この食器は「食べ過ぎを防止する」だけじゃない。

食べても食べてもお腹がすく。少しの量でお腹いっぱいになったらいいのに…って考えたことがある人に朗報です。

無理せず自然に「食べる量」を減らすようデザインされた、こちらの食器。騙すのは胃袋ではなく、視覚。

見た目で変わる食の満足度

「食事の満足度は、見た目によって左右される」

これは東京大学のある研究チームが、夕食時の人間の行動を分析して得た結果なんだとか。このロジックを元にデザインされたのが表題の食器。遊び心を呼び覚ますワークショップに定評のある「Studio PlayFool」による、ユニークな見た目。半分の量でも空腹が満たされるとしたら…喉から手が出るほど使ってみたい!という人も多いはず。

にしても、どうして半分の量で満足できてしまうのでしょう。

じつはこれ、半分の食べ物が鏡に反射して、ユーザーには倍量に映るというトリック。たったこれだけなんです。それでも、倍の量食べているような錯覚でお腹がいっぱいになるという仕掛け。

「いつも通り」と錯覚させる食器

例えば、朝ごはんならこんなイメージ。

半分がミラーになっていて、奥行きがあるように見えます。それをすくうスプーンにも同じ仕掛けが。

こちらはカップもお皿も半分。でも、映る量はちゃんと一人分。

ディナーだってご覧の通り。確かにお肉が厚く見えます。もちろん、フォークとナイフも同じ設計。

アイデアの背景にある
骨太な「食」への意識

ところで、これが単なるダイエット目的で開発されたものだとしたら、いかにもな話ですよね。しかし、プロダクトチームの真意はそこではありませんでした。

背景にあるのは食料問題。もちろん健康のために食べるのは、必要不可欠なこと。それでも、食べ過ぎてしまうことで引き起こる問題は少なくありません。

肥満による健康被害、食べきれず残してしまい廃棄してしまうことも。

それだけではありません。人口増加、環境問題、自然災害など様々な問題で引き起こる「食糧不足」も懸念されていますよね。

この食器はこうした社会が抱える問題に、クリエイティブの力で解決を計ろうとデザインされたものでした。

限られた量しか食べられない日は、突然きてしまうかもしれません。今はまだ想像出来ないけれど、そんな日がきてしまったとき、この食器が救世主となってくれるのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Daniel Coppen, Saki Maruyama
パリのデザインスタジオ、「Studio Dessuant Bone」が手がけるこちらの食器、一見「何かの冗談では?」と思ってしまいますよね。
ガラスファイバーと樹脂を掛け合わせた、割れない食器「ARAS」。生涯破損保証付き。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「佇まいが素敵な食器」を3つ紹介。トルティーヤチップスとサ...
まるでカラフルな怪物のような、貝殻のような、臓器のような、じつに愉快なカタチ。食べ過ぎ防止には、こいつをお皿にポンと置くだけ?!
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...
質問:「あなたは毎日どこで食事をしていますか?」この質問から始める理由は、あなたの答えがこのイケアの食器の必要性を左右するから。すでにロングセラーだった「...
いまや、食器洗浄機を使うことなんて当たり前。でも、ちょっと体力が残っているときは、手間を承知で「手洗い」するのもイイかもしれない。なぜなら、「Little...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
食器って、硬いものだと思っていた。
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
エティハド航空とパナソニック アビオニクスが手を組んで、時差ボケ防止アプリを開発すると発表しました。
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
こんにちは。アメリカ・テキサス州に住んでいるMegumiです。今回はちょっと変わった食器用洗剤を買ったお話をさせてください。
底が丸みを帯びているから、まさにロッキングチェアのようにテーブル上でゆらゆら。一見すぐに倒れてしまいそうなこのデザインこそが、転倒を防止してくれています。
暑くても、ウイルスや感染症の予防にマスクが欠かせない今、さわやかな着け心地と蒸れや不快感を感じない冷感マスクが登場。洗濯も可能で何度も使用できる。
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
これは、ヒトハダにいちばん近い食器。
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...