お酒を注ぐより、デスク周りで使いたい「ガラスの猪口」

すっぽり手のひらに収まってしまう、5センチ四方のグラス。「正方猪口」という名前からも察するとおり、本来は日本酒を注いで用いる、あのお猪口をイメージして製作されたもの。

その独特の形状からか、むしろこういった使い方がしっくりきてしまいました。

グラスよりもしっくりくる
無骨なキューブの使いみち

5864654916026368
©2018 TABI LABO
5992746829479936
©2018 TABI LABO

たとえば、多肉植物やつる性の植物を植えてみたり。デスク周りのステーショナリーをまとめてみたり。リングやピアスなど細々したものを入れるトリンケットボックスにも良さそう。

一点の曇りなく透き通るガラス製品はもちろんキレイだけど、肉厚でどこか不恰好なこの見た目も、ソーダ水のようにプクプクとはじける気泡で、かすかに向こう側が透けて見えるこのキューブもなかなかです。それというのも、使われなくなった蛍光管をリサイクルしたガラスを用いているから。

しっくりくるサイズも、いい具合の“透け感”も、液体を注がないグラスの別の使いみちを示してくれているように思えるんですよね。
もしかしたら、猪口の生みの親(ガラス作家・森谷和輝さん)は、最初っからこうした用途まで見越して、このカタチに仕上げたのかもしれません。

ぽってりしたグラスの縁の口当たりも、慣れてしまえば悪くありません。もちろん、日本酒に限らず飲み物を注ぎ入れても様になります(本来はこちらが目的)。小ぶりのグラスという意味では、この手のサイズって、意外と見当たらないんですよね。

5914719151980544
©2018 TABI LABO

日の光に照らしてみると、ジリジリと音が聞こえてくるようだった夏の日差しが、その色合いを変え、だいぶ物静かになっていることに気付かされます。「涼しげ」を必要としなくなった今も、こうやって「温かさ」を与えてくれるのも森谷さんの作風。

ガラスの似合う季節まで棚の奥で出番を待つより、日々の生活のなかで場所を変え、用途を変えて、光の差す手元に置いておきたくなるはずです。

個展やクラフトフェアの情報は氏のInstagramから。

Reference: liir
Top image: © 2018 TABI LABO
薄さやサイズの違うコップ、ガラス玉を通して見る世界。いつも見慣れた食材が、こんなふうに見えてしまう。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
アメリカのアーティストであるKit Paulsonさんは、手作業によるガラス細工で繊細優美な作品を作って公開している。骨やレースといったものだけでなく、マ...
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
空っぽでも十分イケてるけれど、ビールを注げばより味が出る。実はいま、そんなグラスの注目度がグングン上がっているようなんです。ビールが夕空を演出し、風景がノ...
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
天気や湿度によって、ガラスの中の結晶が変化します。
光があたって透き通る、不思議な色模様入りの茶碗。なんでも、とてつもなく歴史のあるガラス技術が使われていて、耐熱素材を使っていないのに熱湯を注いでも大丈夫な...
ガラスの球体に宇宙を閉じ込めたペンダントトップを知っていますか?手のひらの小さな球体をじっと眺めているだけで、無限の広がりを感じさせる。これは、美しい!小...
「VISION GLASS」は、インドの老舗耐熱ガラスメーカー、BOROSIL社が製造するグラス。直火対応OKの耐熱性とミニマルなデザインがウリです。現在...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
人生のうちで一度はオーロラを生で見てみたい。そんな人も多いのではないでしょうか。でも「行くまでに過酷なんでしょ?」「ずっと外で待っててもオーロラが出なかっ...
この「江戸ガラス」は、ゼロからモノを生み出すことが好きな、山田孝之と山口友敬がプロデュースするブランド「FORIEDGE(フォリエッジ)」の第1弾。工場探...
食器って、硬いものだと思っていた。
オフィスのデスクに置くだけでその場が華やぐ、数々の魅力のある製品を生み出すプロダクトレーベル「ジャッカル」と話題のアイテムについてご紹介します。
海水温が上昇する夏のこの時期、夜の砂浜を歩いていると青白く光り輝いてみえることがあります。あれは海洋性プランクトンによる発光。その明かりを丸いガラス玉に閉...
ちょっとしたお散歩も、いつもとひと味違う風景に感じられるはず。
グラスを変えるとビールが変わる―。そんな想いのもと、約500年にわたって、こだわりのモノづくりを続けるドイツブランド『シュピゲラウ』。実はいま、同ブランド...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...