仕事や将来の相談を両親にしてはいけない理由

将来についての悩みや不安を誰かに相談したいとき、脳裏に浮かぶ人たちの中に両親の顔があることでしょう。でも、子どもの幸せを誰よりも考えているはずの彼らのアドバイスが、必ずしも的確である保証はありませんよね。

そこを指摘するのが、「The School of Life」のこの動画。就職先を選ぶ際にどのように親のアドバイスと向き合うべきか、こんな考え方もあるんですね。

家族の“視野”に
縛られてはいけない

Image by The School of Life

およそ200年前まで、私たちはほとんど職業を選択する余地はなく、働くために勉強をしてきました。しかし、現代において私たちはいくつもの複雑な学問を学び、それ以降の進路は自身の選択に任されています。

Image by The School of Life
Image by The School of Life

私たちの親は、表面的には子供の職業選択に関心を持たないと言います。我が子が幸せになってくれればそれでいいと考えるからです。

しかし、実際にはこの言葉の通りにいきません。そこには家族の職業に対する「台本」のようなものが存在し、特定の職業や職場に対して難色を示されることがあります。

その台本は両親が今まで働いてきた経験の上になりたつものであり、彼らが把握している以上のことは書かれていません。

Image by The School of Life

だからこそ、両親は自分たちが知らないフィールドの仕事に子供が就こうとすると嫌がります。ある仕事を劣っていると見なすような発言をすることもあるかもしれません。

Image by The School of Life
Image by The School of Life

世の中がどんなに男女平等を歌っても、家族が「男性らしく」あるいは「女性らしく」といった面を強調してくる場合もあります。

Image by The School of Life

もちろん両親は子供の成功を願うからこそ、それらのアドバイスをしますが、その助言は私たちの可能性を脅かすものに他なりません。

たとえ自分自身が成功したと感じても、両親から見れば失敗であると判断されることもあるでしょう。両親は愛ゆえに私たちの可能性を否定し、挫折のない人生を歩ませようとします。

Image by The School of Life

そして私たちは両親の愛を理解し、彼らに見放されたくないと思うがゆえに、自分たちの可能性を捨てる判断をしてしまいます。愛情は暴力や法律のように私たちを支配することができるものなのです。

Image by The School of Life

しかし、親が子を否定することはままあることです。私たちはそれによって家族の崩壊を恐れますが、家族はお互いを許すことや変化に適応することにとても優れています。

Image by The School of Life
Image by The School of Life

もちろん、すべての家庭がそうであるとは限りません。しかし恐れているほど家族の絆は脆いものではありません。両親を愛する気持ちは大切ですが、将来に対する彼らの言葉があまりにプレッシャーとなるようなら、その「台本」を一度脇に置いておくべきでしょう。

Licensed material used with permission by The School of Life