「聞き上手」が必ず聞いてくる、たったひとつの質問

ものごとを相手に「きちんと伝える」ことと同じように、「きちんと聞く」こともまたスキル。自分に新しい視点や考え方が生まれる、聞き上手になるための方法を「The School of Life」の動画が紹介しています。

人の話を聞くことで
新しい自分に出会える

3d15a5e9f1f4b92bf48541e81fc026a7585cda1d

私たちは会話をするとき、つい自分のことを話したがります。なぜなら、人間は自分の声を聞くこと、何より誰かに自分のことを聞いてもらうことに喜びを感じるから。

この喜びは、一体どこから来るのでしょう。

それは自分のことを口に出すことによって、自分自身をより深く理解できるという点にあります。自分の望みや感情を話しながら整理し、自己を明確化する。このことに、私たちは深い喜びを覚える生きもの。

0dc5b1f8cf19b81428ec326022091f392344b290

このように、話すことで自分を理解できることは明白ですが、それだけが自己を知る方法ではありません。私たちは他人の話を聞くことで、その中に自分を見つけ、今まで気付いていなかった自分自身に気付くことがあります。

文学がその良い例でしょう。トルストイやプルースト、ヴァージニア・ウルフなど、私たちが人の書いた小説を読むことに喜びを見出すのは、物語の中に自分自身を見つけるからです。

プルーストは、このような言葉を残しました。

小説を読むことで、人生はより深いものとなる。小説家が用意してくれた眼鏡をかけて世界を見ることで、今まで気付かなかったことに気付けるからだ

46451ec3b3f2a9b3090f346890aa5a9d3638defc

けれど、自分の周りにいる人がみんな小説家のようにうまく話せるわけではありません。小説家の話がおもしろい理由は、彼らがそれを自分ひとりのものとしてではなく、誰にでも当てはまるような普遍性をもって話を組み立てるからです。

だからこそ、それは小説家の話ではなく「私の話」として、聞く人の耳に入ってくるわけで。

850da00200391c8abaf9f9c850655a38c9a3b508

誰もがこの普遍性をもった経験をしているのですが、いざ話をする段階になると自分自身のパーソナルな情報を説明し始めるため、会話がつまらなくなってしまいます。

さらに、その時の感情を説明しようとするあまりに、それは主張に近いものになって聞く人を疲れさせてしまう。また、自分の話はおもしろくないのではないかという不安から、より混乱した話し方になってしまうことも。

良い聞き手は
「編集者」の役割を果たす

5da29b11e559de269331152a02826fbdb0ba23a1

そんな人々からおもしろい話を聞き出そうとするには、聞き手が良い編集者のような役割を担う必要があります。アメリカのライターRaymond Carver氏と、その担当編集者だったGordon Lish氏の関係を例に挙げてみましょう。

まずGordon Lish氏は、Raymond Carver氏に対して、彼の話がいかに面白いか熱弁し、Carver氏に大きな自信を与えました。例えばCarver氏がアメリカの農村部について話すと、Lish氏は「その経験をアメリカにとどめず、ドイツでも韓国でも同じような生活をする農民がいることを伝えよう」と言い、より普遍的になるよう提案。

また話が脱線しないよう、物語の中心のテーマを常に意識し、Carver氏の話を誘導したそうです。

D7347948621aa295c124362194ed2dc794457e44

私たちが聞き手としてしなければならないことは、このLish氏の行動と同じ。話が脱線しないように誘導しながら、話の最後にはこんな言葉を投げてみてください。

「そのとき、どう思った?」

そのひと言が、その話のもっとも生き生きした、普遍的な部分をすくい上げてくれるはずです。そして、今まで気付かなかった自分自身の新しい側面をあなたに見せてくれるかもしれません。

Licensed material used with permission by The School of Life
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
人の関係はずっと同じとはいかないもの。長く一緒にいれば、どんなに仲の良いカップルだって、うまくいかない時期がやってきてしまいます。「The School ...
将来についての悩みや不安を誰かに相談したいとき、脳裏に浮かぶ人たちの中に両親の顔が思い浮かぶことでしょう。でも、子どもの幸せを誰よりも考えているはずの彼ら...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
キリスト教の「七つの大罪」をご存じでしょうか。傲慢、嫉妬、憤怒、暴食、色欲、怠惰、貪欲。これら七つの欲望や感情を表していて、これを押さえ込むことができない...
親の育て方のせいで十分に成長できなかったと思う人に、ひとつ良い方法があります。それは、自分自身があなたの親になること。その方法を「The School o...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...
楽しいこともあれば、誰もが苦しんだ時期もあろう青春時代。「The School of Life」によると、その苦しみは、その後の人生である重要なことにつな...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
長い人生の中で、私たちは膨大な量の知識を手に入れます。ただ残念ながら、人間は忘れっぽい生き物です。本当の知識を身につけるためには「繰り返すこと」が大切だと...
毎日のように繰り返すドジな自分を、恥ずかしく思ったり、情けなく思ったりする人にオススメする「The School of Life」の動画。おっちょこちょい...
過去や将来についてや今の気持ちなど。自分自身のことについて考え出したらキリがありません。それに、「自分のこと」を深く考えるのは、時には“心の痛み”にもなる...
コミュニケーションでは、目に見てわかる感情と本人が実際に感じている感情が違う時、相手に思いを伝えられずに話がこじれたりすることがある。そんな時、エモーショ...
人気サイト「The School of Life」の動画は、幸せになるために欠かせない「決断能力」を高めるのに必要になる、5つの考え方を紹介しています。あ...
僕たちは「人の価値がお金で決められる社会」を生きている、とThe School of Lifeの動画は説明します。年収と社会貢献度の関わりが、人の価値にど...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
ミッションと野望は違う。ミッションとは、世のためになる事。そして、誰にでも見つけることができるもの。「The School of Life」は、あなただけ...
生きる目的や意味を探し続ける、人生なんてそんなものなのかもしれません。ふとした瞬間に思う「生きる意味」。それを歴史に基づいて分かりやすく説明したコンテンツ...
悲しみは誰もが上手く処理できる感情ではありません。私達は、自分の中に溜め込み、傷つき、表面では平気な振りをしてしまいます。しかし、それよりも確実に良い方法...
相手から何か気に障ることを言われてイラッとした時、つい態度に出てしまっている人は要注意。出したところで、結局雰囲気は良くなるわけじゃない。であれば、落ち着...
大好きだったり、ちょっと複雑だったり、一緒に住んでいたり、今は離れて暮らしていたり、お父さんへの想いはきっと人それぞれでしょう。「The School o...
いつ誰にも邪魔されないで、自分と向き合った時間を過ごしたのかを考えてみてください。もし、思い浮かべられなかったら、依存症の可能性があるかもしれません。