春を感じられる「ガラス盆栽」

「枯れない盆栽」と聞いて、あれこれ考えたあとに辿りつくのがプラスチックや彫刻でできたものだったりします。その他にも、ガラスで創られたものも挙がるでしょう。

世の中にはすでに数々の「ガラス盆栽」が登場しています。なかでも、Simone Crestaniさんによるソレは他と一線を画す美しい佇まい。吹きガラスという製法を用いられ、幹の部分が有機的に見えます。優美な雰囲気を醸す、技巧を凝らした作品。

ピンクに色づけされたものは、今の時期桜を想起させてくれます。季節感があり盆栽なのに……kawaii!

Reference: Atelier Crestani
Top image: © Atelier Crestani
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
街中の花壇や路地でスケボーの練習をしている若者を目にすることがあるのですが、先日、盆栽がスケボーに乗っているのを見かけました。しかもよく見ると、盆栽が入っ...
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「...
自然の風景の断片を切り抜き、鉢の中に閉じ込める盆栽。ハサミを手に、難しそうな顔つきで剪定する“年配者の趣味”くらいにしか思っていないかもしれませんが、近年...
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのは梅なんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。そん...
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
アメリカのアーティストであるKit Paulsonさんは、手作業によるガラス細工で繊細優美な作品を作って公開している。骨やレースといったものだけでなく、マ...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
「本当の春」までは、あともうすこし。
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
『Double Glass Heater(ダブルグラスヒーター)』にはヒーター機能を有したガラスが使われているそう。ガラス自体が熱を発して、下から取り込ま...
東京・南青山に期間限定(3月22日〜31日)でオープンする「SAKURA CHILL BAR」。佐賀県の日本酒や名産品のおつまみがウリのこのお店は、室内で...
薄さやサイズの違うコップ、ガラス玉を通して見る世界。いつも見慣れた食材が、こんなふうに見えてしまう。
ぽかぽか陽気の日の昼下がりには。