やりがいのない仕事が、人生の一番になったとき。

楽しいことが楽しくない。いつの間にか会社に行くだけの毎日。

わたしは、明らかにおかしな上司や職場環境のよくない会社に勤めていたことがあります。はじめは、やる気に満ちていましたが、その会社で働くうちに、いつの間にかやりがいを忘れてしまっていたことがあるんです。あの頃は、必死すぎて、自分がどういう状況なのか冷静に理解できないくらい「闇」に染まっていたような気がします。

スーツが「喪服」のように見えてしまうサラリーマンのイラストを見ていると、仕事とは人生において何なのだろう。そう思わずにはいられません。

「闇」を感じてしまうイラストですが、作者であるPeter Ravnさんはこう言っています。

 

「もっと従業員の生活や安全が保証される社会になりますように」

 

この絵には、そんな願いが込められているのです。

 

Licensed material used with permission by Peter Ravn