「大好きな季節」の中で、鮮やかに踊る女の子の写真

寒さが和らぎ、あたたかい日差しを感じる季節がやってくると誰だって嬉しいもの。道端に咲くたんぽぽや河原でツクシが育っている様子を見ると、様々なものが春の訪れを教えてくれるんだなって思うんです。

そんな植物たちみたいに春と一体になって踊る少女を撮影するのは、アメリカを拠点に活動するAndrei Mihai Cristianさん。キュートなバレリーナの姿は、芽を出した時のような力強さと、つぼみが花開いた時のような美しさがあります。

鮮やかな季節を
もっと輝かせるダンス

98c5c2635169fda5584589167f09f0a96d3de30aE1be9afa040b31f46f9afd532a873a35f58b4e026a2c0b3f940d7eb2ae66ee5791f57bc5cc28033339b4f826d697f14712cce2db307d402fc9fb499973d723ef7acf35a0a739a0dea107011e250a5e9707b716e74441bfbe01b03858c58a4c5b05f0111792ac7a541c3319203ee2a7c5ec114a3ca9150a48Bd380d7b54f9fd5e153957e4b9e9c4871dd961fe8e23798b3350fc291d9808c60f631a03168119456a571b544a6b2efb63ebb00afe278f3dd43d9876Db32d538c39b4822f3e489da26908647acde273611a0cc2913e6029651969801fb12eb79b63fea3d

Anca Berteanuさんという名前のバレリーナの少女。彼女と出会ったことで、Andreiさんは、大好きな季節をさらに色鮮やかで魅力的な姿にすることができたのです。

2人が作り出した新たな春は、生き生きとしていて輝かしいものとなりました。

Licensed material used with permission by DINMERS.RO
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
いろんな国のミレニアル世代の女の子たちの日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画「世界の女の子たち。」、今回はビーチ編です。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第6弾です。
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
Stephanieさんはシドニーで生まれた、現在16歳の女性。ヒジャブを被ったバレリーナとして知られている。
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
「自分のものは自分で買う」も、素敵だけれど。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第7弾です。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
髪のカールに黒い肌。黒人であるからこその持って生まれた個性や文化がある。それなのに、勝手な“美の基準”により、まだまだ差別視されているのも確かなこと。そこ...
そこに存在するのは、確かな違和感。でも、どこか神秘的で、写真から放たれるエネルギーに惹きつけられる──。以下の22枚は、あらゆる「生き物」を体全体で表現す...
だから、彼女たちは「可愛い」のか。