この食器は「食べ過ぎを防止する」だけじゃない。

食べても食べてもお腹がすく。少しの量でお腹いっぱいになったらいいのに…って考えたことがある人に朗報です。

無理せず自然に「食べる量」を減らすようデザインされた、こちらの食器。騙すのは胃袋ではなく、視覚。

見た目で変わる食の満足度

「食事の満足度は、見た目によって左右される」

これは東京大学のある研究チームが、夕食時の人間の行動を分析して得た結果なんだとか。このロジックを元にデザインされたのが表題の食器。遊び心を呼び覚ますワークショップに定評のある「Studio PlayFool」による、ユニークな見た目。半分の量でも空腹が満たされるとしたら…喉から手が出るほど使ってみたい!という人も多いはず。

にしても、どうして半分の量で満足できてしまうのでしょう。

じつはこれ、半分の食べ物が鏡に反射して、ユーザーには倍量に映るというトリック。たったこれだけなんです。それでも、倍の量食べているような錯覚でお腹がいっぱいになるという仕掛け。

「いつも通り」と錯覚させる食器

例えば、朝ごはんならこんなイメージ。

C8f0ca752e568f02335f7c18f69f3ea5d70fec40

半分がミラーになっていて、奥行きがあるように見えます。それをすくうスプーンにも同じ仕掛けが。

57fe98d5aaa5b7753d69ba2204506e83802143a4

こちらはカップもお皿も半分。でも、映る量はちゃんと一人分。

81a591c85cfba88d828de6f9b91ac162081c5c24

ディナーだってご覧の通り。確かにお肉が厚く見えます。もちろん、フォークとナイフも同じ設計。

アイデアの背景にある
骨太な「食」への意識

ところで、これが単なるダイエット目的で開発されたものだとしたら、いかにもな話ですよね。しかし、プロダクトチームの真意はそこではありませんでした。

背景にあるのは食料問題。もちろん健康のために食べるのは、必要不可欠なこと。それでも、食べ過ぎてしまうことで引き起こる問題は少なくありません。

肥満による健康被害、食べきれず残してしまい廃棄してしまうことも。

それだけではありません。人口増加、環境問題、自然災害など様々な問題で引き起こる「食糧不足」も懸念されていますよね。

この食器はこうした社会が抱える問題に、クリエイティブの力で解決を計ろうとデザインされたものでした。

限られた量しか食べられない日は、突然きてしまうかもしれません。今はまだ想像出来ないけれど、そんな日がきてしまったとき、この食器が救世主となってくれるのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Daniel Coppen, Saki Maruyama
パリのデザインスタジオ、「Studio Dessuant Bone」が手がけるこちらの食器、一見「何かの冗談では?」と思ってしまいますよね。
まるでカラフルな怪物のような、貝殻のような、臓器のような、じつに愉快なカタチ。食べ過ぎ防止には、こいつをお皿にポンと置くだけ?!
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
質問:「あなたは毎日どこで食事をしていますか?」この質問から始める理由は、あなたの答えがこのイケアの食器の必要性を左右するから。すでにロングセラーだった「...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
いまや、食器洗浄機を使うことなんて当たり前。でも、ちょっと体力が残っているときは、手間を承知で「手洗い」するのもイイかもしれない。なぜなら、「Little...
食器って、硬いものだと思っていた。
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
底が丸みを帯びているから、まさにロッキングチェアのようにテーブル上でゆらゆら。一見すぐに倒れてしまいそうなこのデザインこそが、転倒を防止してくれています。
これは、ヒトハダにいちばん近い食器。
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
食べ過ぎたりやりすぎると“致死量”に達してしまう可能性がある、身近な食べ物や行いを説明している動画を紹介。「そもそもこんなの現実的じゃない」と思うものから...
ワインを飲んだ後、頭が痛くなったことはありませんか?アルコールを摂りすぎたことも原因ですが、ワインに含まれる酸化防止剤が原因とも言われます。酸化防止剤とは...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」する...
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
ダイエットは辛い。何が辛いって、もし我慢できずに美味しいものを食べたところで、罰則を受けるわけでも、他人から怒られるわけでもない。つまり、完全に自分との戦...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
「腹八分」という言葉がありますが、どうして人はこれを超えて食べ過ぎてしまうのでしょうか?本当の意味での“飢え”とはなんなのか。「The School of...