腹八分を超えて食べ過ぎてしまう「ホントの理由」。

「腹八分」という言葉がありますが、どうして人はこれを超えて食べ過ぎてしまうのでしょうか?本当の意味での“飢え”とはなんなのか。「The School of Life」の動画から探っていきましょう。

食生活を変えるだけでなく、根本的な問題を解決する必要がありそうですよ。

私たちが本当に
必要としているものとは

4f8eb67ba506eca977b636fd8811e4bd16e1c7e2

私たちは欲しいものを何でもスーパーマーケットで買えるように思っています。レストランに行けば美味しくて満足できる料理を提供してもらえるでしょう。しかし、そこに本当の「満足」はあるのでしょうか。

確かに、高級なロブスター・テルミドールに心が躍ったり、ピレネー山脈の小さな農場から調達されたオリーブオイルで地元の野菜を味わったりすることはできます。

57fba2d412e497348c9e37ce492673838183ea1d

しかし、実際に私たちが選びたいメニューは他にあります。たとえば…
「父親とのストレスのない会話~お互いの許しのマリネ~」
「柔らかな母性愛(批判のない食事を求める人に適しています)」
「気の知れた仲間との、ちょっぴりビターな愛のある冗談」
「哀れな逸話で彩られた新鮮な会話(2人分)」
「セクシーな味わいの付け合わせ(ソムリエはフルボディのシャトー・ファンタジーもおすすめします)」

そしてデザートに「蜂蜜の洞察力の大きなスクープ」、または「理解の涙が溢れる思いやりの瞬間」。言い換えれば、私たちが必要としているのは食べものではないのです。

0c01025a066aceda4471edc403d5df0e1c955067

一般的なレストランのメニューは、私たちのほんの限られた一部分の欲求、つまり「食欲」しか満たしてくれません。けれど、私たちが本当に欲しいものは、ピザでもスペインチーズでもアルゼンチンステーキでもありません。食べものは私たちの話を聴いてくれはしないからです。

私たちに必要なのは、自分の最も暗い部分を告白でき、それを許してくれる「友達」。心が危機に陥ったときにその存在は大いに役立ち、私たちが最悪の状況に耐えられるだけの安心感を与えてくれます。家族の中で孤立する寂しさと怒りを抱えた私たちの心はいつも、救いと慈悲深い誠実さを求めて叫んでいます。また、仕事で自分の才能を見出し、成功に導いてくれる人の存在を必要としてもいるのですから。

1b53e2e81fb797de22f72b41928e2f7aca9960b7

ポテトチップスを食べながら、本当はこれでは問題が解決しないことをわかっているはず。でも、どうすれば解決するかわからないし、一時的な満足感を得られるので食べるのをやめられません。

私たちが食べ過ぎてしまうのは、自分の心を守ろうとするあまりに自分自身の体を粗末にしてしまうからです。この問題の持つ悲しみは、際限ない食欲などではありません。私たちの心に栄養を与える、感情的、心理的なものを得ることがあまりに難しいという点なのです。

ダイエット業界は、私たちの不幸の兆しを見せつけているだけで、この根本的問題を解決するに至っていません。彼らが提供する方法は一時的で脆弱なものであり、永遠に堂々巡りが続いていくことでしょう。

8f0906b754217202f069840729ccdbc700c863ba

数百年前、ほとんどの人が食べることに喜びを見出すことは不可能でした。それ以降、たくさんの人々の工夫によって、食卓は豊かなものへと変わっていき、美味しいものを食べることができるようになりました。それは当初の期待を遥かに超えて成功したのです。

しかし、私たちが日々消費しているその他のもの、すなわち、理解や優しさ、許しや和解、信頼は、手に入れることがまだまだ難しい状態です。

それでも、私たちは食べものに手を伸ばし続けます。本当に欲しいものに手が届かないことは分かっていながら。

Licensed material used with permission by The School of Life
まるでカラフルな怪物のような、貝殻のような、臓器のような、じつに愉快なカタチ。食べ過ぎ防止には、こいつをお皿にポンと置くだけ?!
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
「The School of Life」が紹介しているのは、いつまでもシングルでいることのメリット。あなたは「愛」について真剣に考えているからこそ、1人を...
完璧を求める人はあなたの周りにもきっといるはず。その考えを押し付けられると…。話は変わってくるかもしれません。The School of Lifeの動画は...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
奈良県の「奈良漬け」は、白瓜やきゅうり、生姜などの野菜を酒粕で漬け込んだ漬物のこと。その歴史は西暦700年代、奈良に都があった平城京の時代にまで遡ります。...
生きる目的や意味を探し続ける、人生なんてそんなものなのかもしれません。ふとした瞬間に思う「生きる意味」。それを歴史に基づいて分かりやすく説明したコンテンツ...
親の育て方のせいで十分に成長できなかったと思う人に、ひとつ良い方法があります。それは、自分自身があなたの親になること。その方法を「The School o...
髪の毛がばっちり決まった日はハッピーだけど、寝癖が直らなかった日はなんだか憂うつ。私たちは毎日、ヘアスタイルのことを気にしながら生きています。どうしてこん...
長い人生の中で、私たちは膨大な量の知識を手に入れます。ただ残念ながら、人間は忘れっぽい生き物です。本当の知識を身につけるためには「繰り返すこと」が大切だと...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
片思いをしていると、相手に幻想を抱いてしまいがちです。よく知らない人に恋をして「なんて素晴らしい人なんだろう。付き合えば幸せになれるに違いない」なんて期待...
人気サイト「The School of Life」の動画は、幸せになるために欠かせない「決断能力」を高めるのに必要になる、5つの考え方を紹介しています。あ...
僕たちは「人の価値がお金で決められる社会」を生きている、とThe School of Lifeの動画は説明します。年収と社会貢献度の関わりが、人の価値にど...
「The School of Life」の動画では、どうやって相手の性格を変えるべきか、ということを紹介しています。これを応用すれば、彼氏・彼女のイヤな部...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
毎日のように繰り返すドジな自分を、恥ずかしく思ったり、情けなく思ったりする人にオススメする「The School of Life」の動画。おっちょこちょい...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...
愛は深い。それは約2800年前に古代ギリシャ人が生きていた時代から同じだった。愛をより理解するには、彼らの考えを学ぶのがいい。エロス、フィリア、アガペーは...
人生をより豊かに生きていくうえでの知恵を提供してくれる「The School of Life」。同動画メディアが今回解説するのは、誰かに対してイライラした...