パパパ…パスタの中に、未確認生物発見!!

さて、ここで質問です。

下にある2つの画像を比べてみてください。
2つ目の写真では、なにが起きたと思う?

60028079581429766024469894135808

真ん中に置かれた得体の知れぬ緑の物体が消えた、なんていうのが、いわば普通の返し。

でも、2枚目の写真だけを見ると、どうでしょう。「誰かが少しつまみ食いしたんだな」と反射的に思いませんか?

6041214629445632

オランダ発Marije Vogelzangさんのリサーチ兼開発的プロジェクト「Volumes」によると、人の脳は食べたものを視覚的に記録するようにできているそう。これは、コーネル大学のフード心理学者であるBrian Wansinkさんも証明済み。

たとえば、落花生を食べているとき。ひとりは剥くたびに皮をゴミ箱へ。もうひとりは剥いた皮をテーブルに置きっ放しにするとしましょう。このふたりのうち、落花生を多く食べてしまうのは、前者。なぜなら、皮をゴミ箱に捨ててしまうことで「どれだけ食べたか」が視覚的に確認できなくなってしまうから「まだ食べられる」と思っちゃうそうな。

そこで生まれた、不思議な格好を装うこいつら。【置いて、どかすだけ】で、実際よりも食べている錯覚に陥るマジックアイテムです!

4695038466457600

まるでカラフルな怪物のような、貝殻のような、臓器のような、じつに愉快なカタチ。食べ過ぎ防止には、こいつをお皿にポンと置くだけ。たとえばこんな感じ。

53994284038225926599086857781248

突き出るところにフードを差し込むのもアリ。「食べ物で遊んじゃイケマセン」なんてしつけられてきたけど、これはむしろ遊び心を持って飾ってあげるのが正解。

5774549371060224

モッツァレラに似せる、錯覚マジック。

5478264676024320

そのフェイク・モッツァレラをどかすと、私たちは直感的に「その分食べた」という錯覚に陥り、食べ過ぎがあっという間に防止できちゃうんだそう。

5993084152184832

ジョニー・デップがかけている「青色のメガネ」は、食べ過ぎ防止につながる…なんてニュースを小耳に挟みましたが(食べ物が青く見えると、食欲が失せるとか)、私が食卓で青色のメガネなんてかけたもんなら「なにを調子に乗っているんだ」と絶対にからかわれる(トホホ)。そんなところに降臨したこれ。ありがたいような、そうでもないような。

実は残念なことに、ハンブルク美術工芸博物館のみの出展。自宅にある置きものをお皿に上に乗っけてみるのもアリかも?

Licensed material used with permission by Marije Vogelzang
ダイエット中の残念なチョイスを避けるテクニックを、手島奈緒さん著『外食女子のための太らない選択』(サンクチュアリ出版)でチェック。外食時に役立つ知識が盛り...
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
じつはこれ、半分の食べ物が鏡に反射して、ユーザーには倍量に映るというトリック。たったこれだけなんです。それでも、倍の量食べているような錯覚でお腹がいっぱい...
「腹八分」という言葉がありますが、どうして人はこれを超えて食べ過ぎてしまうのでしょうか?本当の意味での“飢え”とはなんなのか。「The School of...
まだ見ぬ未知の生物がうじゃうじゃいる深海で、一輪の花を咲かす奇妙な生き物「ビーナスフライトラップアネモネ」がアメリカ領サモアで発見された。“Flytrap...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
ダイエットは辛い。何が辛いって、もし我慢できずに美味しいものを食べたところで、罰則を受けるわけでも、他人から怒られるわけでもない。つまり、完全に自分との戦...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
茂木さんの著書『脳を使った休息術』(総合法令出版)は、そのタイトル通り、「いかに脳を休ませるか」について書かれた本。こちらは、今までとは少し趣向が違うこと...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
人間の目は、世界をそのまま見ているわけではありません。目から入ってきた光の刺激は視神経を通り、脳に伝達され、はじめて何らかの像を認識します。つまり「脳の認...
世界的ブームのグリーンティから派生して、いまじゃMatcha(抹茶)が当然のようにメニューにも登場。「これは低カロリーでしょ…」、となんとなくのイメージで...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
この記事をみているあなたは、世界一可愛いタコ(!)の目撃者になるかもしれません。ふわふわと泳ぐその姿は、まるでおとぎ話の中から飛び出してきたよう。こちらは...
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。だけどこのパスタ、ハーブとレモンでさっぱり仕上げているから、クリームベースなのに軽めな口あたりで、ペ...