「いじめの恐ろしさ」を理解してほしい とある先生の「2つのリンゴ」を使った授業が素晴らしい

イギリスのとある先生がFacebookで紹介した、2つのリンゴを使った授業が話題になっています。いったい、どんな内容だったのでしょうか。

片方のリンゴには
悪口を

先生は教壇に立つと、ふたつのリンゴを取り出しました。そして突然、その片方に罵詈雑言を浴びせ始めたのです。「色が悪いし、まずそうだし、茎が短いし、こんなリンゴは大嫌いだ」と。ひとしきりリンゴを罵ったあと、生徒たちにも同じことをするように言いました。

子供たちは戸惑いながらも、リンゴに心ない言葉を浴びせては、後ろの席に手渡していきました。

もう片方には
綺麗な言葉を

先生はもうひとつのリンゴを手にして言いました。「こっちには、綺麗な言葉をかけてあげましょう」。そして同じようにリンゴは教室を一周しました。

さっきと違うのは、全員がリンゴを褒めちぎったことです。

そして、ふたつのリンゴを
切ってみると…

罵られたリンゴと、褒められたリンゴ。

先生はナイフを取り出し、2つのリンゴを半分に切りました。すると、褒められたリンゴは中身が綺麗なのに、罵られたリンゴはぐちゃぐちゃになっていたのです。

言葉の暴力は
静かに心を傷つける

じつは先生は子供達に「いじめの恐ろしさ」を教えるため、片方のリンゴを事前に何度も落とし、痛めておいたそうです。

子供達は、直感的に先生が伝えたかったことを理解したようでした。いじめられている子は、外から見ると平気に見えるかもしれない。でも心の中はぐちゃぐちゃになるほど傷ついているのだ、と。

言葉の暴力が与えるダメージは、外から見ているだけでは、わからないのです。

Facebook上でも、さまざまな感想が集まっていました。

「今の世界を生きる若い世代にとって、とても大切なメッセージだと思う。子供だけじゃなくて、親にも知って欲しいな」

「子供たちは絶対にこの授業を忘れないと思う」

「私もいじめられていたけど、誰にも言えませんでした。このボロボロになったリンゴは、私そのものです」

Licensed material used with permission by Relax Kids Tamworth
リンゴだけでもかなりの種類があるよ!というメッセージを伝えるべく、150種類以上のリンゴを展示しました。
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。
同国のカルチャー誌「The Atlantic」によれば、彼らは授業中に紙を回す代わりに、Google ドキュメントを使っているといいます。
何も知らされないまま友人に連れてこられた学校の教室。そこへ家族が“先生”と­なって現れ、これまでの人生を振り返りながら、想いや感謝の気持ちを授業として発表...
オランダのある中学校の授業風景が「刺激的すぎる」とFacebookやYouTubeを通じて話題沸騰。生物学の先生が、生徒たちに人体の構造を教えるため、驚き...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
今からまだそんなに遠くない未来のお話。日本全国から選り抜きの「不幸な高校生」ばかりが集められた「私立不限高校(通称:フコウ)」が設立された。いじめや貧困、...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
五百田達成さんによる実用エンタメ小説『アラン先生と不幸な8人』は、日本中から集められた不幸な高校生が、『幸福論』の著者・アランの化身である亜蘭幸男(あらん...
成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
バージニア州の小学校「William Marvin Bass Elementary School」では、地理や生物などを学ぶ授業でVRゴーグルが配られ、生...
カナダの小学生Xander Rose君は、同級生から服を剥ぎ取られるなど、酷いいじめを受けていました。お母さんが学校に連絡してなんとか解決策を探ろうとする...
煮ても焼いてもおいしいフルーツのひとつに「リンゴ」があります。ただ、ひと口にリンゴと言っても、その種類はさまざま。収穫の始まる9月ごろからが旬といわれます...
イケメンの先生がいる。それだけで学校に行くのが楽しかったのは昔の話。なぜか、先生がカッコイイというだけで、その教科の成績がよくなったな〜。今回、紹介するR...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
個性的な先生の話って、学校の思い出を語る時に欠かせません。いざ振り返ると、みんな一生懸命頭をひねって、学校生活が楽しくなるように工夫してくれていたんだな、...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...