先生が授業前に描く今日の一枚『PICTURE OF THE DAY』

個性的な先生の話って、学校の思い出を語る時に欠かせません。いざ振り返ると、みんな一生懸命頭をひねって、学校生活が楽しくなるように工夫してくれていたんだな、と思うことも。

海外のとある高校に、教室のホワイトボードに毎日イラストを描き続ける教師がいました。絵は、ストーリー性が感じられて楽しいものばかり。本人のコメントと、その画像を一部紹介します。

「私は高校で歴史を教えています。毎日8時15分、1時間目の授業が始まる前に、5~20分くらいでカンタンな絵を描いていました。引き出しに困ることもありましたが、生徒たちのアドバイスを取り入れたり、パッと思い浮かんだ変なものを絵にしていました。みんなが楽しめて、話のタネになったり、シンプルに笑顔になってくれたらいいなって思ったんです」。

01.

02.

“さよなら”。

THE LESSER SPOTTED WREN
ステータス:絶滅(自選)

THE BAVARIAN FLICKER
ステータス:繁殖中

THE DEWEY HORNBILL
ステータス:OK

未知の生物が科学界に仲間入り…。

03.

マーク・ロスコ風。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ風。

04.

05.

06.

07.

08.

”おかえりなさい(学校に)。”

最後の1枚は、長期休業のあとに描いたものでしょうか。単発のものから、短編・長編まで様々で、毎日教室に入るのが楽しみになりそうですよね。

その他にもたくさんの絵が公開されています。気になった人はコチラからチェックしてみて!

Licensed material used with permission by jmayne
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
「講談社」が運営する文芸ニュースサイト「TREE」にて、5月1日より著名作家による無料連載「Day to Day」がスタートした。
「HAPPY DAY TRIP」と名付けられた九十九里でのイベント。彼らが手づくりする"ハッピー"って何だろう?どんな形で発信されているのだろう?それを探...
新たに日本産ゴキブリに加わったこの2種、どちらもあの忌々しい姿からは想像もつかないほど、美しいじゃないか!
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
4人の女性シンガーで構成されたボーカルグループ、Women of the World。リーダーとして活躍する植田あゆみさんは、生粋の日本人だ。Women ...
オランダのある中学校の授業風景が「刺激的すぎる」とFacebookやYouTubeを通じて話題沸騰。生物学の先生が、生徒たちに人体の構造を教えるため、驚き...
同国のカルチャー誌「The Atlantic」によれば、彼らは授業中に紙を回す代わりに、Google ドキュメントを使っているといいます。
成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...
「パンツ」って、値段も大きさも、使い勝手的にもプレゼントにモッテコイだと思いませんか?なぜか「ちょっと変なもの」をもらっても、嬉しくなっちゃうのもいいとこ...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
「ARCTIC BLUE GIN」は、蒸留酒のナンバーワンを決める「THE SPRIT OF THE YEAR 2018」で頂点に輝いたフィンランド発のク...
= HAPPY NUTS DAY = スケーターが手掛ける3ヶ月で3万個売れたピーナッツバター
今からまだそんなに遠くない未来のお話。日本全国から選り抜きの「不幸な高校生」ばかりが集められた「私立不限高校(通称:フコウ)」が設立された。いじめや貧困、...
「ドームコンフォーター」は、シリコンバレーの最先端の睡眠医学に基づく革新的な睡眠グッズ。『スタンフォード式最高の睡眠』の著者で睡眠研究の第一人者でもある西...
新型コロナウイルスの影響で、2020年は世界的に献血が不足しているという。そこで、チェコの「赤十字社」が献血を促す啓発動画を公開
「THE NORTH FACE」からマタニティウェア第二弾が発売される。
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「TENT」です。
五百田達成さんによる実用エンタメ小説『アラン先生と不幸な8人』は、日本中から集められた不幸な高校生が、『幸福論』の著者・アランの化身である亜蘭幸男(あらん...
イケメンの先生がいる。それだけで学校に行くのが楽しかったのは昔の話。なぜか、先生がカッコイイというだけで、その教科の成績がよくなったな〜。今回、紹介するR...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
「アダストリア」が渋谷区公認のお土産としてTシャツとトートバッグを制作。グッズに使用するイラストには、今年7月末にオープンしたばかりの話題のスポット「ミヤ...