こぼれそうでこぼれない「不安定グラス」

こ、こぼれるぅう!

5255388052062208

これを見たときの私の第一声はコレでした。
だって、いまにもピシャってこぼれそうで……。

飛び出た赤い液体が服にシミを残しそう、なんてこともすぐに考えちゃいました。しかも、そういうときに限って白い服を着ているんですよねえ(笑)

でも、ご安心を!
Normann Copenhagen社にて、デザイナーのBritt Bonnesenさんが手掛けたこちらのグラスは、そんな簡単には倒れません。

5971477513895936

このグラスの名前は「ロッキンググラス」。そう、おじいちゃんやおばあちゃんが腰かけて読書をしているような光景を連想する「ロッキングチェア」から、インスピレーションを受けたものです。

テーブルにピタっとくっつく普通のグラスとは異なり、底が丸みを帯びているから、まさにロッキングチェアのようにテーブル上でゆらゆら。一見すぐに倒れてしまいそうなこのデザインこそが、転倒を防止してくれています。

5446074835664896

Bonnesenさんがこのデザインにひらめいたきっかけは、あるとき鑑賞したプロペラ機に関する古い映画でした。本作品内で彼女が感銘を受けたのは、振動が激しいプロペラ機において、「こぼれないこと」が重要視された機内用食器のデザイン。このアイディアに惹かれたBonnesenさんは「こぼれないデザインをもう一度」という思いで、この「ロッキンググラス」を生み出したのだそう。

実際に当時の食器を使ったことはありませんが、「ロッキンググラス」を通して、当時のデザインに少しでも触れられると思うと、なんだか貴重な体験に思えてきます。このグラスには、プロペラ機全盛期の時代において大切にされていたデザインへの考え方が、少なからず包含されているのです。

51290165917777926009024789086208

グラスとしてだけでなく、小物入れとして使うのもいいですよね。デザートやおつまみを入れたり、花瓶として使ったり……。

実際にMoMAでは、このグラスを使ってデザート(上写真)を提供しているみたい。シンプルなデザインですが、丸みがキュートで絵になります。

さて、このロッキンググラス。「揺れるけど、倒れない」が特徴ではあるものの、調子に乗って力強く押せばさすがに倒れるので、ご注意あれ!

Licensed material used with permission by Normann Copenhagen
このグラスが、あなたに本音を語らせる。
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
アウトドアでもリビングでもいい。とにかく、ゆらゆらと週末の時間を楽しむのにピッタリな椅子だと思う。
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
「ロッキングチェア」といえば、おじいさんが座ってゆらゆらしていそうな木製のイス。そんなイメージが一般的でしょう。しかしここで紹介するものは、その印象を一瞬...
いったい、「誰がこれを必要とする?」といった根本的な議論はさておき、ロッキングチェアの特性をフルに活かして、ローテクながらじつに愛のあるプロダクトを開発し...
〈RayES(レイエス)〉のダブルウォールグラス。結露しにくくワークデスクの上でも、書類などが濡れる心配はありません。保温機能や外付けアクセサリーも充実し...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
宅飲みとかだとテーブルのスペースが限られているし、こんなグラスがあれば便利そう。まあ、普通に小さいグラスにそれぞれ注いだのでは駄目だったの……?って思って...
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...
デザインはジャスパー・モリソン、製作は松徳硝子という豪華な組み合わせによって生まれたグラスは、高級感のある佇まい。だけど、1個税込1,944円。とても控え...
ゲストを驚かせるにはもってこい。こんなふうに目の前に置かれたら「えっ!」と声が出ちゃいそう。なんで倒れないか不思議ですよね。クアンタムロッキングという複雑...
多くの人の「やるせなさ」あるいは「情念」がべっとりと染み付いたバリバリのディスプレイからつくったグラス
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
ちびちびとシャンパンを飲むのもいいけど、グイッといきたい。そんな時にオススメのアイテムがあります。シャンパンを一気に飲めるグラス登場!アメリカ国内で発売さ...
カクテルのレシピが覚えられない…?だったらグラスに描いちゃえばいいじゃない。そんな発想から生まれたのが、こちら。考案者は元弁護士のアリソン・トーマスさん。...
グラスを変えるとビールが変わる―。そんな想いのもと、約500年にわたって、こだわりのモノづくりを続けるドイツブランド『シュピゲラウ』。実はいま、同ブランド...
空っぽでも十分イケてるけれど、ビールを注げばより味が出る。実はいま、そんなグラスの注目度がグングン上がっているようなんです。ビールが夕空を演出し、風景がノ...
パリのデザインスタジオ、「Studio Dessuant Bone」が手がけるこちらの食器、一見「何かの冗談では?」と思ってしまいますよね。
ビール会社が、より美味しい一杯を求めるのは当然のこと。ただし、ここで紹介するプロジェクトは、かなり異質なものと言っていい。なぜなら、ビールそのものではなく...