という方法を選んだ、10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くん。学校でいじめにあっても負けることなく、その小さいカラダからは想像で...
スマホのスワイプ動作のようにカードの出し入れができるミニマルウォレットが登場。「決済はカード派」というアナタにこそオススメしたい一品だ。
ここで紹介する「Social Balconies」は、隣の部屋などとバルコニーをつなげて、いろんな人との会話が生まれるように設計されています。
本日、2月の最終水曜日は“ピンクシャツ”を着用して“いじめ反対運動”を行う『ピンクシャツデー』。2007年に1つの学校からカナダ人学生2人によって始まった...
生まれつき全身にホクロがあるEvita Delmundo(20)さんは、見た目が原因でいじめを受けていました。これまでずっと自分に自信がなかったということ...
「肌が黒い」という理由だけでいじめを受けたという、LAに住むKheris Rogersちゃん。最初は泣いて落ち込んでいた彼女ですが、なんと自分のブランドを...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
クリスマスに子どもたちに本を届けるプロジェクト『ブックサンタ2020』が、本を寄付してくれるサンタさんを募集中!
「タイムタイマーオリジナル」がリニューアルして登場。基本的なスペックはそのままに、数字と余白が大きくなって見やすさがUP。忙しい朝や、タイムリミットのある...
学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
「Retaff」は、人員過剰の企業から人手不足の企業へ一時的な雇用の移動を可能にした従業員シェアサービス。雇用ニーズが回復すれば元の職に復帰することもできる。
卒業しても何年も経っているのに、学校の夢をみることがあるーーこれは多くの大人が経験したことがあるのでは? ここでは、そんな「学校の夢」に秘められた無意識か...
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
今や誰でもいつでもどこからでも、世界と繋がれる時代。ほぼ全員がその場で写真を撮って世界中にシェアすることができるし、かつ当たり前に行われるご時世。そんな中...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...