「ミニ盆栽」のススメ 仕事が手につかなくなるほどカワイイ

自然の風景の断片を切り抜き、鉢の中に閉じ込める盆栽。ハサミを手に、難しそうな顔つきで剪定する“年配者の趣味”くらいにしか思っていないかもしれませんが、近年「ミニ盆栽」がアツいんです。ポイントさえ抑えておけば、育て方も難しくない!

器の中に広がる大自然
インテリアにも、デスクの上にも

木

ファッション感覚でインテリアの一部として人気が高まりつつあるミニ盆栽。小さくても存在感はバッチリ。昔みたいな薄暗い盆栽鉢ではなく、真っ白くスタイルのいい鉢にちょこんと、グリーンが載った姿は、見ているだけでも心が癒やされていく気分。
大自然の姿をそのままスケールダウンした、コンパクトなミニ盆栽。だからオフィスのデスクに飾ったりするのにも最適です。

けれど、ミニとはいえそこは盆栽。きちんとお手入れをしてあげることで、長く楽しく、愛でることができます。それには、幾つかのルールを守ること。あとは、愛情と責任感です。

ミニ盆栽を作って育てよう

専門店へ行かずとも、インテリアショップでも手に入れることができるミニ盆栽。ホームセンターで苗木を買ってきて、お気に入りの鉢に植えるところから初めてみるのもいいかも。用意するものは、好きな鉢、肥料、土、苔、苗木、これだけ。

1.土と肥料を合わせ鉢の中に入れる
2.余分な苗木の根をカット
3.苗木を鉢に入れる
4.土の表面を苔で覆う
5.水をたっぷりかける

これで終了。店頭にはたくさんの苗木が並んでいますが、同じものは二つとありません。よーく見ながら、お気に入りの1つを見つけてみましょう。

観葉植物との違い。注意することって?

_75870307

屋外の自然環境で大地に根を張って育つ樹木、それをコンパクトに収めてしまうのですから、育てるのが大変そう。と思われるミニ盆栽。ですが、次の4つのポイントさえ気をつければ、難しいことはありません。

1.季節ごとに日の当たる時間をコントロール
2.急激な温度変化は避ける
3.水やりは表面の苔が乾いたら、たっぷりとあげる。葉先は霧吹きで
4.剪定は成長を見ながら

海外でも「BONSAI」ブーム!?

今日では、日本の伝統文化のひとつとして海外の人からも人気が高い「BONSAI」。なんと、フランスやイタリアではBONSAIの品評会が開催されており、その土地の樹木を盆栽にした、多様な鉢を愛でることができるそうですよ。盆栽の世界も一気にグローバル化が進んでいます。育てる人の個性が現れるミニ盆栽、きっとその魅力の虜になるはず。

近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「...
盆栽や苔玉など、ひと昔前では「古臭い」「敷居が高い」とされていた緑にポジティブな視線が注がれている昨今。すでに完成したものを購入するのではなく、自分たちで...
作品は、日本人アーティストの相羽高徳氏によるもの。海外では「Bonsai Tree House」とも呼ばれて話題になりました。盆栽模型とジオラマが組み合わ...
「Re:planter」の屋号で活動する京都在住の植栽家・村瀬貴昭氏。鉢ではなく、電球に植えられた盆栽。彼が使われなくなったテレビやPC基盤、電球に植物を...
セレクトショップでたまに目にする、ガラス製のプランター。とくに植物を植え込む用に作られたものは「テラリウム」なんて呼ばれています。使い方が分からずに、これ...
現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのは梅なんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。そん...
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。
入浴剤ソムリエの肩書を持つ、パラダイス山元さんがプロデュースした「蔓潤湯椿」。入浴剤なんてどれも同じ、と思っている人にこそ試してもらいたい逸品です。
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
グロい。グロ過ぎる。でも、精密に作り込まれてる分、かなりリアルに感じる。それにしても、悪趣味だと言わざるを得ない。で、ツッコミたくなる。「おい、どんな時に...
最近は栄養バランスが取れたドッグフードがたくさんあるけれど、米・テキサスに住むAshtonさんのママは、毎日愛犬のパピヨン「Tiny」のために、家族と同じ...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
ドキドキの連続で、日々気持ちが浮き沈みする恋愛。この「恋してる」「愛してる」を自分の趣味に当てはめたとき、恋と愛、両者の違いはどんなところにあると思います...
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
デンマークのレインウェアブランド〈RAINS(レインズ)〉の「Backpack O.S」は、見ての通りミニマルなバッグ。だけど、容量は14.3リットルと結...
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
「ミレニアルピンク」と呼ばれる、淡くて少しグレーがかった優しいピンク。ファッションから始まったトレンドが今、インテリアでも注目を集めています。心がはずむよ...
地表や岩の上ではいつくばるように成長する苔。深緑色の絨毯が広がる様は、古くから日本人の美意識の中にある苔のイメージですよね。ところが、北欧フィンランドの苔...