やりがいのない仕事が、人生の一番になったとき。

楽しいことが楽しくない。いつの間にか会社に行くだけの毎日。

わたしは、明らかにおかしな上司や職場環境のよくない会社に勤めていたことがあります。はじめは、やる気に満ちていましたが、その会社で働くうちに、いつの間にかやりがいを忘れてしまっていたことがあるんです。あの頃は、必死すぎて、自分がどういう状況なのか冷静に理解できないくらい「闇」に染まっていたような気がします。

スーツが「喪服」のように見えてしまうサラリーマンのイラストを見ていると、仕事とは人生において何なのだろう。そう思わずにはいられません。

「闇」を感じてしまうイラストですが、作者であるPeter Ravnさんはこう言っています。

 

「もっと従業員の生活や安全が保証される社会になりますように」

 

この絵には、そんな願いが込められているのです。

 

Licensed material used with permission by Peter Ravn
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
「The School of Life」の動画は、「やりがいのある仕事とは何か?」や「どうやって意義を見出すのか?」を考え直す機会を提供してくれます。参考...
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「ワクワクするバスグッズ」を3つ紹介。バスボム手作りキット...
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
毎日決まった仕事をこなしていると、慣れてしまうせいか、当初のワクワクを忘れてしまいがちです。やりがいを感じないまま仕事をしていると、「果たしてこのまま続け...
世界一、大変な仕事は何?と聞かれて、あなたはなんと答えますか。政治家・医師・弁護士・プログラマー……。私の頭の中にあらゆる職業が思い浮かんだ。が、Nath...
カナダの小学生Xander Rose君は、同級生から服を剥ぎ取られるなど、酷いいじめを受けていました。お母さんが学校に連絡してなんとか解決策を探ろうとする...
仕事がまったく楽しくない。上司にはガミガミ怒られてばかり。ロボットのようにタスクをこなすだけの毎日。そんな悩みに苦しんでいるとしたら、今の仕事は「辞めどき...
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
小学校へ通学せず、自宅学習という方法を選んだ、10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くん。学校でいじめにあっても負けることなく、その小さいカラダからは想像で...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
生まれつき全身にホクロがあるEvita Delmundo(20)さんは、見た目が原因でいじめを受けていました。これまでずっと自分に自信がなかったということ...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
アメリカに住む12歳のエヴァは、妹がいじめにあってると知ったとき、ステキな招待状をいじめっ子に用意しました。その内容を、この姉妹のベビーシッターがTwit...
アメリカのロックバンドのOK Goの新曲と、そのMVが公開された。エッセンシャルワーカーを讃えた『All Together Now』は、作詞からレコーディ...
「メルカリ」が、モノにまつわるストーリーを通じてモノの価値を伝えるべく「モノ×物語」をテーマにした短編小説を公式Twitterにて公開。
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
旅には、人生が凝縮されています。
本日、2月の最終水曜日は“ピンクシャツ”を着用して“いじめ反対運動”を行う『ピンクシャツデー』。2007年に1つの学校からカナダ人学生2人によって始まった...
4月20日に発売されたばかりの『人生やらなくていいリスト』の著者である四角大輔さんは、元大手レコード会社勤務のアーティストプロデューサー。本書では、彼のサ...
イギリスでは今年9月の新年度に学校へ戻る子どもたちは約1,000万人にものぼる。驚くべきことは、その半数以上がいじめられる可能性があるということ。この状況...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。